【創の軌跡キャラ考察】リーシャ正式参戦。あの男との直接対決も? 近藤社長コメント付き

ジュンキ
公開日時
最終更新

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 かつて、アーティストと凶手(暗殺者)という2つの顔の間で揺らいでいたリーシャ。今、陽の光の当たる道を選んだ彼女は、クロスベル解放のために独自に動き出す。

リーシャ・マオ(声優:佐藤利奈)

「かつての契約相手だろうと もはや容赦するつもりはありません……!」

 クロスベル自治州の劇団《アルカンシェル》でアーティストとして活躍している、大人しく控えめな性格の娘。

 その正体は、カルバード共和国で伝説の存在にもなっている暗殺者《銀(イン)》で、身の丈を超す巨大な斬魔刀を得物としている。

 《銀》としての仕事を請け負いながら自分の生き方を模索していたが、《アルカンシェル》や《特務支援課》との出会い、クロスベルの人々との生活を通して、一人のアーティストとして生きていくことを決意した。

 自らの才能を見出し、《アルカンシェル》に迎え入れてくれた先輩アーティストのイリアを誰よりも慕っており、クロスベル再独立を記念した公演に向けて練習の日々を送っている。

  • ▲太陽、月、星の3人の舞姫が、ついにアルカンシェルの舞台に集結。

 イリア、リーシャ、シュリが揃い踏み! この場面を見ると《アルカンシェル》の復活とともに、クロスベル解放の日も間近!? って感じがしてきますね!

 復活したイリアの後ろ姿も気になるところですが、彼女については、イリアのキャラ考察記事で改めて迫っていく予定です。お楽しみに。

 ちなみに、リーシャの私服CGモデルもじつはこれが初公開。……舞台衣装や戦闘装束よりイロイロと目を引く気がするのは、たぶん気のせいではないと思うよ!? 

  • ▲帝国情報局の曲者、レクターと行動をともにする場面も?

 これまで公開された情報でも、スウィンたちやエリィなど、さまざまな勢力と関係している様子が確認できたリーシャ。そしてなんと今度は、帝国情報局のあのレクターと一緒の姿が。

 これらを見る限り、彼女はロイドたち《特務支援課》とはかなり違った角度から、クロスベル解放に向けて動いている感じでしょうか。帝国の異変後、そしてオズボーン亡き今、レクターが置かれている状況とも関係してくるのかも。

 画像で話しているのは、おそらく《黒月(ヘイユエ)》のツァオのことじゃないかなーと。イラストのセリフにある“かつての契約相手”もそうですよね。そうなるといよいよ、ツァオと直接対決する機会が!?

  • ▲大切な場所を守るため、リーシャは戦いの舞台でも華麗に舞う。

 戦闘装束を身にまとい、斬魔刀を振るうリーシャの姿。ついつい下のほうに視線が行ってしまいそうですが、注目すべきは背景の《アルカンシェル》。

 かつての《赤い星座》襲撃事件以来の危機が訪れるとしたら……彼女ならすべてを懸けてでも守り抜こうとするはず。

リーシャ OnePoint PlayBack

 クロスベルの誇る劇団《アルカンシェル》の新人アーティストとして、ロイドら《特務支援課》と親交を深めていくリーシャ。しかし彼女には、カルバード共和国に伝わる伝説の凶手《銀》という裏の顔がありました。

 当初、雇い主である共和国のシンジケート《黒月》の意向で暗躍していた彼女は、《特務支援課》の姿に何かを見出すとともに、徐々に自分の生き方に疑問を抱くことに。

 そして、クロスベル独立国事件の最中に起きた、猟兵団《赤い星座》による《アルカンシェル》襲撃。

 彼女を表の世界へと誘ってくれた恩人イリア、自分が陽の光を浴びて生きていくことができる場所……。自らにとって本当に大切なものに気づいた彼女は、それを守り続けるために生きていくことを決意します。

 クロスベルが帝国に併合された直後には、機密保持のためにロイドとともにジオフロントに潜入し、同じく情報を求めて潜入したリィン、アルティナと一戦交える場面もありました。

 その後、《特務支援課》とともに帝国の厳重な監視を受けながらも、彼女はクロスベル解放のために各地で活動。

 『閃の軌跡IV』では、ロイドやリィンたちの活躍の陰で、結社《身喰らう蛇》の執行者などと対峙していたことも語られていましたが……。

  • ▲裏の世界に生きていた彼女の運命は、1つの出会いによって大きく変わることに。(※写真は『碧の軌跡 Evolution』のものです)
  • ▲『閃の軌跡II』の外伝エピソードでは、リィンたちとのまさかの対決シーンが。(※写真は『閃の軌跡II』のものです)

 『閃の軌跡IV』のEDではチラッとその姿を見せてくれましたが、やはり当時からリーシャの正式な参戦を熱望していた人も多いはず。

 そして、ついに本作では彼女の勇姿を、再びたっぷりと拝むことができそうです。舞台に戦いにと、縦横無尽に躍動するリーシャに期待大!

日本ファルコム近藤社長コメント

 本作では序盤から頼もしいプレイヤーキャラとして参戦してくれるリーシャですが、とくに注目していただきたいのは《銀》としての彼女の人間関係ですね。

 『創の軌跡』はシリーズ全体の“完結”に向けた始まりの作品という位置づけですが、《銀》とその周囲との関係性、そこで語られるさまざまな出来事がこれからのシリーズに繋がっていくことになります。

 もちろん、リーシャにとって表の世界である劇団《アルカンシェル》や《特務支援課》メンバーとの関わりも描かれますので、その点にもご期待ください。

 ちなみに彼女の身体がまだ成長段階なのかどうか…については、恐らく一番彼女のことをチェックしているイリアに聞いてみないと分からないんじゃないでしょうか(笑)。


電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]オリジナルDLC(内容未定)

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

⇒『創の軌跡』【PlatinumマイスターBOX】 電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITIONを予約する
⇒『創の軌跡』【通常版】 電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITIONを予約する
⇒『創の軌跡』【PlatinumマイスターBOX】 電撃スペシャルパックを予約する
⇒『創の軌跡』【通常版】 電撃スペシャルパックを予約する

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2014 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2014 CHARA-ANI CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED. / (C)2011 NIHON FALCOM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税