合法的にキスできる場面で主人公は…? 『隣のキミであたまがいっぱい。』2巻

ライオン松本
公開日時

 ちょっぴり不思議なラブコメ『隣のキミであたまがいっぱい。2』(著者:城崎、イラスト:みわべさくら)が、MF文庫J(KADOKAWA)から5月25日に発売されます。

 主人公:北斗と偶然、同じクラスになった如月那緒は、他人の思考が勝手に読めてしまうらしく、彼女の頭の中は常に雑音だらけ。しかし、北斗の隣にいる間だけはその能力は限定されるようで……。

 不思議な能力を持つ少女と送るドキドキいっぱいの青春ラブコメ作品です!

あらすじ:キスとか、しますか?

 「能力を阻害できる人間が、その能力を持った人間とキスをする」

 それが周囲の思考が聞こえてしまう私・如月那緒の煩わしい力を解決する方法だそうです。

 しかしこの方法も完璧ではなく、キスした相手の思考だけは聞こえるままらしく……。

 つまり北斗さんが私にキスしてくれれば、私は雑音から解放され、二人の関係も特別なまま。

しかも北斗さんは合法的に私にキスが出来る。まったくもって何の問題もないですね。

 だというのに、北斗さんときたら「他の方法を探そう」とヘタレなことを。

 ここは告白して、そっとキスする場面だと思うのですが! 早く告白してずっと隣にいてくださいね?