『ギルティギア ストライヴ』チップの立ち回り・主要技・基本コンボ(CBT版)。攻撃こそ最大の防御!

たく坊
公開日時

 アークシステムワークスが2020年秋以降に発売するPS4/アーケード用ソフト『GUILTY GEAR -STRIVE-(ギルティギア ストライヴ)』のクローズドβテストで体験できたキャラクターを紹介します。

 本記事では、“チップ=ザナフ”の基本戦術、主要技、基本コンボを紹介していきます。

  • ▲コマンドリスト(公式サイトで公開中のプレイガイドより引用)

※本記事の“\”は右下の矢印、“/”は左下の矢印となっています。ご了承ください。

立ち回り・基本戦術

 チップは、とにかく攻めに特化したスピードタイプのキャラクターです。ダッシュの速度、攻撃の速さ、技の見えにくさなど、相手は翻弄してペースをつかみやすい性能を誇っています。

 あまりに特化しすぎた代償に、上級者が開発した1コンボでラウンドが終わってしまうこともしばしば……。

 基本戦術は、相手に触られる前に触り、ペースをつかみ続けるスタイル。画面端に追いやってしまえば、素早い動きによるめくり、壁走りによる奇想天外な攻撃、中段の特殊技、コマンド投げによる崩し、etc……と、攻めることに関して他キャラの追従を許さない性能を誇ります。

 壁走りを交えた動きはとても目では終えないような動きをしており、壁走り中にはそのままコンボをつなぐこともできます。

 過去シリーズのように瞬間移動はできなくなったものの、斜めに向けた“αブレード”、より見えにくくなった壁際の攻め方など、注目の要素がてんこ盛りです。

 「攻撃こそ最大の防御」、「死ななきゃ安い」といった精神を持つプレイヤーにオススメのキャラクターとなっています。

主要技の紹介

通常技

立ちK

 リーチと発生が優秀な通常技。下記の近距離Sができなさそうな距離はこちらを選択しましょう。

近距離S

 発生が速い通常技。相手に近づいた時やジャンプ攻撃からのつなぎに使用できます。ダッシュで密着状態になった場合は、通常投げと近距離S、しゃがみKで揺さぶりを駆けましょう。

 発生、隙の無さ、コンボなどに使える便利さから、使用頻度が高い通常技です。

ジャンプHS

 攻めの機転となるジャンプ攻撃で、1度の入力で二段目まで発生します。移動速度が速いチップにとって、ジャンプ攻撃は生命線となります。

 空中ダッシュから攻撃した場合は下降しながら切りかかるため、ジャンプ>空中ダッシュ>ジャンプHSというムーブをするだけでも、かなりのプレッシャーとなります。ヒットした場合は、近距離Sでコンボをつなぎましょう。

しゃがみHS

 前方の上方向を切り上げるスタイリッシュな通常技。対空技というよりは、コンボで使用することが多くなった技です。

 近距離SやしゃがみSからキャンセルしてコンボがつながり、相手を浮かすことができるので、コンボのダメージを伸ばすために必要な攻撃となっています。

特殊技

→+K

 飛び上がってドロップキックする中段技。通常時はコンボができず、ロマンキャンセルを利用することでコンボがつながります。

→+HS

 発生が遅い代わりに威力と判定が強い特殊技です。カウンターヒット時にはダッシュしてコンボが可能。大ダメージを狙えます。

必殺技

αブレード(↓\→+PorK)

 チップの代名詞である必殺技“αブレード”は、本作では地上から空中へ、空中から地上へと、突進の方向を選択できるようになりました。P版は横に、K版は斜めに攻撃します。

 相手の後ろに回り込んだ際は背後からの攻撃となるため、“めくり攻撃”になります。

γブレード

 チップが分身して攻撃を仕掛け、離れた距離を攻撃できる必殺技。通常技からキャンセルがきくので、遠くの位置でコンボを締めたい時、相手を吹っ飛ばした時の攻め、固めなど、かゆいところに手が届く技となっています。

 その代わり、分身したチップには食らい判定があり、飛び道具のような感覚で使っていると大ダメージを食らってしまう危険性もあります。

 ちなみに、ロマンキャンセルをした場合は食らい判定がなくなるので、こちらは飛び道具として使用できます。

冽掌(↓\→+S)

 素早く掌底を打ち込む必殺技。主に通常技からキャンセルし、固めとコンボの両方で活躍します。また、冽掌(↓\→+S)からは2つの派生技が存在します。

  • ▲“麓砕(冽掌中に236+S)”。

 “麓砕(冽掌中に236+S)”は、水面蹴りで下段を攻撃する“冽掌”からの派生技で、“冽掌”がヒットしていれば連続ヒットします。ダメージを伸ばしたい時は、“麓砕”をロマンキャンセルし、近距離SやしゃがみHSにつなげましょう。

  • ▲“穿踵(冽掌or麓砕中に236+K)”。

 “穿踵(冽掌or麓砕中に236+K)”は、“冽掌”と“麓砕”の両方から派生が可能な中段攻撃です。派生技とは言えど連続ヒットにはならないので、主に崩しに使います。

 一連の派生をわかりやすく言うと、“冽掌>麓砕>穿踵”か“冽掌>穿踵”の2つのパターンでつなげられるということ。二段目の“麓砕”を警戒してしゃがみガードをした相手に穿踵が刺さる形になります。

壁走り(壁際でダッシュ中に→長押し)

 本作のチップを代表する技。壁に向かってレバーを倒すと壁をのぼりはじめ、レバーを離すことで自由落下に移行します。自由落下の後は、ジャンプSやジャンプHSで攻めましょう。

 さらに、壁走り中にDで攻撃すると、壁を走りながら攻撃する技を繰り出せます。

基本コンボ

しゃがみS>足払い>冽掌(↓\→+S)>麓砕(冽掌中に↓\→+S)

 画面中央の基本コンボその1。“冽掌”の部分を省略して足払いで締め、起き攻めに移行するのも有効です。

ジャンプHS>近距離S>しゃがみHS>K版αブレード(↓\→+K)

 飛び込みが通った時のコンボ。近距離SからしゃがみHSがつながり、空中に浮かんだ相手に対してK版αブレードを決めるコンボです。

(C) ARC SYSTEM WORKS

GUILTY GEAR -STRIVE-(ギルティギア ストライヴ)

  • メーカー: アークシステムワークス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: 対戦格闘
  • 発売日: 2021年春
  • 希望小売価格: 未定