ガチャ要素なし、ステージ販売型ゲーム『N.E.O』配信決定。キャラ制作では造形作家・岡田恵太さんが協力

電撃オンライン
公開日時

 Black Beard Design Studio(BBDS)は、iOS/Android/PC用ゲーム『N.E.O』の配信を決定しました。

 BBDSが開発したゲームの配信は創業以来初となります。配信地域は日本国内と北米、iOS/Android版から今秋より順次配信予定です。

 BBDSは、2010年6月設立以降ゲームのグラフィックスに特化してCG制作を手掛けてきたデザインスタジオです。同社の代表の岸さんがファミコン世代であることから、うまくなるまで何度も挑み、コツコツ進める古きよきファミコン時代のよさを踏襲したゲームを作りたいと思い、制作を開始したとのこと。

 ガチャの要素は入れず、ステージ販売型のゲームとして配信予定です。なお、本作の追加情報は公式Twitterで発表されます。



 また、本作のキャラクター制作では、海外でも定評のある造形作家・岡田恵太さんが協力しています。

 海外のメディア“ARTSTATION”では岡田さんの作品が100万回閲覧され、2018年“上海ワンフェス”では出展した作品が開場後2時間で完売。ドラゴン、ライオン、幻獣などの造形で注目を集めています。

(C) 2019 Black Beard Design Studio