『ギルティギア ストライヴ』ファウストの立ち回り・主要技・基本コンボ(CBT版)。ホラー感が増し増しに!

たく坊
公開日時

 アークシステムワークスが2020年秋以降に発売するPS4/アーケード用ソフト『GUILTY GEAR -STRIVE-(ギルティギア ストライヴ)』のクローズドβテストで体験できたキャラクターを紹介します。

 本記事では、“ファウスト”の基本戦術、主要技、基本コンボを紹介していきます。

  • ▲コマンドリスト(公式サイトで公開中のプレイガイドより引用)

※本記事の“\”は右下の矢印、“/”は左下の矢印となっています。ご了承ください。

立ち回り・基本戦術

 ファウストは、身長に見合ったリーチの長さを持ち、ランダム要素のある必殺技を使うトリッキーなキャラクターです。また、歴代シリーズでもトップレベルのホラー要素を誇っています。

 純粋な飛び道具こそ持っていませんが、中距離戦において強さを発揮する通常技や必殺技を持ち合わせています。

  • ▲余談ですが、この画像を見たときに背景と顔を見間違えました。

 特に、しゃがみHSから“突きます。”へのキャンセルは、わかっていても避けにくい強力な連携です。“突きます。”を警戒する相手には、しゃがみHSから必殺技“何が出るかな?”でキャンセルしてアイテムを投げ、有利な状況を作っていきましょう。

 近距離においては、しゃがみKによる固めやコマンド投げ“メッタ刈り”での崩し、空中で↓Kといったトリッキーな動きで相手を翻弄させられます。

 トリッキーなキャラたる所以は他にもあります。

 例えば空中ダッシュ。他のキャラクターの場合、空中で足場を生成してダッシュをするのですが、ファウストの場合、空気の抜けた風船のようになぜかフワフワと浮かびます。ちなみにこの空中ダッシュ、途中でレバーを入れることで進行方向を若干変えられます。

 例えば歩き方。ファウストのみ、レバーを斜め入力するとしゃがみながら移動ができます。飛び道具やジャンプ攻撃などの一部を避けられる便利な動きです。

 このように、相手をおちょくりながら戦っているようにも見えるファウストは、ユーモアと強さを融合させたスタイルで戦うのです。リーチが長く強力な必殺技も多いので、初心者でも攻撃を当てやすいでしょう。

 ただ、主要技の1つである“何が出るかな?”がランダム要素を含むため、各アイテムに応じた臨機応変な立ち回りが求められるのが難しいところ。上級者向けの側面も持っている、とても奥が深いキャラクターです。

主要技の紹介

通常技

しゃがみK

 しゃがみながら足を上げて攻撃する通常技。多段ヒットするため、固めで機能します。

立ちHS

 リーチが長く、必殺技キャンセルにも対応しているので使いやすい通常技です。中距離で牽制として振り、“突きます。”か“何が出るかな?”にキャンセルして攻めの展開を作りましょう。

しゃがみHS

 リーチが長い下段攻撃。判定が強いため、相手の牽制をつぶしやすい技となっています。立ちHS同様、“突きます。”や“何が出るかな?”にキャンセルすることがオススメです。

特殊技

空中で↓+K

 ドリルのように回転して斜め方向に下降していく攻撃。過去シリーズでは“ドリキャン”と呼ばれるテクニックで猛威を振るっていましたが、本作では使用できない模様。

 相手の足元に当たる距離を狙うことで、当てた後の隙が少なくなります。

→+HS

 身体を伸ばして遠距離を攻撃する中段技。発生こそ遅いものの、ダメージが高い中段技なので、相手の牽制が当たらないような距離から使っていきましょう。

必殺技

突きます。(←/↓\→+K)

 武器で突き、遠距離まで攻撃する必殺技。ヒットさせた場合は、“引き戻し(突きます。中に←)”に、“引き戻し”からは“ナイスショット(引き戻し中にHS)”に派生できます。

 “ナイスショット”に派生せず“引き戻し”でやめることで、相手を自分との距離を一気に詰められます。

 “ナイスショット”は、ボタンを押すタイミングで相手が吹き飛ぶベクトルが変わります。ベストなタイミングになると、特殊なカメラアングルで相手が吹き飛んでいきます。吹き飛んだ相手が画面端に到達した場合、そのまま壁に激突します。

何が出るかな?(↓\→+P)

 数あるアイテムの中からランダムで1つ投げる、一風変わった必殺技。

 ふれると回復し、もう一度触れると転んでしまう“バナナ”、自動で攻撃してくれる“ちびファウスト”、時間差で隕石が降ってくる“メテオ”など、アイテム1つでその後の立ち回りが変わってしまうほど重要な技なっています。

 なお、覚醒必殺技の“な・な・な・なにが出るかな?”は一度に大量のアイテムを投げる“何が出るかな?”の強化版のような技です。

久延毘古(↓/←+PorKorS[タメ可])

 姿を消したあとワープして相手を攻撃します。ボタンに応じて相手の手前(Pボタン)、背後(Kボタン)、上空(Sボタン)の3種類から出現位置を選ぶことができ、奇襲能力が高い必殺技となっています。

 タメることで姿を消す時間も長くなりますが、姿を隠している間に出現するカカシにも食らい判定があるので注意。

メッタ刈り(↓\→+HS)

 密着時に命中する、ガード不能なコマンド投げ。本作で相手の頭をアフロにできる唯一の技でもあります。相手のアフロは食らい判定が付与されるので、上空からの攻撃が通りやすくなります。

 なお、コマンド投げのすべてに言えることですが、攻撃を外した時の隙が大きいので多用は禁物です。

基本コンボ

近距離S>しゃがみHS>捏和混練(↓\→+S)

 近い距離でつながり、ダウンまで持っていける基本コンボです。“捏和混練”は移動する距離を選べるので、戦いやすい距離にファウストの位置を調整しましょう。

立ちHS>突きます。(←/↓\→+K)>引き戻し(突きます。中に←)>ナイスショット(引き戻し中にHS)

 画面中央でも牽制からフルヒットする便利なコンボです。相手が画面端に近ければ、そのまま有利な状況で攻められます。

(C) ARC SYSTEM WORKS

GUILTY GEAR -STRIVE-(ギルティギア ストライヴ)

  • メーカー: アークシステムワークス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: 対戦格闘
  • 発売日: 2021年春
  • 希望小売価格: 未定