アニメ『啄木鳥探偵處』6話。人形が人をかみ殺す

電撃オンライン
公開日時

 TVアニメ『啄木鳥探偵處』第6話のあらすじ&先行カットが公開されました。5月18日より放送予定です。

 第6話では、ゲストキャラクターの傀儡館(くぐつかん)の館主役として、文豪・萩原朔太郎の孫で、映像作家、エッセイストの萩原朔美さんが声優に挑戦しています。

あらすじ&先行カット

第六首“忍冬(すいかずら)”

 人気役者の橘乙次郎が活人形“金銀花”にかみ殺されるという猟奇事件が話題となる。

 ほどなくして乙次郎の後輩である泉若が自首したことで落着を見ていたが、泉若はミルクホールで働く季久と恋人同士だった。

 吉井は、片思い中の季久から泉若の無実の証明を頼まれる。

 そこに、京助と絶交中で金欠の啄木が割込み、吉井と二人で事件を調べることに。

第6話スタッフ(敬称略)
脚本:宮尾百合香
絵コンテ:伊藤達文
演出:臼井文明
総作画監督:山口飛鳥
作画監督:浮村春菜、田中亜優

萩原朔美さんコメント

 なんと、 50年前に寺山修司作『毛皮のマリー』で美輪明宏さんの息子役をやった私が、アニメの声優をやるとは、人生面白い。

 しかも、見せ物の呼び込み役。 50年前当時の劇団のキャッチコピーが、“見せ物の復権”だ(笑)。

 『毛皮のマリー』は大ヒットして話題になったが、この『啄木鳥探偵處』も同じ雰囲気を感じる!









放送情報

TOKYO MX:毎週月曜23:00から
BSフジ:毎週月曜24:00から
CSファミリー劇場:毎週月曜24:00から
岩手めんこいテレビ:毎週土曜17:00から
長崎文化放送:毎週月曜25:54から
ほか各所配信サイトにて配信開始  
※放送日時は予告なく変更になる場合があります。

©2020伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会