『一騎当千エクストラバースト』レビュー。オールスターの豪華さに加えて初心者も楽しめる内容に

カワチ
公開日時

 マーベラスが5月25日に配信予定のiOS/Android用新作ゲームアプリ『一騎当千エクストラバースト』。本作の先行レビューをお届けします。

 『一騎当千エクストラバースト』は人気アニメ『一騎当千』に登場する美少女闘士を操作するゲーム。記憶喪失の主人公が、原作おなじみの闘士と出逢いながら、謎の敵に立ち向かっていくストーリーとなっています。

 配信に先駆けて、本作をプレイしたのでその魅力を掲載していきます。

シリーズを知らない人でも楽しめる設定

 先ほど記したように、原作でも人気の闘士が多数登場するということで、ファン必見の内容となっています。それと同時に、主人公が記憶喪失で何もわかっていない状態であるため、世界観やキャラクターについて違和感なく解説してもらえます。

 そのため、『一騎当千』シリーズを知らない人が本作をプレイしても問題なく楽しむことができます。

 また、メインストーリーだけでなく、各キャラクターとの交流が描かれる絆エピソードも収録されており、個々のキャラクターの魅力がしっかり掘り下げられています。それぞれのキャラクターのファンもうれしい限りですね。

 基本はオートで進行するので、他の作業をしながらでも手軽に遊べます。総勢12人の闘士でパーティを組むことになり、派手な画面を見ているだけでも楽しいです!

 各闘士は通常の攻撃の他にEB(エクストラバースト)という強力なスキルを持っています。EBゲージを消費して使用でき、ゲージは攻撃したり攻撃を受けたりすることで溜まっていきます。

 EBは画面をスワイプすることで使用可能。プレイヤーが任意で発動することになるので、強いボスが出てきた時に発動したり、戦闘不能になる前に使用しておいたりと戦いに戦略性があります。

 メインのストーリー以外にフリークエストがあり、“自動周回”や“戦闘スキップ”といった機能もあり、手軽にキャラクターを育成することも可能になっています。

闘士の組み合わせが楽しい編成

 新しい闘士は“龍玉”というアイテムを消費してガチャでゲットする方式です。同じキャラクターをゲットした場合はスキルのレベルが上がります。低レアリティのキャラクターはパラメーターが低い代わりにスキルが上がりやすいというメリットがあります。

 また、SSR以上は立ち絵のイラストがめっちゃ揺れます。“なにが揺れるか”、みなまで言いませんが、揺れます!

 闘士はシリーズからさまざまなキャラクターが登場。女性だけでなく男性キャラもしっかり参戦しています。どのキャラクターもグラフィックが美しく魅力的です。

 龍玉は課金の他に、ステージのクリア報酬やミッションの達成などで入手することができ、ゲームを進めるだけである程度たまっていくので、ちょくちょくガチャを回すことができます。

 バトルはステージによって現れる敵の属性が変わるため、有利な属性で挑んだほうが有利。そのため、必然的にいろいろな闘士を使うことになります。

 編成はコスト制のため、最初は自由に組むことができませんが、頭首(プレイヤー)のランクによって最大コストが上がるため、徐々に強力な闘士を編成できるように。コストが上がるたびに試行錯誤していくのが楽しいですね。

 能力がアップする“レベルアップ”や、付けられる装備の数が増える“魂強化”といった方法で闘士を強くすることができます。キャラクターのレベルはプレイヤーランクまでしか上げることができないため、ゲームのバランスが崩れることはありません。

 また、ギフトというアイテムを渡すことで親愛度を上げることが可能。ステータスが上がったり編成コストが少なくなったりするだけでなく、ボイスが解放されたり服がバーストブレイクしたりといいことずくし! お気に入りのキャラクターにどんどんギフトを贈りましょう!!


 今回はプレイできなかったのですが、リリース後には複数のユーザーで強力なボスに挑む“レイドバトル”が搭載されるとのこと。さらにやり込むことができそうなので、配信が待ち遠しいですね。

(C) 2019 塩崎雄二・少年画報社/一騎当千 WW パートナーズ (C)2020 Marvelous Inc.

一騎当千エクストラバースト

  • メーカー:マーベラス
  • 対応端末:iOS
  • ジャンル:美少女ハイパー大乱戦
  • 配信日:2020年5月25日
  • 価格:基本無料/アイテム課金

一騎当千エクストラバースト

  • メーカー:マーベラス
  • 対応端末:Android
  • ジャンル:美少女ハイパー大乱戦
  • 配信日:2020年5月25日
  • 価格:基本無料/アイテム課金