『ミラクル☆トレイン』柿原徹也さんが演じる新駅メンは?

ガルスタオンライン
公開日時

 駅を美形男子に擬人化するWEBコンテンツ『ミラクル☆トレイン』の新駅メン・勝どき宙七(かちどきひろな)のキャラクターボイスが、柿原徹也さんに決定しました。

 現在、『ミラクル☆トレイン』公式サイトでは、“駅メン”の4コマコミック、ノベルや、豪華キャスト陣によるエスコ―トボイスが好評配信中です。

 5月12日より、『ミラクル☆トレイン』公式サイトにて、勝どき宙七のエスコートボイスも配信が開始されます。

 “勝どき宙七”は、海が大好きな明るい性格の駅メンで、神話や星座にも興味があるロマンチックなキャラクター。

 高層マンションや商業施設の開発が進められたため、駅の乗降者数が増加し、大江戸線では六本木に次ぐ第4位を誇る人気者です。

 現在配信中のエスコートボイスでは、勝どき駅や、街のシンボルである勝鬨橋を中心に、駅周辺をデート気分で案内しています。

 また、WEB未配信ボイスを含むエスコートボイスCDは、6月に発売予定です。

 お出かけするのが難しい今、エスコートボイスを聴いて“勝どき”の街を楽しんでみませんか?

勝どき宙七(声優:柿原徹也)プロフィール

  • ▲勝どき宙七(声優:柿原徹也)

 2000年12月12日生まれ。名前は駅ナンバリングのE-17から。

 周辺は河や橋に囲まれ、ゆったりした運河を臨むウォーターフロント。水辺をイメージした駅で、明るいブルーがアクセントになっている。

 パブリックアートは“海─LIVING SEA─”。神話に登場する海神・ポセイドンの子、トリトンの姿が描かれている。

 “勝どき”の地名の由来は、築地と勝どきに設けられた“かちどきの渡し”から。街のシンボルである勝鬨橋が1940年に架橋された。

 海が好きで、穏やかな時をマイペースに過ごす。明るい性格だが、不思議発言も多く、掴みどころが無い雰囲気。

 気が向いた時にはマリンスポーツやフットサルを楽しむ。神話や星座にも興味があるロマンチスト。

『ミラクル☆トレイン』作品概要

 駅を“美形男子”に擬人化し、萌えと鉄を融合させたニュープロジェクト。

 『ミラクル☆トレイン』は、地下という大きな宇宙を走る架空の電車。

 “noruca”というICカードで『ミラクル☆トレイン』に乗り込むと、美形男子に擬人化した駅たちがあなたを迎えてくれます。

 彼らは、駅の歴史や、タウン情報などを教えながら、あなたを優しくエスコートしてくれます。2009年2月より公式サイトにてコミック&ノベルを連載。

 テレビ東京ほかにてTVアニメ化されたほか、3度に渡って舞台化を展開した人気コンテンツです。

キャスト(敬称略)
六本木史(声優:KENN)
都庁前(声優:杉田智和)
新宿凛太郎(声優:置鮎龍太郎)
汐留行(CV:梶裕貴)
月島十六夜(声優:小野大輔)
両国逸巳(声優:森田成一)
とくがわ(声優:石田彰)
ほか

(C)Miracle Train Project