『スクスト2』翠が仲間になる前にエピソードChiralを振り返ろう!

紅葉つかさ
公開日時

 この4月に6周年を迎えた、スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『スクールガールストライカーズ2』(スクスト2)。近日実施予定の大きなアップデートとして、隼坂翠がエテルノのメンバーとして登場することになりました!

 翠が登場したエピソードChiralでは、隊長さんたちの選択によってストーリーが変わるという特別な方法がとられ、その結果、2019年にはもうひとりの主人公である湊小春がエテルノに登場しました。

 そういった背景もあって、隼坂翠のエテルノへの合流は難しいと見られていましたが……開発者インタビューでも語られたように、隊長さんたちの熱意もあって登場が決まったそうです。

 なお、エピソードChiralの世界観はほかのエピソードとは違い、“魔力(エーテル)”という力が重視され、召喚獣(キラル)とともに戦うなど少しファンタジー的な要素がところどころで見られます。

 また、《襲撃者(アセイラント)》と呼ばれる敵との戦いが続き、人類は絶滅の危機に瀕しているという世界観も特徴のひとつです。世界観だけではなく、髪形など女の子たちの見た目も変わりました。

 そんなエピソードChiralの主人公である翠の登場もまもなくということで、本記事ではエピソードChiralを振り返っていきます!

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください

小春と翠の出会いからすべてが始まる

 エピソードChiralの主人公である小春と翠は、ティエラ先生が小春に、退学の危機に瀕している翠に勉強を教えてほしいということで紹介して出会いました。

  • ▲個人的にふたりの出会いは意外とふつうだと思いました。皆さんはどう思いましたか?

 出会ってからのふたりは、基本的に、翠が小春を引っ張りまわすような形で、さまざまなところへ遊びに行ったりしていました。

 出会ったその日にも、釣りに連れていくなど翠の行動力には何度も驚かされましたね。

 そして釣りを楽しんでいたところ、不幸なことに、アセイラントの襲撃に会いました。

 その場は、アセイラントと戦う駆逐者(ストライカー)の美山椿芽と夜木沼伊緒に助けられました。このことを経て、ふたりはストライカーを目指すことになります。

 ストライカーを目指すための訓練では、アルタイル・トルテのメンバー指導の下、戦闘訓練などさまざまな訓練を行いました。訓練中はさることながら、日常生活でも小春と翠はいっしょに過ごすことが多くなります。

  • ▲寝坊しがちの翠を起こすのも小春の役目になっていました。

  • ▲いっしょに訓練しているメンバーには、杏橋天音や李野田真乃などのちにプロキオン・プディングを結成するメンバーがいました。

 そんな生活をしていたあるとき、小春は女子生徒が自分の悪口を言っている場面に遭遇しました。

 悪口はだんだんエスカレートして翠の悪口も言うようになっていき、小春は止めようとしますが、その前に翠が現れて女子生徒に悪口を辞めるように言いました。



 小春は、言い合いの末に女子生徒を叩いてしまったことを後悔して落ち込んでいる翠のもとに行き、悪口を言われていたときに何を感じていたのかなどを話します。

 翠もそれに答えるように、胸の内を語ります。そして、距離が縮まったふたりはお互いのことを名前で呼ぶようになります。


 このシーンは、わかりやすくふたりの距離が縮まったことがわかるシーンなのではないでしょうか。

 その後、小春と翠は実戦に出てアセイラントと戦うことになります。先ほどのこともあり、距離を縮めたふたりは、連携しながら訓練の成果を発揮してアセイラントを倒すことに成功します。


世界の真実が徐々に明らかに

 その夜、初の実戦を経験したことで眼が冴えてまったく眠れない翠は、散歩をしている途中でターニャ達に出会います。


 そして、ターニャから自分たちが住んでいる結合都市(コロケーション)の真実について聞かされます。突然の真実に信じられない翠でしたが、その根拠を知ることができる資料を渡されます。


 資料の中身は人口の変化や農作物の生産量などが書かれており、何の変哲もない資料のようでしたが、その資料を読んでいた小春があることに気付きます。

 それは、ふたりが住んでいる結合都市を守るバリアが狭まる範囲にあわせて、死ぬ人数を調整しているのではないかということでした。


 見計らったようにそのタイミングでターニャたちが訪ねてきます。そして、自分が誰もいないはずのバリアより外側に来たこと、行方不明とされていた雪代マリを助けに来たこと、アセイラントの正体などを語ります。

 そして、真実を知った小春と翠にとある提案をします。それは、ターニャたちとともに“バリアの外側に出るか”ということ。


 この提案を受け、小春はバリアの内側に残り、翠はバリアの外側に行くことを決断します。知り合ってからずっといっしょにいたふたりの道が分かれた瞬間ですね。


 バリアの内側に残った小春は、結合都市の代表者のひとりとして演説をしたり、アセイラントと戦ったりする生活を送ります。

  • ▲一歩踏み込んで、バリアの外側に行こうとする翠を止められなかったことから、斬撃系だった武器を打撃に変えましたね。

 そして今回の騒動の影響もあって、バリアを発生させている“慈湧の塔”の扉が開き、中でさまざまな真実を知ります。


  • ▲エピソードChiralの世界が地球ではない惑星“ポルエア”が舞台であることも明かされました。

 バリアの外側に飛び出した翠も、地下にある“地下砦群(アンダースタック)”で小春と同じように世界のことを教えてもらいます。

  • ▲翠がバリアの外側に出た日に、アセイラントと戦いに向かって行方不明になっていたプロキオン・プディングのメンバーとも再会します。

 そして、真実を知ったふたりはある決心をします。








お互いを思っているからこその戦いが開始

 決心をした翠は、アンダースタックで準備をしたのち、結合都市に現れて小春を含めた住民に通告します。



 結合都市でも戦うべきか、交渉に持ち込むべきか意見が分かれますが、小春が意見を出してみんなをまとめます。

 翠は、誰も傷つかずに済むように作戦を考えて結合都市に潜入しますが、その計画はばれており、各所でストライカー同士の戦いが始まってしまいます。

 さらには、同時に発生したアセイラントとの戦いも始まりました。







 各所で激しい戦闘が行われるなか、ついに小春と翠が再会します。そして譲れない信念をかけた戦いが始まります。



 この戦闘の結果、ひいてはエピソードChiralの結末については、隊長さんの選択にゆだねられました。

 それまでさまざまな選択をしてきた隊長さんにとって、とても悩ましい選択だったのではないでしょうか。こちらの選択の結果は、エピソードChiral最終話で見ることができます。

 本記事で振り返りきれなかった部分もたくさんあります。翠が登場するまで待ちきれないという隊長さんは、この機会にエピソードChiralを振り返ってみてはいかがでしょうか。

(C) 2014-2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スクールガールストライカーズ2

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2014年4月10日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

スクールガールストライカーズ2

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2014年5月8日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金