電撃の旅団『FFXI』攻略第398回! 帰ってきた旅団パラダイス♯1“狩り場まで1時間はホント!?”

電撃オンライン
公開日時

 スクウェア・エニックスが運営するMMORPG『FINAL FANTASY XI(ファイナルファンタジー11)』(以下、FFXI)。電撃PS誌上で『FFXI』の攻略班として活動していた“電撃の旅団”が、電撃オンラインにて引き続き『FFXI』の記事を担当します。

 今回は数々の謎企画を生んできた“旅団パラダイス”もついに復活! 電撃オンラインに活動の場を移し、装いも新たにやりたい放題していきます。

■電撃の旅団メンバー紹介

 “電撃の旅団”とは、電撃PlayStationの編集&ライターで結成された『FFXI』の攻略班。ちなみに下の3人以外にも、いくつもの修羅場をくぐってきた精鋭が存在するとかしないとか。いや、いる。

  • ▼団長……なんだか急に、昔追い求めていたNMさんたちに会いたくなってきたようです。
  • ▲Haruhi……電撃PSが終わっても電撃オンラインで『FFXI』の記事を執筆!
  • ▼Kitty……家から出ないほうがいいご時勢なので、家族の目を気にせずヴァナ・ディールに引きこもる。

18周年企画は、旅団パラダイスにお任せ!!

 電撃の旅団の攻略企画が復活したということは、やはりこの“旅団パラダイス”も復活しないとね!

 ページ数という制約から解き放たれた我々を縛るものは何もない! しかも今月はちょうど18周年の節目だし、周年企画と言えば“旅団パラダイス”をやらないとだ!

 それで今回は何をするのですか? まさかまたバンジージャンプです?

 飛びたいなら止めないけど?

 今回はウチが個人的に気になったことを調べてきたから、それを記事にしてみたよ!

おぼえていますか? あの狩り場まで徒歩何分

 『FFXI』の話が出ると、“レベル上げパーティを組むのに1時間、狩り場までさらに1時間”みたいなの聞くじゃない?

 たしかに今は休んでいるプレイヤーのみなさんがそういう話をしているのを、何度か見たことはありますね。

 ということで“実際に狩り場までどれぐらい時間がかかったのか”が気になったので、調べてきたのですよ。

 久しぶりに旅団パラダイスっぽい企画だ(笑)。

 なんとなく遠そうな狩り場をいくつかピックアップして、行ってみたよ!

【ルール】
・スタート地点はパーティ集合現場のジュノとする
・計測はジュノからエリア移動し、ブラックアウトした瞬間からスタート
・移動手段は当時のメジャーな手段を踏襲し、移動速度アップの装備は使用禁止
 (例:龍王ランペールの墓への場合、テレポホラ→チョコボサービス)
・キャンプ地についたら計測終了

注1:2013年12月11日のバージョンアップで移動速度がアップしているため、当時よりも移動時間は短くなっています。
注2:2010年12月7日のバージョンアップでインビジやスニークの最大効果時間が長くなり、かけ直す回数が減っているため、当時よりも移動時間は短くなっています。

【エントリーNo.1】ウルガラン山脈(G6)……11分56秒

 ウルガラン山脈のなかでも、メリットポイントの狩り場一番人気のデーモン族の広場が混んでいた場合に利用していた場所。このエリアはマップの外周を移動するぶん移動距離が長い。

  • ▲知覚遮断魔法を見破るタウルス族を回避しそこなうと、さらに移動に時間がかかった。
  • ▲タウルス族に気をとられて、落とし穴に落ちてしまうなんてことも!
  • ▲モンスターに襲われなければかなり早く着いた、一番奥の混雑回避狩り場。ここをキャンプ地とする!

【エントリーNo.2】テリガン岬(F5)……12分00秒

 レベル72付近のレベル上げで使われた狩り場で、突風の回廊への入口。テレポルテでワープしたのち、西アルテパ砂漠→クフタルの洞門→テリガン岬と移動していた。

  • ▲テレポルテのために白魔道士にジョブチェンジした人の「ラバオで着替えて向かいますねー」の声が聞こえてきそうな西アルテパ砂漠。
  • ▲レベル上げパーティでにぎわっていた通称“アメミット広場”は、知覚遮断魔法のかけ直しポイント。
  • ▲テリガン岬のそこかしこにレベル上げパーティが見られた。このあたりでゴブリンの爆弾投げに巻き込まれたのもいい思い出。

【エントリーNo.3】龍王ランペールの墓(E8)……12分16秒

 モンクを中心としたメリットポイント稼ぎに使われたエリア。テレポホラから、西ロンフォール→東ロンフォール→龍王ランペールの墓とチョコボで移動していた。

  • ▲テレポホラでラテーヌ高原からチョコボで向かうことが多かった。タゲおk^^
  • ▲安全な地上でスニークをかけてから地下へと降りたもの。
  • ▲謎の装置のある隠し通路をスタートとし、ドーナツ状の通路をひたすら走り回る!

【エントリーNo.4】龍のねぐら(F9)……15分57秒

 レベル70付近のレベル上げ用狩り場。テレポメア→メリファト山地→聖地ジ・タ→ボヤーダ樹→龍のねぐらと、横断するエリア数が多いうえ、ボヤーダ樹の中もかなり広い。

  • ▲ボヤーダ樹やトゥー・リアに行く人で高騰していたレンタルチョコボ。
  • ▲坂の上の広場の西の滝を下りて、隣のマップへ。
  • ▲最後のマップではアクティブなモンスターに加えて、段差から落ちないように注意。

【エントリーNo.5】ル・アビタウ神殿(G10)……27分00秒

 レベル72ぐらいのレベル上げで使われていた狩り場。龍のねぐらと同様に聖地ジ・タまで移動し、そこからロ・メーヴ→神々の間→ル・オンの庭→ル・アビタウ神殿と移動する。

  • ▲最初のスニーク1回でロ・メーヴを抜けられたら運がよかった。
  • ▲ル・オンの庭についてからも、北東の入口への移動だけでもかなりの距離。
  • ▲扉を開くためのMonolithの近くに、NMのFaustがいることも。

 ということで、なんとなく遠そうなエリアへの移動時間を計ってみたけど、トゥー・リアが一番遠いみたい。

 ミッションも進めないと行けませんでしたし、取り合いの少ないいい狩り場でしたよね。

 移動速度が今より遅かったんだから、昔はこれよりもさらに時間がかかってたってことだよね?

 ですねー。ル・アビタウ神殿なんかは、やはり1時間近くかかってたのでしょうね。

 そんな移動時間の会話とかが楽しかったね。そのあいだに技連携の相談とかしたりね!

 これを見て、もっと遠いところがあるかもってチャレンジしたくなりますね。

 ちょうど今は“ウェルカムバックキャンペーン”をやってるから、今は休んでるって人も昔を懐かしんでぜひチャレンジしてみてください!

 アカウントとか忘れちゃった、って人は、“ディスカウントキャンペーン”もやっているので、新規で始めてチャレンジしてみるのもいいかもね!

ウェルカムバックキャンペーン
開催期間:2020年5月15日(金)17:00~5月25日(月)17:00

ディスカウントキャンペーン
開催期間:2020年5月15日(金)17:00~5月29日(金)17:00

  • ▲今回の計測で30分近くかかったル・アビタウ神殿。便利なホームポイントのワープが実装されてからは、ジュノから10分もかからず到着可能に!

次回もお楽しみに!

(C)2002-2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
LOGO ILLUSTRATION: (C)2002 YOSHITAKA AMANO
/イラスト 江本聖

ファイナルファンタジーXI

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 対応端末:Windows
  • ジャンル:MMORPG
  • 配信日:2002年5月16日
  • 価格:(※)+30日間\1,180(+税))
※『アドゥリンの魔境』Windows版(パッケージ版=オープン価格 ダウンロード版=\998/税込)、『ファイナルファンタジーXI ヴァナ・ディール コレクション4』Windows版(パッケージ版=\6,091/税込 ダウンロード版=\5,602/税込)は、e-STORE限定販売