“DOLアワード2019”『ポケモン ソード・シールド』や『DQウォーク』など受賞タイトルの開発者コメント掲載

電撃オンライン
公開日時

 2019年でもっともおもしろかったコンシューマソフト&アプリを読者による投票で決める“電撃オンラインアワード2019”。本企画のコンシューマソフト部門&アプリ部門で第1位から第3位に輝いたタイトルにトロフィーをお渡ししました。

 “電撃オンラインアワード2019”コンシューマソフト部門の受賞タイトルは、第1位『ポケットモンスター ソード・シールド』、第2位『モンスターハンターワールド:アイスボーン』、第3位『キングダム ハーツIII』。アプリ部門の受賞タイトルは、第1位『ドラゴンクエストウォーク』、第2位『マリオカート ツアー』、第3位『トロとパズル~どこでもいっしょ~』です。

 それぞれのタイトルに携わる開発メンバーから受賞コメントをいただいたので紹介します。

コンシューマソフト1位:『ポケットモンスター ソード・シールド』

『ポケットモンスター ソード・シールド』開発チーム

 『ポケットモンスター ソード・シールド』をプレイしてくださっている皆さん、また今回電撃オンラインアワードで『ポケットモンスター ソード・シールド』に投票をしてくださった皆さん、この度は本当にありがとうございます。

 本作は、シリーズ完全新作としては初めてのNintendo Switchタイトルとして、2019年11月15日に発売させていただきました。ポケモンのダイマックスや、ワイルドエリアやマックスレイドバトルなど、本作はこれまでになかった新要素も盛りだくさんですが、それらも皆さまに楽しんでいただけているようでしたら、とてもうれしく思います。

 また現在ゲームフリークでは、皆さんのガラル地方での冒険がより長く、より楽しくなるよう、『ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス』の開発を進めています。

 第一弾は2020年6月末までに、第二弾は2020年秋に配信開始を予定していますので、引き続き、ガラル地方での冒険をお楽しみいただければ幸いです。

 改めまして、この度はたくさんのご投票をいただき誠にありがとうございました!

コンシューマソフト2位:『モンスターハンターワールド:アイスボーン』

辻本良三 プロデューサー
市原大輔 ディレクター

――受賞の感想をお願いします。

辻本:投票してくださったハンターの皆さん、本当にありがとうございます!!

市原:多くの皆さんに支持いただけたこと、非常にうれしく思っております。開発に携わったスタッフにもよい報告ができます。

――支持されたポイントはどこだと思われますか?

辻本:『MHW:I』では、『MH:W』ベースでさまざまな新要素を追加しましたが、多くの方に遊んでいただいて本当にうれしいです。

 新モンスターはもちろんですが、復活モンスターに関しても発表するたびにいい反響をいただけました。

市原:ベースの『モンスターハンター:ワールド』が多くのユーザーさまに高評価をいただきましたので、世界観や評価された部分をできるだけ崩さず、その上で新しい要素を入れ込むことにとても苦労しました。

 ご支持いただけたのであれば、少しは実を結べたのかなと思います。

――投票者に向けてのメッセージをお願いします。

辻本:昨年9月に発売した『MHW:I』ですが、発売後も無料アップデートでモンスター追加などを行っておりますので、今後のアップデート情報にもご期待ください!

市原:厳しいご意見をいただく局面もありましたが、少しでも遊びやすくなるように日々調整を行ってくれたスタッフと、それに付き合っていただいたファンの皆さまに心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

コンシューマソフト3位:『キングダム ハーツIII』

野村哲也 ディレクター

――受賞の感想をお願いします。

 賛否承知していましたので、これほど名立たるタイトルに並べるほど、支持していただいて驚きと共に光栄ですし感謝しています。

――支持されたポイントはどこだと思われますか。

 長年お待たせしたナンバリングであることでグラフィックを含めた表現力の向上と、それによるディズニーのワールドの再現度だと思います。

――投票者に向けてのメッセージをお願いします。

 ともかく支えてくださったファンの方々には感謝しかありません。『キングダム ハーツIII』をDLCまで終えて一区切りと考えていましたが、どうやら状況はそうも行かない様です。

 こうして多くの支持もいただいたことを後押しとして、現在進行中の『キングダム ハーツ』のプロジェクトの糧として頑張っていきます。

 今後も『キングダム ハーツ』シリーズをよろしくお願いします。この度は本当にありがとうございました。

アプリ1位:『ドラゴンクエストウォーク』

柴貴正 プロデューサー

 『ドラゴンクエスト』というRPGを位置情報ゲームとして新しくリリースさせていただきましたが、たくさんの方に勇者となって遊んでいただいて感謝しております。

 このタイトルはまだ半年ちょっとしか経っていないので、これからももっと楽しんでいただけるように運営・開発頑張っていきます。

 引き続き『ドラゴンクエストウォーク』をよろしくお願いします!

アプリ2位:『マリオカート ツアー』

『マリオカート ツアー』開発チーム

 『マリオカート ツアー』を遊んでくださっている皆様、そして、投票してくださった皆様、このたびは本当にありがとうございます。開発チーム一同、心より感謝しております。

 『マリオカート ツアー』は、世界の都市をテーマにしたコースや、過去のシリーズでおなじみのコースを、スマートフォンで駆け巡ることができるアプリです。

 今年3月には、最大8人と同時に遊べるマルチプレイのサービスも開始しました。世界中のプレイヤーやゲーム内のフレンド、近くの人との熱いレースをお楽しみください。

 今後もどんどんアップデートを行っていきます。引き続き『マリオカート ツアー』をよろしくお願いします。

アプリ3位:『トロとパズル~どこでもいっしょ~』

ビサイド 南治一徳

 電撃オンラインアワード2019、アプリ3位に選んでいただきましてありがとうございました! 電撃さんにはPlayStationのタイトルのころから、『どこでもいっしょ』シリーズを応援いただいておりましたので、なんとかその応援に答えることができたかな、と思っております。

 今回はパズルがゲームのメインではありますが、トロにコトバを教えたり、お話ししたりと、初代の『どこいつ』シリーズのエッセンスを引きついた要素もしっかり入れることができましたので、その辺りを評価していただけたのではないかなと思っております。

 今後も皆さんに、もっともっと楽しんでいたけれるよう、がんばって参りますので引き続き応援をよろしくお願いします!

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
(C)2019 Pokémon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
(C)CAPCOM CO., LTD. 2018, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)Disney. (C)Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX
※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
(C)2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C) 2019 Nintendo
(C)Sony Interactive Entertainment Inc. (C)2019 ForwardWorks Corporation.