両方の考え方が融合したらどんな化学反応が起こるのか…って(東雲龍)【ハチナイ名言集】

カワチ
公開日時

 アカツキのiOS/Android/PC(DMM GAMES)用アプリ『八月のシンデレラナイン』の名言集をお送りします。

 『八月のシンデレラナイン』は女子野球部の監督としてチームを率いる野球型青春体験ゲーム。35人もの個性豊かな女子部員たちが登場し、様々な育成方法で、自分好みのチームを育てることができます。練習の指導、強敵(ライバル)達との熱い戦いなどを通して、眩しい青春物語を体験することが可能です。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。


両方の考え方が融合したらどんな化学反応が起こるのか…って(東雲龍)【ハチナイ名言集】

 今回取り上げるキャラクターは三塁手の東雲龍。メインヒロインである有原翼に次ぐ重要キャラクターと言っても過言ではない人物です。

 初登場は1年生編の春、4月下旬の“楽しさと真剣さの勝負”というシナリオ。翼に用があると野球部が練習しているグラウンドにやってきた彼女は「何故、私がこんなお遊びに付き合わなくっちゃいけないの?」「あら、素人ばかり集めた“野球ごっこ”でしょう?」と部員たちを挑発するような言葉を口にします。



 険悪なムードが流れるなか、遅れてグラウンドにやってくる翼。龍は翼に向かって「…悪いことは言わない 今すぐこんな“お遊び”は止めなさい」と忠告し、その場を去ってしまいます。


 その後、新聞部の綾香に会った翼は龍がプロ野球選手の兄がいる女の子で、彼女自身もクラブチームで真剣に野球に打ち込んでいる女の子だということを知ります。







 龍と話し合うことを決意した翼。龍に自分たちも一生懸命に練習していることを伝えますが、やはり彼女はヌルいことをやっていると翼を認めません。



 龍はリトルシニア時代に翼と試合をしたことがあり、負けたことがあることを打ち明けます。そして、翼には真剣な野球をやってほしいと訴えます。





 それは自分のやりたい野球ではないと断る翼。お互いに譲ることはなく、勝負で決着をつけることに。


 その勝負とは龍がいつもやっている練習メニューについてこれるか試すというもの。



 ほかの部員たちがリタイアしていくなか、最後まで楽しいという気持ちで過酷な練習についていった翼。






 龍はそんな彼女を認めて野球部に入部します。どちらかが正しいのではなく、両方の考えが融合すればより高みを目指せると信じて。











(C)Akatsuki Inc.

八月のシンデレラナイン

  • メーカー: アカツキ
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: スポーツ
  • 配信日: 2017年6月27日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

八月のシンデレラナイン

  • メーカー: アカツキ
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: スポーツ
  • 配信日: 2017年6月27日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金