アニメ『ひぐらしのなく頃に(第1期)』が4月から再放送

てけおん
公開日時
最終更新

 TVアニメ『ひぐらしのなく頃に』の第1期(1~13話)が2020年4月9日から放送開始となることが明らかになりました。

  • ▲こちらは第1期のキービジュアルです。

 『ひぐらしのなく頃に』は、原作・竜騎士07さん/07th Expansionによる作品です。3月21日に配信された生放送“KADOKAWAアニメチャンネル 春の特番ライブ&トーク!”の“ひぐらしのなく頃に”パートでは、2020年7月より新たなアニメが放送開始となることも発表されました。

 新プロジェクトでは、キャラクターデザインを渡辺明夫さん、プロデュースをインフィニット、アニメーション制作をパッショーネが担当します。

 この発表に合わせて、2020年7月開始となる新プロジェクトむけに作られた、新たなキャラクター設定画なども公開されています。

 また、キャラクター紹介も載せておきますので、これから初めて『ひぐらし』を見る人は予習しておいてはいかがでしょうか?

新たなキャラクター設定画

前原圭一(まえばら けいいち) 声優:保志総一朗

 本作の主人公。最近、都会から雛見沢に引っ越してきた。画家を生業とする父と母の3人暮らし。好奇心旺盛で熱血漢、都会の学校では成績優秀だったらしく、頭の回転は早い。口が非常に達者で、“口先の魔術師”の異名を持つ。

竜宮レナ(りゅうぐう れな) 声優:中原麻衣

 圭一の同級生。献身的な性格で、毎朝一緒に学校に通うなど、圭一とは一番の仲良しである。“かぁいい”ものに目がなく、見つけると手当たり次第自宅に“お持ち帰り”してしまう癖がある。“かぁいい”モードに入ったレナには一切の物理法則が通用せず、手に負えない。

北条沙都子(ほうじょう さとこ) 声優:かないみか

 圭一やレナの下級生。文法的に怪しいお嬢様口調でしゃべる。負けず嫌いで生意気な面もあるがまだ幼く、圭一や魅音にからかわれ泣いてしまうことも。雛見沢随一のトラップの名手であり、放課後の“部活”においてその才は縦横無尽に展開され、魅音すらも恐れるほどである。

古手梨花(ふるで りか) 声優:田村ゆかり

 古手神社の一人娘。同学年の沙都子と同じ家で生活をしている。毎年6月に行われる“綿流し祭”では巫女役を務めている。子猫のような愛くるしさで、周囲をいつも和ませるが、時に年齢に似合わぬ冷静さも見せる不思議な雰囲気の女の子。自分のことを“ボク”と呼び、“み~”、“にぱ~☆”などの口癖を持つ。

(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
(C)2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会