本編サービス終了より大問題。『世紀末デイズ』wikiクローズで幻の第二部が読めなくなる!?

そみん
公開日時

 DeNAのiOS/Android用アプリ『世紀末デイズ』が、2019年8月19日をもってサービス終了になることが発表されました。

 え。スパイク・チュンソフトの『不思議のダンジョン』シリーズの開発チームも携わったダンジョンRPGが終わっちゃうのか……。

 とはいえ、今年の1月28日にゲーム内の最終アップデートとともに実質的な更新終了が発表され、覚悟はしていました。

 でも……でも……公式攻略wikiもサービス終了となってクローズしてしまう可能性があるのは、本当にヤバい!

 なぜなら、公式攻略wikiにはゲーム中に実装されなかった幻の第二部(関西編)のシナリオテキスト(一部はプレイ動画としても表現)が掲載されているからです。6月28日15:00のサービス終了でサイトがなくなってしまわないことを祈ります!

幻の第二部(関西編)とは?

 特殊な鉱物オモイカネによって“レゾネーター”と呼ばれる超能力者となった主人公・天霧葵が、妹の黒羽を取り戻すために五井藤也と戦った第一部(東京編)。

 その物語が終わっても、パートナーであるヒヨの正体(王様的なポジションであることはわかりましたけど)や、人口レゾネーターの存在、京都にいると思われる謎の協力者RM、赤と青と色の違うオモイカネの存在など、さまざまな謎が残されていました。

 物語の続きを描く第二部は残念ながらゲームには実装されませんでしたが、た公式攻略wikiでは、そのシナリオテキストを楽しむことができたんです。

 ちなみに一部のシナリオは実際のゲーム動画で楽しめます。本作のファンとしては、「よくぞここまで……!」と、開発者に感謝したものです。

 wikiのサービスが終了するからといって、サイトがクローズするとは限りませんが、その可能性はゼロではありません。

 かつて『世紀末デイズ』を楽しんだ方はもちろん、今さらながら本作の異能バトルな世界観が気になった方も、ぜひ今のうちに第二部のシナリオを楽しんでみてください!

 そして、できれば今からでもゲームをダウンロードして、第一部の熱い話を楽しんでほしいと思う所存でございます。

  • ▲第二部のもう1人の主人公的ポジションの源 長春(ミナモト ナガハル)。
  • ▲在原 紅(アリワラ ベニ)ちゃんもいいキャラでした。

© DeNA / Developed by Spike Chunsoft