【創の軌跡キャラ考察】破天荒博士・エリカ襲来。あの遊撃士に危機が迫る? 近藤社長コメント付き

アツゴロウ
公開日時

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 行動も発想も、何もかもが破天荒な導力学者エリカ。リベール王国からやってきた彼女が、さらなる技術の発展と、娘に近付く悪い虫の排除に奔走する!

エリカ・ラッセル(声優:ゆきのさつき)

 「アガット・クロスナー専用カタパルトでリベールまでの空の旅を楽しみにしていることね、おーっほっほ!!」

 リベール王国・ツァイス中央工房(ZCF)の博士にしてトールズ第II分校に留学しているティータ・ラッセルの母親。

 導力革命の祖として知られるC・エプスタイン博士の三高弟の1人、ラッセル博士を父に持ち、導力学者としてのセンスやユニークな発想力は父親をも凌駕すると噂されている。

 かなり強烈な性格をしており、娘のティータを溺愛する一方、彼女と親しい間柄にあるアガットに対してはいつも敵意をむき出しにしている。

  • ▲ラッセル博士と同じ三高弟のG・シュミット博士とも親しげに会話。

 ラッセル博士の娘というだけでなく、自身も優れた導力学者として有名なエリカ。初登場は『空の軌跡 the 3rd』で、当時からZCF所属でしたが、バイタリティあふれる彼女は研究開発のため、ゼムリア大陸中を回っていました。エレボニア帝国有数の導力工学者である、シュミット博士と面識があるのも当然のことでしょう。

 エリカの研究に対する情熱はすさまじいものがあり、ラッセル博士を相手に研究成果や技術論をめぐって口論になることも珍しくありません。そんなエリカが、何の目的でシュミット博士に会っているのかは、非常に気になるところです。

  • ▲エリカとラッセル博士の口論は、ほぼ毎回取っ組み合いのケンカに発展するほど白熱。写真は『空の軌跡 the 3rd Evolution』のものです。

 2人とも気難しい人物ですが、互いの導力学者としての実力は把握しているでしょうし、エリカの愛娘・ティータがシュミット博士に師事しているという縁もあります。2人が協力体制を結ぶという展開も、十分あり得るでしょう。エリカとシュミット博士のコンビなら、とんでもないものが生まれそうで少しコワいですが……(汗)。

  • ▲まるで帝国の“呪い”を思い起こさせるような、黒いオーラをまとう。行き過ぎた母の愛の成せる業!?

 エリカのティータへの溺愛ぶりには拍車がかかっているようですが、そのぶんティータと仲のいいA級遊撃士、アガット・クロスナーへの敵意もさらに増している模様。ティータとアガットの仲は『閃の軌跡IV』の戦いで以前よりも深まっていますし、エリカも本腰を入れて対処してくるかもしれません。はたしてアガットの運命やいかに!?

  • ▲以前からアガットのことはカワイイ娘に近付く悪い虫と認識し、殺意にも似た敵意を向けていた。写真は『空の軌跡 the 3rd Evolution』のものです。

 ちなみにエリカは、ティータはもちろんですが、基本的にカワイイ女性に目がない人でした。アガットに敵意を向けている写真には《特務支援課》のティオもいますが、彼女にも反応しそうなところ。クロスベルやエレボニア帝国にいるほかの美女&美少女に、エリカが会ったときの反応も楽しみです。

  • ▲七耀教会のシスター・リースには初めて会ったときに撃沈。リベール王国王室親衛隊のユリアは、彼女が士官学校にいたときからのファンとのこと。写真は『空の軌跡 the 3rd Evolution』のものです。

エリカ OnePoint PlayBack

 『空の軌跡FC』『空の軌跡SC』で描かれた《リベールの異変》が起きていたときは、エリカは夫のダンとともに、リベール王国外で活動していました。ですが《リベールの異変》で故国だけでなく愛するティータに危機が迫っていたことを知り、すぐさま帰国。ティータの無事も確認します。

  • ▲ティータの溺愛ぶりがひと目でわかる、激しい抱擁シーン。写真は『空の軌跡 the 3rd Evolution』のものです。

 帰国の理由はアガットの魔の手(?)からティータを守ることも含まれていましたが、本命は人型兵器を開発する《オーバルギア》計画を推進するため。この計画は《リベールの異変》の裏で暗躍した結社《身喰らう蛇(ウロボロス)》の高い技術力、とくに巨大人形兵器《パテル=マテル》に対抗し得る兵器を開発し、国防に活用するのが目的でした。

  • ▲《パテル=マテル》のスペックに脅威を感じ、《オーバルギア》計画に着手。写真は『空の軌跡 the 3rd Evolution』のものです。

 《パテル=マテル》の操縦者である執行者の少女・レンと、一時的にとはいえ友情を通わせたティータは、レンと向き合うために《オーバルギア》開発への参加を申し出ます。

 これに対して、エリカは《オーバルギア》は兵器で、その開発は人を傷つける道具を作ことにほかならないと指摘。そんな計画にティータを参加させるわけにはいかない、と申し出を拒否します。このあたりはティータを大切に思いつつも、覚悟のない者を兵器開発に参加させないという、エリカの信念が感じられました。

  • ▲兵器開発の宿命を知りつつも、腹をくくって前に進む覚悟が学者には必要だと語る。写真は『空の軌跡 the 3rd Evolution』のものです。

 ですが、最終的にはティータの本気の覚悟を受け止め、彼女を加えたラッセル家の総力を結集して《オーバルギア》計画は進められるのでした。なお《オーバルギア》のテストにかこつけて、エリカがアガットをいたぶろうとすることも……。アガットの苦難も、まさにここから始まったわけです。

 《オーバルギア》計画自体は、『閃の軌跡IV』でティータが作った《オーバルギアIII》で、一応の完成を見たと思われます。『創の軌跡』にエリカが出るということは、この発展型を作ってくれるかも?

  • ▲《オーバルギアIII》に乗り、バトルに参戦するティータ。写真は『閃の軌跡IV』のものです。

 行動も思考も予想がつかないエリカのこと。まったく別の計画を手がけている可能性もあるでしょう。いずれにせよハイクオリティな作品が出来上がるのは間違いないので、その動向に注目したいです。それと、個人的にはエリカが大きな実験の前に必ず行うという“成功音頭”を、『創の軌跡』でもぜひ見たい!

  • ▲その奇行ぶりに、所見のアガットがドン引きした“成功音頭”。写真は『空の軌跡 the 3rd Evolution』のものです。

日本ファルコム近藤社長コメント

 『軌跡』シリーズ本編には『空の軌跡the 3rd』以来、久々の登場となるエリカ博士ですが本作ではズバ抜けた才能を持つ一人の導力学者として劇中の様々な技術者たちとの交流が描かれることになります。

 溺愛する一人娘・ティータの母親として宿敵アガットとのやり取りもしっかり(?)描かれていますので、ご期待ください。

 ちなみに、以前からZCFとエプスタイン財団の技術部門が協力関係にあったこともあり、クロスベル支部の主任を務めているティオとは顔見知りのようですね。


電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]衣装DLC“フェアリードール まじかる☆ラピス”&オリジナルダイナミックテーマ

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2016 Chara-Ani Corporation. All rights Reserved
(C)Nihon Falcom Corporation

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税