『ポケモンGO』自宅でレイドバトルに参加できるよう検討中

電撃オンライン
公開日時

 Nianticが、『ポケモンGO』や『ハリー・ポッター:魔法同盟』、『Ingress』を屋内でもプレイできるように変更すると公式ブログで発表しました。

 今回の変更は、新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大していることを受け、すこしでも楽しさを提供できるようにと行われたものです。

 アプリごとの変更内容は以下の通りです。

『ポケモンGO』

いつでも冒険モードを改善

 自宅で掃除をしたり、ルームランナーを利用したときなど屋内での歩数も反映されるよう改善されました。

 この機能はすでに実装されており、屋内で運動を行うと、ゲームも進行します。

自宅にいながらレイドバトルに参加できるように

 実際に出会うことができなくても友達や家族とつながりを持ち続けられるように、ゲーム内のソーシャル機能が強化されます。

 自宅にいながらでも、他のプレイヤーとともにレイドバトルに参加できるような仕組みを検討中とのことです。

探索における変更点

 バーチャルにそのスポットに訪れ、友達や家族とその場所の思い出を共有できるような機能を考えているとのことです。

新たなPokemon GO Festを検討

 毎年、夏に開催されてきた大規模なリアルイベント“Pokemon GO Fest”について、あの盛り上がりを自宅に届けられるように、まったく新しいPokemon GO Festを検討しているとのことです。

『ハリー・ポッター:魔法同盟』

 プレイヤーがゲーム内でポーションを手に入れやすくなるよう、そしてファウンダブルを自宅からでも見つけやすくなるように変更されています。

『Ingress』

 複数のポータルに訪れる必要性を減らすため、バーンアウトまでの回数を増やすと共に、クールダウンの時間が短縮されました。

 また、L7、L8のレゾネーターを2つづつデプロイできるようにすると共に、ソジャーナーメダルを獲得するための条件に“リチャージ”が追加されました。

※画像は公式Twitterのものです。
※ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
(C)2019 Niantic, Inc. (C)2019 Pokémon. (C)1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.