【創の軌跡キャラ考察】クロスベル警備隊の才媛・ミレイユの恋の行方は? 近藤社長コメント付き

アツゴロウ
公開日時
最終更新

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 クロスベル警備隊員として任務を忠実にこなすかたわら、想い人であるランディの帰還を喜ぶミレイユ。そんな彼女に降りかかる試練とは……?

ミレイユ二尉(声優:中原麻衣)

 「まったく、いつも遅いのよ。……馬鹿ランディ」

 ソーニャ司令のもとで数多くの隊員をまとめている、クロスベル警備隊の優秀な女性士官。

 クロスベル占領期は、教官として帝国のトールズ第II分校に赴任した元同僚のランディを案じつつも、クロスベル各地に潜伏していた警備隊メンバーを率いて地道なレジスタンス活動を続けていた。

 クロスベル解放後は、警備隊の再編に伴い三尉から二尉へと昇進。任期を終えたランディが戻ってきたことを内心喜びつつも、相変わらず痴話ゲンカのようなやりとりをしてしまうらしい。

  • ▲警備隊の士官として、隊員たちを指揮。

 ミレイユは女性ながら、優れた指揮能力と戦闘能力を持ち合わせる警備隊士官。『零の軌跡』では准尉でしたが、『碧の軌跡』では三尉、そして『創の軌跡』では二尉と、その有能さに見合った昇進を重ねています。

 再独立調印式を迎えたクロスベルでは、エレボニア帝国の衛士隊の反乱をはじめ、さまざまな事件が起こるようです。そんな事態に、ミレイユも部隊を率いて立ち向かう模様。ミレイユの指揮の冴えを早く見たいものです。

 状況的に戦いは避けられないでしょうし、もしかしたらミレイユをプレイアブルキャラクターとして使える場面も? 彼女のバトル参戦は今までなかったので、もしそうなら大歓迎です! 美しくも勇ましく戦うミレイユの姿をこの目に焼き付けたい!!

 ミレイユといえば、やはり気になるのは《特務支援課》のランディとの関係。2人は警備隊の元同僚で、ミレイユはランディに好意を持っているものの、ツンデレな性格が災いしてなかなか素直になれません。ランディもミレイユとは気心の知れた仲ではありますが、「付き合っているわけではない」と言い張っています。

  • ▲ランディの人物事典に、ミレイユとの関係が記載。写真は『閃の軌跡IV』のものです。
  • ▲ミレイユを案じるランディ。

 以前に公開された写真では、ミレイユのことを心配するランディの姿が確認できました。はたしてミレイユの身に何か……? もしミレイユが危機的な状況にあるなら、それをランディが助ける、という王道展開を期待したいところ。そうなれば2人の距離も一気に近づくはず!?

  • ▲「帝国に戻る」というランディの話を聞いて動揺。

 新着の写真では、ランディの今後について言い争っているようです。帝国からクロスベルに戻ったばかりのランディが、再び帝国へ行く理由は気になるところ。またトールズ第II分校で教官をやりたい気持ちが残っているのでしょうか?

 とはいえどんな理由にせよ、ランディの帰還を喜んでいたミレイユが動揺するのは当然のこと。もし2人の関係に変化が訪れるなら、この言い争いもきっかけになりそうです。

ミレイユ OnePoint PlayBack

 初登場したときのミレイユは、クロスベル市の西にあるベルガード門に勤務。当時の警備隊のトップだった司令はかなりの無能で、彼女が代わりに部隊をまとめ上げていました。

 ミレイユは『零の軌跡』の物語が始まる前にランディと出会いますが、彼はある問題を起こし、司令からクビを言い渡されてしまいます。ですが、処分が不当だと感じたミレイユは、当時の副司令のソーニャに、処分取り消しの嘆願書を提出。この行動をきっかけに、ランディは《特務支援課》に配属されることになったのです。

 そんな縁もあって、互いを憎からず想い合うようになったミレイユとランディ。ですが素直になれない2人が顔を突き合わせれば、不真面目なランディとそれをしかるミレイユ、という展開が繰り返されます。

 そのときに必ずミレイユが言うのが、今回公開されたセリフにもある「馬鹿ランディ」呼び。シリーズファンにとっては、もはやミレイユの代名詞とも言えるこのセリフを聞くたびに思うのです。「ツンデレって最高だな」と(笑)。

  • ▲「大馬鹿ランディ」「ぼけなすランディ」など、バリエーションも豊富。写真は『碧の軌跡 Evolution』のものです。

 『閃の軌跡IV』でのミレイユは、表立って登場することはありませんでしたが、クロスベルでのレジスタンス活動を経て、世界大戦を止めるために戦う《光まとう翼》に賛同。独立遊撃部隊の一員として、命がけで戦っていたことが確認されています。

  • ▲上司のソーニャ司令とともに戦列に参加。写真は『閃の軌跡IV』のものです。

 また世界大戦の前夜には、ランディがミレイユと通信するシーンも。もちろん「馬鹿ランディ」呼びもバッチリありました。以前よりも少しだけ積極的になった、ミレイユのセリフに注目です!

  • ▲通信越しのキッスなら許容範囲? 写真は『閃の軌跡IV』のものです。

 クロスベルに迫る危機とランディとの恋模様。2つの大問題を抱えたミレイユがどう立ち回るのか? それが『創の軌跡』における彼女の見どころといえるでしょう。願わくば、どちらもハッピーエンドで終わってほしいものですが、そこはプレイしてみてのお楽しみ。いちミレイユファンとして、発売日を期待して待つのみです!

日本ファルコム近藤社長コメント

 『閃の軌跡』シリーズではランディ教官が連絡を取り合っている相手として間接的に情報がでていましたが、シリーズ本編に登場するのはダドリーと同じく『碧の軌跡』以来になります。

 『碧』の頃より更に昇進した彼女はクロスベル解放~再独立にかけて多くの警備隊員を動かす指揮官のような立場として描かれる一方、ランディとの関係についても触れられていくことになります。

 特に、本作では二人にとって試練ともいえるような状況が訪れるので、この作品を終える頃に二人がどうなっているか…という点にも注目して欲しいですね。


電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]オリジナル衣装DLC&ダイナミックテーマ(内容未定)

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2014 CHARA-ANI CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED./
(C)2011 NIHON FALCOM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税