「慎導灼らしい物語になりました」劇場版『PSYCHO-PASS サイコパス 3』公開にむけて梶裕貴さんがコメント

ガルスタオンライン
公開日時

 人間の心理状態を数値化し管理する近未来社会を舞台に、正義を問われる警察機構を描くオリジナルSFアニメーション『PSYCHO-PASS サイコパス』
 シリーズ最新作『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』が2020年3月27日より2週間限定ロードショー、Amazon Prime Videoで日本・海外独占配信が開始となります。
 監視官である慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフを中心に、刑事課一係が追う「狐」による事件、ビフロストの謎、そして灼と炯の戦いが、ついに決着!

 この度、主人公・慎導灼を演じる梶裕貴さんより、オフィシャルコメントが到着しました!
 『PSYCHO-PASS サイコパス 3』のキャラクターや作品への印象、そしていよいよ公開となる『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』の見どころなどを語っています。

慎導灼役 梶裕貴さん オフィシャルコメント到着

「『PSYCHO-PASS サイコパス 3』の集大成となる、慎導灼らしい物語になりました」

――いよいよ『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』にて『PSYCHO-PASS サイコパス 3』の物語が完結します。まずは、2019年10月より放送されたTVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』の感想をお聞かせください。

 『PSYCHO-PASS サイコパス』は、シリーズごとに毎回、新しい描き方に挑戦してきた作品だなという印象があります。今回は放送時間が1時間という拡大枠で、その長さだからこそできるドラマがたっぷり描かれていました。通常の倍の尺があり、途方もない労力がかかる中で、アクションシーンも手を抜かず、格闘術に関しても徹底的に研究して作られている。
 (慎導)灼にはパルクールもありましたしね。〈メンタルトレース〉という新しい表現もあって、本当にいろいろな意味で挑戦していたシリーズでした。同時に、今回はある種、灼と炯(ミハエル・イグナトフ)のバディものとも言える側面もあって、“刑事ドラマ”としての印象も強いかもしれません。

――『PSYCHO-PASS サイコパス』は公安局刑事課に所属するエリートの「監視官」と犯罪者になりうる可能性を持つ潜在犯である「執行官」がチームを組んで犯罪者を追うストーリーです。梶さんが演じられた新任監視官(慎導)灼の印象をお聞かせください。

 灼は一貫して「人間の可能性を信じている人」だという印象がありました。「執行官は盾じゃない、人間だ」(第8話)というセリフもありましたし、近未来的な世界観でありながら、灼には人情や根性といった、良い意味での人間臭さを感じるんです。ただ、灼のプロフィールを見ると、なかなかとっつきにくいところがあるんですよね(笑)。序盤の執行官たちの態度にそれが顕著に表れているわけですが…最初は、周囲も灼に心を開かず、警戒していた一面もありました。でも次第に、自身の言動によって信頼を得ていく。エピソードが進むごとに、灼の気持ちが周りへと伝わって。最終的には、刑事課一係がしっかりとチームになっていくところが見られて、僕もとても嬉しかったです。

――バディパートナーの炯についてはどんな人物だと思いましたか。

 炯からは、灼とはまた違った形のプロフェッショナルさを感じています。妻の舞ちゃん(舞子・マイヤ・ストロンスカヤ)のことをすごく大事に思っていて…彼女が事件に巻き込まれて、少しブレてしまうところも含めて、人間として本当に魅力的で。第7話で、とあるすれ違いから彼らは衝突してしまいましたが……そう簡単に崩れしまう関係ではないと、僕は信じていました。

――今回の『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』では謎の組織〈ビフロスト〉のファーストインスペクター梓澤廣一との対決が描かれます。『FIRST INSPECTOR』の物語の印象はいかがでしたか?

 梓澤(廣一)はTVシリーズでは、とにかく謎に包まれた人物でしたが、ようやく『FIRST INSPECTOR』で彼のことが明らかになります。灼と梓澤、そしてこの世界を管理しているシビュラシステムという3つの考え方が交差する物語は、とても面白いなと思いましたね。シビュラシステムは、人々の精神状態を数値化することで管理する「完全」と思われている存在。それに対して、人間たちは不安定で予想もつかない行動に出る「不完全」な存在。本作で描かれる、両者の主張や関係性がとても印象的でした。

――TVシリーズで灼は、都知事に就任した小宮カリナと良い関係を築いていきます。彼女と灼の関係の行方もひとつの見どころですね。

 灼はカリナという存在自体に興味を持っているんでしょうね。彼女はシビュラシステムとは違う意味で「完璧な人間」に見えるので、そこに興味があったのだと思います。でも、最初に会話したときにどこか違和感があって…やがて、そこから見えてきたものは、やっぱり完璧じゃない部分。そういったところに魅力を感じたんだと思います。そして、騒動後あらためて話した上で、やはりこの人は先頭に立つべき人だと感じたのではないでしょうか。

――いよいよ『FIRST INSPECTOR』が公開を迎えます。この作品をどのように楽しんでほしいとお考えですか。

 TVシリーズをご覧になってくださっていた方々は、きっといろいろなことが気になって仕方ない…まさに"おあずけ"状態だったと思います(笑)。第8話の最後に事故に遭ってしまった六合塚(弥生)さんのことも気になりますしね……。そんな、これまで描かれてきた一連の事件の解決編として、満を持して『FIRST INSPECTOR』が公開されます。『PSYCHO-PASS サイコパス 3』らしい、灼らしい物語になると思いますので、是非このひとつの集大成をお楽しみください。

<梶裕貴・プロフィール>
 東京都出身、ヴィムス所属。声優として数々の作品に出演。代表作に『進撃の巨人』エレン・イェーガー役、『僕のヒーローアカデミア』轟焦凍役がある。






劇場版情報

『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』

2020年3月27日
2週間限定ロードショーAmazon Prime Video日本・海外 独占配信

【STORY】
2120年、東京。シビュラシステムによって管理された社会で、刑事課一係を率いて事件を解決してきた二人の監視官、慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフは、事件を捜査していく渦中

で真実と正義を巡り決裂してしまう。
それらの事件の裏で暗躍する梓澤廣一は、ついに刑事課そのものを標的に定め、公安局ビルを襲撃する。
かつてない窮地に立たされた公安局刑事課一係。灼と炯の信義を問う、最後の事件が起きる――

【STAFF】
監督:塩谷直義 シリーズ構成:冲方丁 脚本:深見真、冲方丁 キャラクター原案:天野明 
キャラクターデザイン:恩田尚之 色彩設計:鈴木麻希子 美術監督:草森秀一 
3Dディレクター:大矢和也、森本シグマ 撮影監督:村井沙樹子 撮影視覚効果:荒井栄児
編集:村上義典 音楽:菅野祐悟 音響監督:岩浪美和
オープニング・テーマ:Who-ya Extended「Synthetic Sympathy」(SMEレコーズ)
アニメーション制作:Production I.G 配給:東宝映像事業部

【CAST】
慎導灼:梶裕貴 炯・ミハイル・イグナトフ:中村悠一
雛河翔:櫻井孝宏 廿六木天馬:大塚明夫 入江一途:諏訪部順一 如月真緒:名塚佳織
唐之杜志恩:沢城みゆき 霜月美佳:佐倉綾音 ドミネーター:日髙のり子
法斑静火:宮野真守 代銀遙煕:中博史 小宮カリナ:日笠陽子 
ラウンドロビン:森川智之 梓澤廣一:堀内賢雄 小畑千夜:矢作紗友里
狡噛慎也:関智一 宜野座伸元:野島健児 須郷徹平:東地宏樹 六合塚弥生:伊藤静 
花城フレデリカ:本田貴子 常守朱:花澤香菜

対象劇場にて特典付前売券好評販売中!

 対象劇場にて、特典付前売り券(ムビチケ)が販売中!

価格:1,500円(ムビチケのみ)
※販売劇場は公式サイトをご確認ください。

【劇場購入特典】オリジナルクリアケース
※前売券(ムビチケ)1枚のご購入につき特典が1枚となります。
※特典は数量限定の為、無くなり次第配布終了となります。
※デザインはイメージの為、実物と異なる場合がございます。
※特典は非売品です。転売目的でのご購入はご遠慮下さい。

(C)サイコパス製作委員会