【創の軌跡キャラ考察】使徒ノバルティスの来訪に盟主の意向は? 近藤社長コメント付き

ジュンキ
公開日時

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 思うがままにその悪辣な頭脳をふるい、各地に混沌をもたらすノバルティス。創(はじ)まりに向けて交差する物語で、蛇の狂気が鎌首をもたげる――。

F・ノバルティス博士(声優:真殿光昭)

「ちょうど生体部品(パーツ)が足りていなくてね。君のような優秀な個体が欲しかったのさ」

 結社《身喰らう蛇》の使徒・第六柱にして、兵器開発を担う《十三工房》を統括するマッドサイエンティスト。

 天才的な頭脳を持っているが自身の研究以外には興味が無いらしく、他人を嘲る振る舞いを平然と行うなど、他の使徒、執行者からも“悪趣味”だと蔑まれている。

 ゼムリア大陸各地で人形兵器を放ったり、自身が開発した三体の“神機アイオーン”を実戦に投入するなど、これまでに“実験”と称して様々な形で結社の計画に関わってきた。

  • ▲博士の口から気になる呼称が。話し相手はやはり彼女?

 ノバルティスが、同じ結社《身喰らう蛇》の使徒・破戒、そして執行者の《黄金蝶》について言及。この2人に関係する人物といえばやはり、結社以前に同じ暗殺組織《月光木馬團》に所属していたシャロンではないかと。

 ほぼ完全に結社から足を洗ったとされるシャロンの前に、使徒のノバルティスが現れた理由も気になりますが、謎に包まれている前述の2人の登場にも期待したいところ。

  • ▲同じ《蛇の使徒》ながら、2人の思惑は大きく異なる様子。

 博士とともに、使徒・第二柱《蒼の深淵》クロチルダも登場! 

 彼女については『閃の軌跡IV』を経て、すっかり味方な印象もついていますが、盟主に賛同する一員であることは変わりなく。使徒同士が話す内容にも興味を引かれます。

 かつてクロチルダが結社の《幻焔計画》を主導していたことを考えると、もしかすると次の《永劫回帰計画》を主導するのがノバルティスという可能性も。

 ただ、博士の場合、盟主に従って何かを主導するというより、ただ自分の気になるところに好きに赴く感じもするんですよね。

ノバルティス OnePoint PlayBack

 多種多様な人形兵器や、結社の戦闘空母《紅の方舟》グロリアスなど、数々の殺戮兵器を作り出した狂気の技術者ノバルティス。

 かつてレンとともに在った巨大人形兵器《パテル=マテル》も、元は《ローゼンベルク工房》のヨルグ老人の弟子でもあった彼が、師から盗み出した研究をもとに作り上げたものでした。

 そんな彼の技術の粋を集めたのが、“神機アイオーン”シリーズ。《零の至宝》キーアの力を利用したこの機体によって、帝国のガレリア要塞は壊滅。クロスベルにおける本格的な争乱の口火を切る形に。

 その後、《至宝》の力なしで完全駆動するまでに改良を重ね、今度は帝国での《黄昏》にまつわる実験に用いるなど、物語の陰でノバルティスは暗躍を続けています。

 帝国の異変を発端とする世界大戦の折に“神機”は撃破されましたが、それに代わる新たな脅威を作り上げることも、彼にとってはたやすいことなのかも……?

  • ▲かつてカンパネルラらとともにクロスベルの地に降り立ち、《特務支援課》の前に現れた。(※写真は『碧の軌跡 Evolution』のものです)
  • ▲シリーズで毎度のごとく立ちはだかる人形兵器の数々も、この博士の手によるもの。(※写真は『閃の軌跡I:改』のものです)

 『軌跡』シリーズにおいて、ラッセル一家やシュミット博士、フランツ・ラインフォルトなど技術者は数多いものの、典型的な悪のマッドサイエンティストといえばこのノバルティス博士。

 イラストのセリフで“生体部品”扱いされている相手も、少々心配になってきます。ホムンクルスであるアルティナたちや、以前公開された下のロイドの画像のセリフとも何かかみ合っていそうな気がしますが、はたして。

  • ▲何者かに付け狙われている様子のキーアをかばうロイド。

 《ローゼンベルク工房》のヨルグ老人とも深い因縁がある彼だけに、もしやラピスの秘密にも関わっていたり!?

 ……などなど、ノバルティスがいるだけで、いろいろな憶測が止まらない止まらない。ついに結社が舞台に現れたということで、ますます『創の軌跡』の物語が気になってきましたね!

日本ファルコム近藤社長コメント

 ノバルティス博士は本作で起こる、ある出来事に深く関わる結社側の人物として登場することになります。(さすがに彼のファンはいない…とは思いますが)さまざまな登場人物との絡みが描かれるので、その点にもご注目いただければと思います。

 なお、本作で初登場となるラピス・ローゼンベルクはローゼンベルク工房の人形ですが、その工房長と言えばノバルティス博士のかつての師、ヨルグ・ローゼンベルクです。

 本作でラピスにスポットが当てられる以上、当然ノバルティスも何らかの形で関わっていくことになるでしょうし、これまでの人形兵器や神機アイオーンとは異なる彼の新たな“研究成果”が見られるかもしれません。


電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]オリジナルDLC(内容未定)

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

⇒『創の軌跡』【PlatinumマイスターBOX】 電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITIONを予約する
⇒『創の軌跡』【通常版】 電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITIONを予約する
⇒『創の軌跡』【PlatinumマイスターBOX】 電撃スペシャルパックを予約する
⇒『創の軌跡』【通常版】 電撃スペシャルパックを予約する

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2014 CHARA-ANI CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED. / (C)2011 NIHON FALCOM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2013-2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税