待望の新イベント開催。“諸葛亮チャレンジ”&“決戦! 呂布”の2大イベントに燃える!!【サンヒロ日記#6】

まさん
公開日時

 今回の『三国志ヒーローズ』プレイ日記は、3月27日から開催された2つの新イベントについての話です。

 正式サービスからしばらく経ちましたが、相変わらず歯ごたえのあるAIとの知略戦が楽しい本作。自分は対人戦よりもAIとのイベントのほうが好きなのですが、つい先日正式サービス後初の新イベントが2つ開催されました。

※記事内容は編集部調べのものとなります。事実と異なる点などは、分かり次第、訂正していきます。

こんな戦い方があったのかと気づけて楽しい“諸葛亮チャレンジ”

 まず、1つ目は気力消費なしで何度も挑める“諸葛亮チャレンジ”。これは、ステージごとに固定された部隊で諸葛亮に挑む特殊なイベントです。気力も消費しないので、いくらでも遊べてしまいます。

 自分が持っていないリーダー武将をお試しで使えるイベントにもなっており、自分はここの初級でやっと張角を使うことができました。滅茶苦茶クセがあるな、この人。でも使っててなんか楽しいぞ。

 初級の時点でも、部隊編制が詰将棋的でストレートに勝てないようになってますね。リーダー武将の計略をうまく使わないと勝ちにくい部隊になっているので、自分の部隊で戦うときよりも頭を使いました。というか、沸騰しそう。

  • ▲張角の計略は、発動できれば確実に縦の列の最前列を撃破できる優れもの。なんとか、諸葛亮を追い込んで……。


  • ▲計略で撃破! これはうまくハマると気持ちがいいかも。でも、自分で使いこなすのは難しそうです。

 私は超級のコンプリートができずに苦戦しているのですが、とりあえずは超級クリアが目安かと。

 ここで報酬の★4高順を手に入れてから、次の“決戦! 呂布”に挑むのが良さそう。なぜなら、★4高順は“決戦! 呂布”のボーナス武将だからです。とはいえ、なんか悔しいからヒーローズ級にも挑みたい! と日夜、頭を悩ませています。

 いや、もちろんヒーローズ級をクリアすれば、100万金をクリアしたプレイヤーで山分けできるのでヒーローズ級も狙ってますが、もう脳みそが沸騰して溶けちゃう~。とりあえず、★4高順狙いで……。

計略の“怒髪衝天咆”がヤバぎる“決戦! 呂布”

 そして、もう1つのイベントが“決戦! 呂布”。このイベントは最強AIバトルと呼ばれるもので、段階的に難易度が上がっていくAIと戦いながらポイントを獲得。貯まったポイントに応じた報酬がもらえるという内容です。

 敵のリーダー武将として出てくるのは、ストーリーモードでもおなじみの呂布。ポイントを30万貯めることができれば、呂布がもらえます。

 当然ながら、ストーリーモードよりもはるかに強いわけですが……。呂布は、計略の“怒髪衝天咆”がヤバぎるんですよね。

 1ターンの間、自分自身を盾将に変化させるうえに移動力も強化。消費士気は実質1。ようは毎ターン使えるので、正面からは切り崩せません。

 しかも、通常の移動能力も高い。軍師で縛らないと逃げ回ってどうしようもない。逆に言えば、呂布は自分で使っても強いということですよ。イベントで手に入らなくても後日仙玉7000で手に入るのは確定してますが、今すぐ欲しい!

 ギョエエエー! 勝てな~い!! というわけで、今のところは安定して勝てるAIレベル5、6の近辺でチマチマ様子を見ています。

 前回のイベントの感触としては、AIレベル9までならそこそこ安定しそうなのですが、AIレベル10だと勝てる自信がない……。

 いわゆるソシャゲのイベントと違って、常に自分の実力勝負になるので高難易度に挑むよりも安定してクリアできるところに挑むのもアリなんですよ。ここが悩みどころ。

  • ▲理想的には、常にこんな感じの追い込み方をして軍師でハメていきたい。軍師側に引き寄せられる貂蝉は、呂布に対して相性がいいかも。

 ただ、ボーナス武将がいないのでポイントは美味しくないんですよね……。う~ん、これは諸葛亮チャレンジを先に終わらせるか、ボーナス狙いで李典を召喚するべきか……。

  • ▲今回のボーナス武将はこの3人。

 
 よし! 思い切って李典を当てに行くぞ! 久々の召喚だ!!


 ……。わ~い。陶謙がいっぱいだ~。陶謙乱舞だ~。いけないいけない。ショックで意識を失ってしまってました。やはり、高順を入れて挑むためにも諸葛亮チャレンジをしっかりクリアしておくべきですね。というところで、今回はここまで!

(C)2020 コーエーテクモゲームス / HEROZ, Inc. All rights reserved.