これがヒエラルキー……弟至上主義というやつか!(ランディ)【軌跡シリーズ名言集】

Zenon
公開日時

 日本ファルコムの名作ストーリーRPG『軌跡』シリーズの名言集をお届けします。

 本記事で紹介するのは、『零の軌跡』『碧の軌跡』のメインキャラクターの1人、ランディ・オルランドの名言。《特務支援課》の頼れるアニキであり、遊び人的な軽さを持つ彼が、相棒であるロイドに向けて羨望のまなざしを向けるシーンを振り返っていきます。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

これがヒエラルキー……弟至上主義というやつか!(ランディ・オルランド)

第2章 金の太陽、銀の月(英雄伝説 零の軌跡:改)

 『零の軌跡』のランディは、女性関係にだらしない遊び人という印象が強く描かれています。出会い頭のあいさつ代わりにグラビア雑誌のコレクションをオススメしてきたり、歓楽街や裏通りで色っぽい姉ちゃんがいる店に通ったり、ことあるごとにカジノで遊ぼうとしたりします。

  • ▲最初の自己紹介がコレ。一見するとただの軽い人です。
  • ▲ちゃらんぽらんな性格で、クロスベルの“大人な楽しみ方”を心得ているランディ。《特務支援課》のエリィやティオからは白けた目を向けられることも。

 そんなランディはロイドから、聖ウルスラ医科大学に勤める年上のお姉さん看護師のことを聞きつけます。食い気味に「看護師ってことはナース服着てる?」「いくつ?」「美人?」と立て続けに質問を重ねて……。

  • ▲理想のお姉さんが向かう先にいると聞き、興奮するランディ。ロイドを親友(マブダチ)と呼び、紹介してくれるようお願いしています。いますよねー、こういう調子いい人(笑)。

 そして病院に到着し、いざ麗しのお姉さまとご対面……と思っていたら、ひさしぶりの再会で感極まったお姉さん・セシルは周囲の目も気にせず、ロイドと熱いハグっ!

  • ▲甘々な会話を展開するロイドとセシルに対し、ランディはこの表情です。理想の女性に抱きしめられているのを見るのは、そりゃうらやましいですよね。
  • ▲ロイドとセシルの甘々な関係性をかんぐり、嫉妬の炎を燃やすランディ。「ストライクど真ん中!」とか言ってましたもんね。

 やがて別の仕事で、劇団《アルカンシェル》のトップアーティストである、イリア・プラティエと会うことになりました。その際、最初は「警察の相手なんてテンション下がる」という態度だったイリアでしたが……。

  • ▲ロイドがセシルの「弟君」であると聞いて、突然のハグ! ロイドは、こんらんしている。
  • ▲突然の情熱的なハグに走る緊張。そんななかのランディは1人だけ“うらやましい”と顔に書いてあります。

 イリアはセシルと10年来の親友で、しばしば彼女から弟(みたいな関係)であるロイドの話を聞いていたといいます。そのイメージ通りだったため、突然抱き着いてしまったのだとか。その理由を聞いたランディの反応が、今回の名言です。

 ヒエラルキーはピラミッド状の図でしばしば説明される“階級構造”のことで、ブルジョアジー(ブルジョワジー)とは“豊かな階級”を指します。この場合は“弟”という属性を持ったロイドが“モテる”ことを示しており、それをランディはねたんでいるわけですね。

 じつはこの名言自体より、“弟ブルジョアジー”というパワーワードのほうが印象に残っている人も多いのではないでしょうか。今後もたびたびランディが言いますしね(笑)。

  • ▲ちなみにロイドはこのあと開催される“クロスベル創立記念祭”でセシルと《アルカンシェル》の観劇をし、ノエル&フランの美人姉妹と“両手に花”で歩き回るなど、十分に恵まれた1日を過ごします。……この弟ブルジョアジーがっ!(類義語:このリア充がっ!)
  • ▲いっぽう、ランディはランディで看護師の女の子たちをはべらせてカジノで豪遊していました。……“持たざる者”から見ればランディも十分“ブルジョアジー”だよっ!

 というわけで、今回はランディの名言「これがヒエラルキー……弟至上主義というやつか!」をお届けしました。

 なんだか終始、男のやっかみをお見せする形になってしまいましたが、ランディのこれはあくまでも冗談交じりのセリフ。モテるロイドをからかうための言葉で、本心からうらやんでいるわけではありません。だから決して暗い気分にはならず、クスッとできるやり取りになっていて、個人的に印象に残るものでした。

 こうした軽口をたたき合いながらも、信頼できる関係というのはいいですよね。うわべだけの友情じゃないというか、本当の絆があるんだなって思えます。そこは『閃の軌跡』シリーズのリィンとクロウの関係に似ているかもしれません。

 シリアスなものからコメディ的なものまで、『軌跡』シリーズにはほかにも数々の名言が存在します。今後もそれらをピックアップしてお届けしていく予定なので、お楽しみに!


電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]衣装DLC“フェアリードール まじかる☆ラピス”&オリジナルダイナミックテーマ

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

※画面はPS4『英雄伝説 零の軌跡:改』のものです。
(C) 2010-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 零の軌跡:改

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年4月23日
  • 希望小売価格: 3,980円+税

英雄伝説 碧の軌跡:改

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年5月28日
  • 希望小売価格: 3,980円+税

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税