久保帯人さん最新作『バーン・ザ・ウィッチ』が劇場アニメ化

電撃オンライン
公開日時

 『BLEACH』の久保帯人さんの新作『BURN THE WITCH(バーン・ザ・ウィッチ)』が、2020年秋に劇場中編アニメーションとしてアニメ化することが発表されました。

久保帯人さんが描く『バーン・ザ・ウィッチ』とは

 『バーン・ザ・ウィッチ』は、累計1億2000万部突破している『BLEACH』の久保帯人さんによる新作です。若き2人の魔女の奮闘を描いた読切作品として、2018年WJ50周年記念号で掲載されました。

 そんな『バーン・ザ・ウィッチ』が、今夏から『週刊少年ジャンプ』にてシリーズ連載化が決定!

 舞台はロンドン、その表と裏の世界。久保帯人さんによって描かれる緻密に練り込まれた世界観、そして異形の存在であるドラゴンを相手に、2人の魔女が縦横無尽に躍動するファンタジーアクションです。

スタジオコロリドがバトルアクションを爽快にアニメ化!

 劇場中編アニメーション『バーン・ザ・ウィッチ』は、シリーズ連載化される新作をアニメ化したものになります。

 今注目のアニメ制作スタジオ“スタジオコロリド”がおくる、新進気鋭の若手スタッフ陣による新チーム“teamヤマヒツヂ/スタジオコロリド”が、バトルアクションを爽快にアニメ化します。

 監督は、2018年にteamヤマヒツヂを立ち上げた川野達朗さん。『PSYCHO-PASS サイコパス2』作画監督、『甲鉄城のカバネリ』にはアクション作画監督として参加している、業界が注目する新進気鋭のアニメーターです。

『バーン・ザ・ウィッチ』イントロダクション

 世界には表(フロント)があれば裏(リバース)がある。

 遥か昔からロンドンに於ける全死因の72%は、人々が見ることのできないドラゴンと呼ばれる“異形の存在”が関わっていた。

 しかし、人知れずそのドラゴンと相対する人々がいた。

 ドラゴンの存在を見ることができるのは、フロント・ロンドンの“裏側”に拡がるリバース・ロンドンの住人だけ。その中でも、選ばれし人々がウィッチ(魔女)/ウィザード(魔法使い)となり、ドラゴンと直接接触する資格を持つ。

 主人公は、自然ドラゴン保護管理期間“ウイング・バインド(通称WB)”の保護官である新橋のえるとニニー・スパンコールの魔女コンビ。

 彼女たちの使命は、ドラゴンに接触できない人々に代わり、ロンドンに生息するドラゴンたちを保護・管理することだった。

『バーン・ザ・ウィッチ』キャラクター紹介

ニニー・スパンコール(声優:田野アサミ)

 ウイング・バインド2等保護官笛吹き隊(パイパーズ)所属。後輩であるのえるからは“ニニーちゃん”と呼ばれているが、“ちゃん”付けされることに腹を立てている。

 金髪リボンスタイルで、喜怒哀楽がわかりやすく思ったことは態度に出す明朗快活な性格。

 ドラゴンを退治する戦術隊(サーベルズ)への異動を目指しており、実績や報酬への執着はのえる以上に強い。

 人気アイドルグループ“セシルは2度死ぬ(セシル・ダイ・トゥワイス)”のリーダーでもある。

新橋のえる(声優:山田唯菜)

 ウイング・バインド1等保護官笛吹き隊(パイパーズ)所属。先輩であるニニーからは“ニーハ”と呼ばれている。

 黒髪ロングヘアで喜怒哀楽を見せないクールな性格。理路整然と物事を捉え、つねに冷静な判断をくだす。

 ドラゴンを保護・管理する今の仕事を気に入っており、厄介事にはあまり関心がない。

 フロント・ロンドンではサウス・ブラクストン高校に通う2年生。先輩のバルゴ・パークスに好かれているが、まったく興味がない。

『バーン・ザ・ウィッチ』作品概要

メインスタッフ(敬称略)
監督:川野達朗
副監督:清水勇司
脚本:涼村千夏
キャラクターデザイン:山田奈月
ドラゴンデザイン:大倉啓右
背景美術:スタジオコロリド美術部
美術監督:稲葉邦彦
色彩設計:田中美穂
CGI監督:さいとうつかさ
撮影監督:東郷香澄
音楽:井内啓二
音響監督:三好慶一郎
アニメーション制作:teamヤマヒツヂ/スタジオコロリド

キャスト(敬称略)
ニニー・スパンコール:田野アサミ
新橋のえる:山田唯菜

©久保帯人/集英社・「BURN THE WITCH」製作委員会
©久保帯人/集英社