『東方ロストワード』静かなる月の光“ルナチャイルド”の評価は? 

アツゴロウ
公開日時

 グッドスマイルカンパニーとNextNinjaの東方Project二次創作スマートフォン向けRPG『東方LostWord(東方ロストワード)』で現在開催中(6月16日13時59分まで開催)の“三重光のフェアリーテイル2”おいのり(ガチャ)。

 このおいのりで追加された新キャラクター“ルナチャイルド”の性能に迫ります。

ルナチャイルドの評価は?

 ルナチャイルドは、魔法の森や博麗神社の付近を根城にする“光の三妖精”の1人。

 “音を消す程度の能力”を持ち、イタズラ好きの三妖精のなかでは慎重派ですが、ドジっ娘な側面もあります。

 攻撃はすべて陰気寄りか陰気のみということに加えて、グレイズや第2スキルで“陰攻”の強化が可能。これらを利用すれば、手軽に大ダメージを与えられるアタッカーとして活躍できます。

 ほかのスキルでも、自分の注目を低下させて攻撃されにくくなるなど使い勝手は良好。

 数値が高いほど攻撃力が増し、スペルカードの使用時にも使われる霊力。ルナチャイルドは後衛から前衛へのチェンジでほかの前衛キャラ、前衛から後衛へのチェンジでは交代相手の霊力を上昇させられます。

 霊力確保を目的としたサポート役としても、彼女なら十分役割を果たしてくれるでしょう。

 アタッカーとして使うなら、“陰攻”の強化は必須です。また、月属性を帯びた攻撃も多いので、スペルカードに装備する絵札は☆5の“圧倒的な火力”がベスト。入手しやすいものなら☆4の“食べてもいーい?”も相性はなかなかです。

  • ▲“食べてもいーい?”はルナチャイルドの弱点である星属性によるダメージを軽減する効果もあります。

 サニーミルクに続き、今回はルナチャイルドが追加された“三重光のフェアリーテイル”おいのり。残るスターサファイアの追加も、このペースならすぐでしょう。

 それぞれの強みがあり、十分な活躍が見込める“光の三妖精”を一緒に使いたいという人は、この入手機会をお見逃しなく!

©上海アリス幻樂団
©GOOD SMILE COMPANY, INC. / NextNinja Co., Ltd.


東方LostWord

関連する記事一覧はこちら