放置系RPG『魂器学院』の世界観と魅力を紹介。魅力的な美少女との交流もポイント

カワチ
公開日時

 ビリビリが4月16日に配信するiOS/Android用アプリ『魂器学院』の魅力を紹介します。

 『魂器学院』は、突然現れたウイルスによって暴走したAIに立ち向かう人類の戦いを描くストーリーが描かれます。起動中だけでなく、放置中も自動でキャラが戦闘を行い、経験値やアイテムを稼いでくれるのが特徴です。

 話題作の世界観を紹介するとともに、実際にプレイした感想をお届けしていきます。

新米指揮官として美少女とともにAIに対抗!

 プレイヤーはAIに対抗する美少女“学員”が通う“魂器学院”の新米指揮官となり、彼女たちとの絆を深めながら陰謀の陰に潜む黒幕を探し出すことになります。


▲人類はAIに対抗しうる新しい力“魂器”を作り出しました。
  • ▲魂器を所有することができる人類は、学員と呼ばれています。

 ゲームは、放っておいてもキャラクターが自動的に敵と戦ってくれる放置バトルとなっています。一定の敵を倒すことでボスに挑めるようになり、このボスを倒すことで次のステージに進んだり、ストーリーを進めたりができるように。

 ボス戦ではゲージが溜まっている時にボタンをタップすることで“ファイナルアタック”を発動可能。攻撃だけでなく回復のファイナルアタックを使えるユニットもいるので、編成が重要です。

 ゲームを起動していない間も戦闘は行われており、“武装モジュール”を強化するためのポイントを手に入れることができます。

 敵が強いと感じたら武装モジュールを強化して再挑戦することが可能。 

 また、本作にはバトル以外の要素があります。学院生活を楽しむことができ、寮の部屋に学員を配置することで彼女たちと交流できます。バトルとは違った学員たちの素顔を見ることができるのもポイントですね。

チマチマと進めていく楽しさを感じたプレイレポート!

 放置系ゲームということで、ガッツリ遊ぶ時間がなくても気軽に楽しめるのがうれしいです。ゲームを進めると“オート”が開放されて、見ているだけなので楽チンです。

 見ているだけと言ってもミニキャラがしっかり作り込まれているので飽きることはありません! 今回は開発中のバージョンでしたが、実際のバトル画面はリアルタイムのコメント“リアル弾幕”が流れ、画面は華やかです。

 敵と戦っていればレベルアップしてキャラクターは強化されますし、手に入れたポイントで武装モジュールを強化することも可能。チマチマと育成するのが好きな人にもオススメできるゲーム内容となっています。


  • ▲仲間を増やしたりアイテムを開発したりとさまざまな方法で戦力を強化できます。

 また、美少女ゲームとしての側面も強いのがポイント。AIに対抗する力を持った学員は、カワイらしい女の子ばかり。イラストが魅力的なことに加えて、Live2Dによってヌルヌルと動くのでついつい見てしまいます。

 さらに寮の管理では、内部をカスタマイズして自分好みの部屋に変えることもできます。女の子をタッチすることで反応を見ることもできるので、交流するのも楽しいです。気になる人は、ぜひ配信されたらプレイしてください!

© ビリビリ株式会社 All rights reserved.


魂器学院

  • メーカー:ビリビリ
  • 対応端末:iOS
  • ジャンル:RPG
  • 配信日:2020年4月16日
  • 価格:基本無料/アイテム課金

魂器学院

  • メーカー:ビリビリ
  • 対応端末:Android
  • ジャンル:RPG
  • 配信日:2020年4月16日
  • 価格:基本無料/アイテム課金