いざとなったら……殺っちゃっていいんだよね?(サリア)【FFBE幻影戦争名言集】

カワチ
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争(FFBE幻影戦争)』の名言集をお送りします。

 本作は、『ファイナルファンタジー』シリーズのタクティカルRPG最新作です。舞台は、ラピスの世界にあるアードラ大陸。古来よりクリスタルの伝説が語られるこの地で、覇権をめぐる幻影戦争の物語が始まります。

 今回は、“第4章 戦場の黒き薔薇 第3節 混沌 Battle3 道は二つ”より、ホルンの第二部隊≪壮麗≫に所属するサリアの名言をお送りします。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。


いざとなったら……殺っちゃっていいんだよね?(サリア)

 今回ピックアップするキャラクターは、ホルンの第二部隊≪壮麗≫に所属する黒魔道士のサリア。『ファイナルファンタジー』で黒魔道士というと深くかぶった三角帽子のイメージですが(古い?)、彼女は茶髪のかわいらしい女の子です。

 そんな彼女は兄のアドラードが大好きで、彼の背中を守るために黒魔道士になったという経緯があります。

 兄であるアドラードは≪壮麗≫を率いている冷静沈着な赤魔道士。同じシミュレーションゲームだった『ファイナルファンタジータクティクス』には赤魔道士というジョブは無かったので、ちょっと新鮮です。

 ホルンの王であるロブがフェネスの王であるムラガを警戒し、ムラガよりも先に古代の遺物を回収しようとしたところ、その役目に名乗り出たのがアドラートとサリア。

 ホルンとフェネスはクリスタル教会の仲介によって同盟関係になりましたが、リオニス勢を追撃するムラガがその目的を達成すると言うことは、モントが持っている二つの古代の遺物がムラガの手に渡ることになってしまうと言うこと。

 ムラガが大きな力を手にすることで、ホルンに対し牙をむく可能性も考慮し、ロブはアドラードたち≪壮麗≫に先手を打たせ、フェネスをけん制しようとしたわけです。



 アドラードはひとりで任務に向かおうとしますが、サリアも一緒に付いていこうとします。「ダメだ」と注意するアドラードに「ダメって言われてもついてく。だって兄様と離ればなれになりたくないもの。」と駄々をこねるサリア。兄好きの姿が可愛いです(笑)。



 リオニスに加勢してムラガを倒そうと提案するサリアですが、冷静なアドラードはあくまで自分たちの任務は古代の遺物の回収であると伝えます。



 あまり納得していないサリアに、アドラードは暴走しないように釘を差します。


 その後、ホルンとフェネスの同盟を結ぶきっかけを作ったサーダリーを見つけたアドラード。彼はサリアにムラガの裏切りはサーダリーが仕組んでいる可能性があることを説明します。



 先を急いでムラガが古代の遺物を手に入れるのを阻止するか、ここでサーダリーを監視するか、ふたつの道があるというアドラード。



 ここはサーダリーを監視するべきというサリアにアドラードは自分も同意見だと伝えます。兄と相性バッチリだったことを喜ぶサリア。




 ここまでなら仲のいい微笑ましい兄妹なのですが、印象的だったのは、その後のセリフ。「いざとなったら……殺っちゃっていいんだよね?」と平然に言うサリアにアドラードも「いざとなったら、な」と返します。



 コミカルなやり取りが多い兄妹だっただけに、そのギャップにゾッとしましたね。


(C)2019-2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Co-Developed by gumi Inc.
LOGO ILLUSTRATION: (C) 2018 YOSHITAKA AMANO

WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年11月14日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年11月14日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金