『ドラブラ』伊藤美来さんが“上杉絵梨衣”を演じるうえで軸となった台詞とは?

電撃オンライン
公開日時

 Tencent Gamesが、2020年春配信予定のiOS/Android用RPG『CODE:D-Blood(コード:ドラゴンブラッド)』で、上杉絵梨衣役の伊藤未来さんからコメントが到着しました。

上杉絵梨衣役・伊藤未来さんオフシャルコメント

 絵梨衣ちゃんの台詞で“私はこの世界が好きだけど、世界は私を気に入らないみたい”という台詞があります。

 その台詞がすごく彼女を表現している言葉で、悲しみを持った少女なんだというのが伝わる台詞だったので、この台詞を軸にキャラクターを作っていきました。

世界に愛されない少女“上杉絵梨衣”

 とても人見知りで無口な少女、“上杉絵梨衣(うえすぎ えりい)”。

 上杉家の当主だが、体質上外に出ることを許されていない。外の世界に憧れて何度も家出しているが、全て失敗に終わっている。そんな彼女の前に、ある少年が現れる。

 その他の魅力的な『ドラブラ』のキャラクターはこちらから。

豪華声優陣の直筆サイン色紙プレゼントキャンペーン

 現在公式Twitterでは、本作に出演する豪華声優陣の直筆サイン色紙が当たるRT企画が開催中です。

※画像は公式Twitterのものです。
©Sixjoy Hong Kong Limited
©FAMOUS HEART LIMITED