マクドナルドが特定警戒都道府県の全店舗で店内客席の利用を中止に

電撃オンライン
公開日時

 『マクドナルド』が、新型コロナウイルス感染症の拡大を抑制するため、政府の指定した特定警戒都道府県(13都道府県)全店舗で店内客席の利用を中止すると発表しました。

 対象となるのは、特別警戒都道府県の東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、福岡県、北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の全店舗です。

概要

対象期間
4月20日午前5時~5月6日24時(予定)
※準備が整った店舗より順次開始されます。

対象店舗
東京都:約350店舗
神奈川県:約230店舗
千葉県:約160店舗
埼玉県:約180店舗
大阪府:約240店舗
兵庫県:約150店舗
福岡県:約90店舗
北海道:約90店舗
茨城県:約80店舗
石川県:約30店舗
岐阜県:約40店舗
愛知県:約190店舗
京都府:約80店舗

※計:約1,910店舗。

対象時間帯
全営業時間中(営業時間は店舗によって異なります)

営業形態
店内での飲食を中止し、持ち帰り、ドライブスルー・デリバリー(店舗によって異なる)のみでの提供となります。

緊急事態宣言を受けた各自治体の協力要請への対応について

 政府の“緊急事態宣言”の全国拡大により、群馬県より事業者への“営業時間短縮”に関わる協力要請が発表されたことを受け5月6日までの間、群馬県の一部の臨時休業の店舗をのぞき、全店舗で20時~翌朝5時までの店内客席の利用中止、もしくは一時閉店となります。

該当自治体と店舗数
群馬県:約40店舗(4月18日20時より)

・20時~翌朝5時まで店内客席の利用中止
20時から翌朝5時まで、店内での飲食を中止し、持ち帰り、ドライブスルー・デリバリー(店舗によって異なる)でのみの提供となります。

※なお、モバイルオーダーでは、店内の飲食中止の時間帯でも、“カウンターで受け取る(店内ご利用)”を選択できてしまう場合がありますが、持ち帰りのみの対応となります。

・20時~翌朝5時まで閉店
20時から翌朝5時まで閉店し、翌朝5時より開店。

※上記より早く閉店し、遅く開店する店舗もあります。

※各店舗の営業時間については、マクドナルド公式サイト内の“お店をさがす”または公式アプリよりご確認ください。
※各店舗数は4月19日時点の状況です。今後変更になる場合があります。

※画像は公式Twitterのものです。
© 日本マクドナルド株式会社