改めて感じた『ベヨネッタ』の魅力。さまざまな武器と魔術を使うアクションに見惚れる

シュー
公開日時

 セガから5月28日に発売された、PS4用ソフト『BAYONETTA&VANQUISH』。その魅力を紹介していきます。

 本作は、PS3/Xbox 360で発売された、∞(ノンストップ)クライマックス・アクション『BAYONETTA(ベヨネッタ)』とシューティング・アクション『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の2タイトルが10周年を迎えることを記念して、1本にまとめたタイトルです。

 今回はセクシー&クライマックス『BAYONETTA(ベヨネッタ)』の魅力を紹介していきます。

『ベヨネッタ』オリジナル動画

体術と魔術を巧みに操る∞アクション!

 本作は魔女ベヨネッタを操作して、天使たち相手に華麗に戦う∞クライマックス・アクション。彼女の戦い方は非常に変わっていて、手足にそれぞれ異なる武器を装備し、パンチとキックの組み合わせで流れるように、そして派手なコンボを繰り出すのが特徴です。

 ベヨネッタの武器は両手両足に装備できる4丁の大型拳銃“スカボロウ フェア”をはじめ、日本刀のような“妖刀 修羅刃”や大蛇のようなムチ“クルセドラ”、スケート靴に氷の刃がつけられた“オデット”など、名前から武器種まで個性豊か。

 武器はそれぞれ攻撃時にボタンを長押しすることで特殊な攻撃ができ、銃系の武器なら攻撃しながら銃弾を放てます。

 そして体術とともに繰り出される魔術の数々。敵の攻撃を紙一重で回避することで時間の流れが遅く感じられるようになる“ウィッチタイム”を発動させます。自分だけが高速移動ができ、この隙にコンボを叩き込むほか、水上を走り抜けることが可能です。

 彼女の魔力が高まっている時に繰り出せる必殺の拷問技(?)が“トーチャーアタック”。アイアンメイデンやギロチン、チェーンソーなど、凶悪極まった器具の数々で天使を葬ります。ユニークさとバイオレンスが合わさったベヨネッタらしいアクション。

 コンボを続けていると自身の髪の毛を触媒に魔人の手足を召喚する“ウィケッドウィーブ”が発動します。非常に強力かつ、攻撃範囲も広いので天使を一網打尽にできる大技。装備している武器によっては魔人の手足以外のものも召喚する凝った演出を楽しめます。

 大型のボスにトドメを刺すクライマックス時には、大魔獣召喚を行います。獣のような大魔獣もいれば、複眼の怪鳥を召喚したりと、種類もさまざま。

 また特定の敵は倒した際に所持している武器を落とします。これらの武器は魔女の(乱暴な)扱い方には耐えられないのか、数回で壊れてしまうものの、非常に強力な攻撃が可能です。

クライマックスなシチュエーションの数々

 本作の魅力は戦闘だけでなく、戦う場所やシチュエーションのおもしろさも魅力の1つです。魔女の力を駆使して壁や天井に立って戦ったり、落ちる瓦礫の上で戦闘したりと魔術を存分に発揮してくれます。

 彼女にかかれば車の上で戦うことも、バイクに乗って戦闘することも造作もないのです。

 大型のボスとのバトルは大迫力の一言。ステージを破壊するほどの攻撃を繰り出してくるので、ステージギミックを使いつつ、全力の一撃をお見舞いしてあげましょう。トドメはもちろん、クライマックスの大魔獣召喚で。

コンボと武器の組み合わせが∞!

 ベヨネッタが使うアクションは少し変わっています。それはパンチとキックの組み合わせでコンボが成り立つことです。P(パンチ)K(キック)で表すと、PPKやPPPK、PKPといった感じです。

 一見すると格闘ゲームっぽさがあるのですが、ほとんどのコンボはどの武器との組み合わせでも成立。パターンさえ覚えてしまえば、どの武器でも応用が利きます。

 武器の組み合わせが自由な所はいい点です。先ほど説明したほうにコンボが汎用性のある仕組みなため、コンボの扱いにくさの有無がなく、自分の好みの武器を装備できるのがうれしいですね。

 個人的には刀が好きなので“妖刀 修羅刃”を使いがちなのですが、“スカボロウ フェア”をはじめ銃系の武器は手足に装備できるため、どの武器とも組み合わせやすいのが利点です。少し離れた相手や近づきにくい相手に対しても有効打になるため、どの敵が相手でも頼りになりますね。

 敵を引き寄せる“クルセドラ”や爆弾を設置できる“ドゥルガー”と固有アクションもさまざま。これらを攻撃の合間に交えていく、コンボを組み立てる楽しさが魅力ですね。難しいコマンドがないので、思い付いたものをすぐ実行できるのが特徴です。

記憶のない魔女×襲い来る天使×世界観

 「自分の素性が思い出せないベヨネッタだが、戦いの記憶は体が覚えていた」……そんなストーリーで始まる世界観も魅力の1つです。行く手を阻む天使たちは、僕らの想像しているような天使像とは少し違った雰囲気を持っています。

 彼女は人間たちから知覚されない、人間界の外にずれた狭間の世界(プルガトリオ)を移動することができ、その際は人間が「何かが通った?」という反応をするのがおもしろいです。

 人間からは見えないけれど、人間界の物体には影響を及ぼせる世界で、天使たち相手に派手に暴れるのですから、街はめちゃくちゃ。人間だけが割りを食ってる構図。でも人間たちを完全に無視しているわけではなく、時には彼らのために動くのがベヨネッタスタイル。決める所ではちゃんと本気を出す姿っていいですよね。

 ストーリーの演出もシャレていて格好いいのがプラチナゲームズ流。フィルムのような会話シーンから映画のような台詞まで、シャレの効いた場面がいくつもあります。なかには、あの有名ゲームのパロディも……。そういった細かな所を探すのもだいご味かもしれませんね。

 発売から10年を経て復活した名作アクション。独自のコンボの組み立てや魔術の数々が好きな人も、体験していなかった人も、この機会にぜひ!

(C)SEGA

BAYONETTA&VANQUISH

  • メーカー: セガ
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 2020年5月28日
  • 希望小売価格: 3,990円+税