『Fallout 76』大規模アプデ・Wastelandersを遊んだ感想は?

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 ベセスダ・ソフトワークスより好評発売中の『Fallout 76』。本作は核戦争後のアメリカ・ウェストバージニアでサバイバル生活を送るオンラインRPGです。本作の大規模アップデート『Wastelanders』が4月14日に配信されました。このアップデートは、ソフトを持っている人なら全員が無料で受けることが可能です。

 今回は、待望のNPCや多数のクエストが追加された、『Wastelanders』のプレイレポートをお届けします。

プレイヤーたちが旅立って1年。ウェストバージニアに新たな人がやってきた!

 『Wastelanders』最大のポイントは、なんといってもNPCの追加です。本作の舞台であるウェストバージニアは、核戦争に加えてある出来事がきっかけとなって核シェルター“Vault76”に避難していたプレイヤーたち以外の人間はほとんどが死亡していました。『Wastelanders』の配信にあたり、世界はプレイヤーたちがVault76を旅立ってから1年後となり、外の世界からさまざまな人がやってきたのです。

 人間のNPCは集落だけではなく、フィールドを歩いていると発生するランダムイベントなどでも登場。敵と戦っていたり、プレイヤーと取引をする者がいたりと今のウェストバージニアはかなりにぎやかになりました。

 また、フィールドには、ならず者の集団“ブラッドイーグル”や、“モスマン教団”といった敵NPCのキャンプが追加。ドロップアイテムを狙って彼らと戦うことも可能です。人間の敵は、倒すと武器や回復アイテムを落とすことが多い印象で、お金稼ぎにも向いている感じがしました。

 そして『Fallout』シリーズには欠かせない選択式の会話システムが実装されたのも見逃せないところ。選択によって相手の対応が変わったりクエストの進め方が変わるあたりもしっかりしています。キャラクターのステータス一定値の場合に選べるものもあるので、これまで育ててきたキャラクターに合わせたロールプレイを楽しめるあたりもいい感じですね。

新たなメインクエストは初心者向けとベテラン向けの2本立て!

 『Wastelanders』では、新たに多数のクエストが追加されました。とくに、メインのストーリーとなるクエストが2タイプ追加されているのがポイントです。いずれもこの地にやってきた人たちに関係する内容となっています。

 まずひとつ目は、ゲームを始めたばかりのプレイヤーでも受けられる“Wayward Souls”から始まる一連のクエスト。プレイヤーは、ウェストバージニアにやってきた人が開いた酒場“ザ・ウェイワード”の依頼を受けるもので、プレイヤーの拠点となる“C.A.M.P.”の設営方法が学べます。

 最初はチュートリアル的な感じですが、続くクエストでは敵対するグループから自分が味方につく側を選べたりと内容はしっかりと『Fallout』しています。これから本作を始める人は、従来のメインクエストと並行して進めることでかなり充実したゲームプレイが楽しめると思います。

 ふたつ目は、キャラクターレベルが20になると自動的に開始される“The New Arrivals”から続くクエスト。このクエストは、ウェストバージニアにやってきた人たちの派閥“レイダー”と“入植者”を中心にストーリーが進みます。彼らはいずれもこの地にあるとされるお宝を狙っていて、プレイヤーは彼らと協力関係を気づきながらその宝を追うことになるようです。

 ほかの住民から奪うことを生業としているレイダーと、この地でまっとうな暮らしを送る入植者、いずれの派閥も興味深いキャラクターばかりでクエストを通じて彼らのことを知っていくのはなかなか楽しいです。派閥にはプレイヤーに対する好感度が設定されていて、クエストや会話の選択肢などで好感度が上下します。好感度が高いと派閥の拠点でより良いものを売ってくれるなど、プレイヤーにもメリットがあるようです。

NPCを自分のキャンプに招待して一緒に暮らすこともできる!

 『Wastelanders』で追加されたNPCのなかには、プレイヤーの仲間としてC.A.M.P.で暮らす人が何人かいます。彼らはプレイヤーのC.A.M.P.でお店を開いたり、襲撃してくる敵と戦ってくれます。

 なかでも名前に“Ally”と入っているクエストで仲間になるキャラクターは特別な存在で、彼らのクエストを進めることでプレイヤーに対する好感度が上がり、恋人関係になることもできるのです。クエストを進めることで明らかになる彼らの人となりも非常に興味深く、より彼らへの愛着がわいていきます。

 『Wastelanders』が配信されてまだ数日ですが、追加された内容はかなりのボリュームがあり、1日や2日では遊びつくせないほど。AIやロボットしかNPCが存在しなかった従来の本作のそれなりの味わいがありましたが、やはり人間のNPCが追加されたことで世界にいろどりが増してより魅力的なものになっていると感じました。

本作は今ならPS4のダウンロード版が4,888円(税込)で購入できるほか、レイダーと入植者をテーマにした衣装などが同梱された『Fallout 76: Wastelanders Deluxe Edition』も発売中。オンラインRPGではありますが、ほとんどのクエストはソロプレイでクリア可能で、クエストやフィールドの広さ、密度といった部分もオフラインの過去作と比べてそん色はありません。『Fallout』シリーズが好きな人だけではなく、自由度の高いRPGに興味がある人、世紀末の荒廃した世界観が好きな人にぜひおススメしたいタイトルです。

© 2020 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. Bethesda, Bethesda Softworks, Bethesda Game Studios, ZeniMax, Pip-Boy, Vault-Tec and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. Fallout, Vault Boy and related logos are trademarks or registered trademarks of Bethesda Softworks LLC in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved.

Fallout 76

  • メーカー: ベセスダ・ソフトワークス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2018年11月15日
  • 希望小売価格: 7,980円+税