『JAZZ-ON!』古川慎、堀江瞬のコメント公開

ガルスタオンライン
公開日時

 アカツキがおくる“俺たちが奏でる青春ジャズストーリー”『JAZZ-ON!(ジャズオン!)』で、新曲シングル『開闢≠Beginning』のリリースを記念した、キャストコメントが公開中です。

 先日公開された第1弾に続いて、第2弾では星屑旅団より、鳴海ロラン役・古川慎さん、天城輝之進役・堀江瞬さん、影山新役・伊東健人さん、安藝月玲玖役・村上喜紀さんよりコメントが到着。

 『JAZZ-ON!』第一部の完結編となるドラマパートを収録した感想や、演じるキャラクターについてなどを語っています。なお、第3弾は5月11日に公開される予定です。

キャストコメント第2弾

鳴海ロラン役・古川慎さん

──『JAZZ-ON!』第一部の完結編となるドラマパートでは、SwingCATSと星屑旅団のメンバー16人が共に大会に臨んでいます。収録しての感想をお聞かせください。

 16人が一堂に会するというのは、これまでの楽曲やドラマのまとめ的な意味でも面白く感じました。

 もう一方のチームとのクロスオーバーも行いながら、それぞれのキャラクターが掘り下げられていて、まだまだ続いて欲しいシリーズだなと思っています。

──過去にリリースされたCDのドラマパートと比べて、演じられたキャラクターに変化を感じる部分はありましたか? また、今後どのように成長していってほしいと思いますか?

 ロランについては成長するというより、作品的な役割がよりくっきり見えたなという点が大きいです。底知れない振る舞いが今回多く見られましたが、そんな人がチームのリーダーを務めているというところに危険なカリスマ性が垣間見えて面白いです。

 今後どのような側面を見せてくれるのか、楽しみだなとも思います。

──リリースを楽しみに待っていてくださった皆さまへ、メッセージをお願いします!

 『JAZZ-ON!』を楽しんでいただきありがとうございます。第一部ストーリーに区切りが付くこのCDですが、じゃあ次は何をするのか! というところは皆様も気になると思います。僕も気になります。

 区切りとは書きましたが、次のセッションの為のチューニングとも言える内容となっておりますので、 楽しみにして頂けると幸いです。よろしくお願いします。

天城輝之進役・堀江瞬さん

──『JAZZ-ON!』第一部の完結編となるドラマパートでは、SwingCATSと星屑旅団のメンバー16人が共に大会に臨んでいます。収録しての感想をお聞かせください。

 ほぼほぼ全キャストが集まった状態での収録だったので、マイクワークに悪戦苦闘しました(笑)。賑やかで本当に部活みたいな雰囲気でした。

──過去にリリースされたCDのドラマパートと比べて、演じられたキャラクターに変化を感じる部分はありましたか? また、今後どのように成長していってほしいと思いますか?

 SwingCATSの面々との距離感を意識しながら演じましたが、元来彼は自由気質なので特に気をつける点もなく、輝之進として言葉を発することができました。

 今後も良い意味で変わらずこのままだといいなあと思います(笑)。

──リリースを楽しみに待っていてくださった皆さまへ、メッセージをお願いします!

 今回は遂に2チームが揃って賑やかに会話をしています。星屑旅団単体でもかなり賑やかなのに、全員が揃ってしまって大変なことになっています(笑)。

 彼らの熱い青春を、是非、耳で聴いて全身で体感してください!

影山 新役・伊東健人さん

──『JAZZ-ON!』第一部の完結編となるドラマパートでは、SwingCATSと星屑旅団のメンバー16人が共に大会に臨んでいます。収録しての感想をお聞かせください。

 なんてさわやかな話なんだ……! と思いました。今までぼんやりしていたけれど、今回ではっきりとした事も沢山あって、楽しく演じさせていただきました。

──過去にリリースされたCDのドラマパートと比べて、 演じられたキャラクターに変化を感じる部分はありましたか? また、 今後どのように成長していってほしいと思いますか?

 新はそんなに変わらない……のかな?? 変化といえば、今回は覚醒モードの新が出てこなかったので、また現れてほしいです!

──リリースを楽しみに待っていてくださった皆さまへ、メッセージをお願いします!

 いよいよ第一部もクライマックス!! ジャズを愛するみんなの、青春群像劇。是非お楽しみ下さい!

安藝月玲玖役・村上喜紀さん

──『JAZZ-ON!』第一部の完結編となるドラマパートでは、SwingCATSと星屑旅団のメンバー16人が共に大会に臨んでいます。収録しての感想をお聞かせください。

 星屑旅団オンリーでドラマCDを収録させていただいた時も感じたのですが、やはりキャラクターの濃さに驚きます。

 それが2チームともなれば、それはもう華やかでした。そしてとてもブースが賑やかな収録になりました。

──過去にリリースされたCDのドラマパートと比べて、演じられたキャラクターに変化を感じる部分はありましたか? また、今後どのように成長していってほしいと思いますか?

 今回の収録で、リックの本音に触れる事が出来て嬉しかったです。

 理解してくれるパーソンも増えて、益々リックの自由奔放さに磨きがかかってくれる事を期待しています。

──リリースを楽しみに待っていてくださった皆さまへ、メッセージをお願いします!

 色とりどりの生き様が、調和し反発し溶けていきます。五線譜からこぼれ落ちるアンサンブルを、是非お楽しみ下さい!

(C)Akatsuki Inc.