PS4/Switch/Steam『ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン: リマスタード』を先行レビュー!

Ak
公開日時

 6月11日にプラチナゲームズよりPS4/Nintendo Switch、およびPC(Steam)で発売される『The Wonderful 101: Remastered(ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン: リマスタード)』を、先行レビューします。

 本作は、2013年8月24日に発売されたWii U用タイトル『The Wonderful 101』に、画質の向上や操作性の最適化などを行ったリマスタータイトル。

 現行ハードでの発売を目指すKickstarterによるクラウドファンディングが反響を呼び、24時間で目標金額を大きく上回る1億円を達成したことでも注目を集めました。

 ここでは本作のPS4版を、Wii U版未体験のプレイヤーの視点から先行レビューします。

 なおリマスター版では、画質やフレームレートの向上に加えて、Wii Uのゲームパッドにあたる操作パネルを画面上に表示できるようにするなど、操作性も改善。

 また、一部の重要な“ユナイト・モーフ”が序盤から安価で購入できるなど、遊びやすさを重視したいくつかの調整もされています。

軽快かつ幅広いアクションは非常に戦略的

 本作は多数のヒーローたちを引きつれて強敵に挑む、正統派アクションゲーム。救出したヒーローや民間人たちを自分たちの戦力とし、強力なアクションを繰り出せるようになります。

 膨大な数の仲間を連れていくため、画面は少々手狭な印象も受けますが、操作は軽快で、動かしていて気持ちいいですね。

  • ▲ステージ上で民間人や仲間のヒーローを見つけたら、そのまま救出して戦力に!

 本作の最大の特徴は、右スティックを動かして図形を描くことで、ヒーローたちが合体して強力な武器を作り出せる“ユナイト・モーフ”という斬新なシステム。

 もともとはWii Uのゲームパッドに対応したシステムでしたが、コントローラの右スティックでも問題なく図形を描けます。

 “ユナイト・モーフ”で作り出せる武器は、拳、剣、銃などさまざま。それぞれ対応できる状況や敵が異なるので、使い分けていくのが楽しいです。

 大きく図形を描くほど大きな武器を作り出せるのも重要なポイント。敵のスキを見つけて大きな武器を作り出して、強力な一撃を浴びせるのが大事です。

  • ▲個人的には、広範囲をなぎ払う剣の“ユナイト・モーフ”がお気に入り。ズバ! ズバ! とぶった切る感触が気持ちいいです。

 “ユナイト・モーフ”は武器だけでなく、鎖を崖にかけて移動可能にする“ユナイト・チェイン”や高所から滑空できる“ユナイト・グライダー”など、多彩な活用法があります。

 序盤からできることが多いだけに、コツをつかむのに少々時間がかかりますが、状況に合わせて自在に“ユナイト・モーフ”を使い分けられるようになってくると、俄然楽しくなってきますね。

  • ▲敵の攻撃を跳ね返す“ユナイト・ガッツ”の重要性に気付けると、一気に戦闘がラクになります。

ベタながらヒーローものの王道を突っ走るストーリー展開

 本作のストーリーは、王道のヒーローものの展開を踏襲しており、ノリは実にコミカル。キャラクターデザインはなつかしさを感じさせるもので、イベントシーンなどでのキャラクターの動きは楽しくて、ストーリーを進めるほど愛着が湧いてきます。

  • ▲ふだんは民間人に紛れながら、ピンチのときには人々を助けるヒーローに変身するという主人公たちの設定も、王道中の王道!

 仲間になるキャラクターはみな個性的で、ヒーローが増えるごとに掛け合いが楽しくなってきます。主人公のワンダ・レッドは理想のヒーロー像を体現したような誠実でまじめな性格ですが、仲間たちはなかなかクセの強い奴らがそろっています。

 ストーリー展開はスピーディーかつダイナミック! 王道を気持ちよく突っ走ります。でかい敵に集団で挑む構図は、つねにクライマックス感があって盛り上がりますね。

 ムービー中にはQTEも。ふだんは個人的に苦手なQTEですが、ピンチを間一髪で脱出するスピード感が味わえるので本作では楽しめました。コマンドも簡単で、リトライも直前から行えるのでノンストレス!

  • ▲“ユナイト・モーフ”で武器を作り出してピンチを脱するシーンがカッコいい!

カスタマイズで戦略の幅が広がる

 プラチナゲームズ作品にはおなじみの、豊富なカスタマイズ要素は本作でも健在。ステージ開始前に“ワンダフルマート”でさまざまな要素の開放が可能です。

 中でも新たな“ユナイト・モーフ”の開放は最重要! 同じステージであっても、“ユナイト・モーフ”の種類が増えることで新たな攻略法が生まれるので、繰り返しプレイも楽しくなります。

 消費アイテムやカスタムブロックの購入や、スキルの取得も可能。効果はかなり大きいので、難しいと感じたらカスタマイズに頼ると攻略がグッとラクになります。

  • ▲カスタムブロックはパッシブスキルのようなもので、基本的な能力を向上させられます。

基本的な敷居は高いものの、通好みの革新的なゲーム性

 ビジュアルから低年齢向け作品という印象を受ける人もいるかもしれませんが、本作の難易度はなかなか高め。難易度はベリーイージーまで下げられるものの、操作自体が複雑なので、コツをつかむまではザコにも苦戦するかもしれません。

 序盤から多くのアクションが繰り出せるものの、チュートリアルだけでは多くを覚えることはできず、アクションゲームに慣れたプレイヤー向けという印象も受けました。習うよりも慣れろ! といった設計かもしれません。

 敷居が高めなぶん、そこを乗り越えたときの楽しさと新鮮な感覚はひとしお。大作ゲームと遜色ないボリューム感と革新性を備えた意欲作なので、ぜひ“新しい”アクションゲームを求めるゲーマーにこそプレイしてほしい作品です。

  • ▲敵の予備動作を読む、“ユナイト・ガッツ”で攻撃を跳ね返す、大きく図形を描いて巨大な武器を作り出すといったポイントを押さえれば、グッと戦闘がラクになって楽しさを実感できます。

(C) PlatinumGames Inc.

The Wonderful 101: Remastered(ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン: リマスタード)

  • メーカー:プラチナゲームズ
  • 対応端末:PS4
  • ジャンル:アクション
  • 発売日:2020年6月11日
  • 希望小売価格:4,980円+税

The Wonderful 101: Remastered(ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン: リマスタード)

  • メーカー:プラチナゲームズ
  • 対応端末:Nintendo Switch
  • ジャンル:アクション
  • 発売日:2020年6月11日
  • 希望小売価格:4,980円+税

The Wonderful 101: Remastered(ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン: リマスタード(ダウンロード版)

  • メーカー:プラチナゲームズ
  • 対応端末:PS4
  • ジャンル:アクション
  • 配信日:2020年6月11日
  • 価格:3,980円+税

The Wonderful 101: Remastered(ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン: リマスタード(ダウンロード版)

  • メーカー:プラチナゲームズ
  • 対応端末:Nintendo Switch
  • ジャンル:アクション
  • 配信日:2020年6月11日
  • 価格:3,980円+税

The Wonderful 101: Remastered(ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン: リマスタード(ダウンロード版)

  • メーカー:プラチナゲームズ
  • 対応端末:Steam
  • ジャンル:アクション
  • 配信日:2020年6月11日
  • 価格:3,980円+税