孔明の罠か。横山光輝『三国志』全巻…ではなく59巻まで無料

そみん
公開日時

 ebookJapanで、横山光輝氏のコミック『三国志』が期間限定で無料公開されています。

 うほっ。あの全60巻の名作を無料で楽しめるなんて、張飛ならずとも小躍りしてしまうというもの。

 ですが、そこには2つの孔明の罠が……。

孔明の罠1:3月31日まで残り時間が少ない

 キャンペーン自体は少し前から行われていましたが、筆者が気付いたのは終了ギリギリ。あと数日で60巻の大ボリュームを読み切れるかというと、読み切れるとは思いますが、かなりがんばらないと読破前に期間が終わってしまうのでご注意あれ。

孔明の罠2:無料で読めるのは59巻まで……1巻足りぬ!

 横山光輝『三国志』は全60巻ですが、無料で読めるには59巻まで。

 お気づきになりましたか? 最終巻は無料ではないのです。これは……59巻まで読んだら、あと1巻も読みたくなってしまうという巧妙な孔明の罠と言わざるを得ません。とてもつらい。

 でもまあ、59巻(秋風五丈原)といえば“死せる孔明 生ける仲達を走らす”で有名なエピソードまで読めますし、孔明を巡る物語としてはクライマックスと呼べるところまで描かれています。

 初見の方はもちろん、かつて愛読して、今は実家にしまってあるので気軽に読み返せない(オレです)みたいな人も、この機会に中原のロマンに胸を躍らせてはいかがでしょうか?

(C)光プロダクション/潮出版社