『東京ミュウミュウ にゅ~♡』声優オーディション課題曲が公開

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 完全新作アニメ化が発表されている『東京ミュウミュウ にゅ~♡』の主人公・桃宮いちご役を選出する声優アイドルオーディションの3次・歌唱審査の課題曲『bitter sweet darling』がYouTubeにて公開されました。


オーディション3次・歌唱課題曲

『bitter sweet darling』
作詞・作曲・編曲:園田健太郎

 『東京ミュウミュウ』はまんが・征海美亜さん、シナリオ・吉田玲子さん、原案・講談社で、2000年から2003年まで少女漫画雑誌『なかよし』で連載、アニメ化もされた人気漫画です。

 続編である『東京ミュウミュウ あ・ら・もーど』と合わせ関連書籍は累計145万部を発行しており、2020年1月号より『なかよし』創刊65周年を記念して、男女逆転した新シリーズ『東京ミュウミュウ オーレ!』(まんが:青月まどか/原案:講談社)が連載中。

 そして、今年4月に新たに『なかよし』創刊65周年の一環で、『東京ミュウミュウ』を原作とした完全新作アニメ『東京ミュウミュウ にゅ~♡』の制作が決定し、現在その主人公・桃宮いちご役を目指して3000名以上の応募があったオーディションが開催中です。

 今回YouTubeの『東京ミュウミュウ』関連動画を配信する“ミュウミュウチャンネル”にて公開されたのは、7月6日から予定されている3次の歌唱審査の課題曲。

 タイトルは『bitter sweet darling』で、作詞・作曲・編曲はJ-POPからアニソンまで幅広く手掛ける園田健太郎さんが担当。甘くもほんのりほろ苦い女の子の気持ちを爽やかなメロディに乗せたナンバーとなっています。なお6月16日からは、この楽曲のショートバージョンがTikTokでも配信されます。

 また、オーディションアプリ“mysta”では2次審査が6月15日より開始されており、“セリフを朗読しよう”と題して、原作マンガ『東京ミュウミュウ』の課題シーンに取り組む参加者の動画を見ることができます。

 この2次審査を突破し、3次審査で課題曲『bitter sweet darling』を歌うのは誰なのか? 審査は一般のユーザーも投票での参加が可能なので、ぜひ未来のいちごをファンの目線からも探してください。

 そのほか今後の続報は公式サイト・公式Twitterで発表される予定です。

『東京ミュウミュウ にゅ~♡』声優アイドルオーディション概要

 主人公の桃宮いちご役を決めるオーディションをオーディションアプリ“mysta”にて開催中です。

 合格者はポニーキャニオンの声優事務所スワロウと専属契約し、『東京ミュウミュウ にゅ~♡』の主役、桃宮いちご役とし、声優やダンス・歌などの活動をしていきます。

 また、ポニーキャニオンから『東京ミュウミュウ にゅ~♡』声優アイドルグループのセンターとしてもメジャーデビューします。

 オーディションの募集に関しての詳細や今後のお知らせ、スケジュールはオーディションサイトで後日発表します。

注意事項
※“『東京ミュウミュウ にゅ~♡』声優アイドルオーディション”はmysta、講談社、ポニーキャニオンが共同で主催しているものであり、Apple Inc.、アップルジャパン合同会社、Google Inc.によるものではありません。
※不正チアなどが発覚した際には、オーディション審査終了後にランキングの更新を行う場合があります。

オーディションスケジュール

・6月15日~21日:mysta審査2次審査
・6月29日:mysta審査2次審査 合格者(審査員賞)発表
・6月29日~:mysta審査3次審査 動画投稿開始
・7月6日~7月12日:mysta審査3次審査
・7月20日:mysta審査3次審査 合格者(審査員賞)発表
・8月22日:イベント審査4次審査
・9月20日~9月22日:合宿審査 最終審査(2泊3日)

※予定は変更になる場合があります。予めご了承ください。
※mystaでの動画審査は、ユーザー投票通過者と審査員賞獲得者が選考の通過者となります。
※イベント審査は、都内近郊で実施されるイベントでのステージパフォーマンスを中心とした審査となります。

講師陣(イベント審査より指導)

ヴォーカル:菅井秀憲さん

 武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業、二期会オペラ研修所修了。日本では宮本昭太、横山修司、イタリアでエッダ・リゲットにオペラ、発声法を師事、ニューヨークにてJuanitaFleming、ロサンゼルスにてHiroki Konnoにゴスペル,ポップスを師事。

 新国立劇場、藤原歌劇団、帝国劇場、日本オペレッタ協会などのオペラ、ミュージカルに出演。

 ベートーヴェン交響曲第9番「合唱」(仙台フィルハーモニー管弦楽団)のバリトン独唱で共演、ニューヨーク・カーネギーホールに“HIDE GODSPEL JAPAN”を率いて出演するなど意欲的に演奏活動を行う。

 またハロープロジェクトヴォーカルアドバイザーとして長期に渡り従事、テレビ東京のASAYANではモーニング娘。5期、6期、8期メンバーオーディションのボイストレーナーとして出演。

 以降数々のアーティスト・俳優のミュージカル歌唱指導、ボーカルディレクターとしてコンサートに帯同、ヴォイスレッスンを担当するとともに、昨今では、音楽チャンプ(テレビ朝日)のレギュラー審査員、PRODUCE101 JAPANのボーカル部門を担当するなどTV出演など活動の場を拡げている。

ダンス:SA.KANAさん

 大阪音楽大学短期大学で、ミュージカル科を専攻。卒業後オーディションでユニバーサルスタジオのパフォーマーとして出演。

 上京後は数々のステージに自ら出演し、ダンサーとしての経験を積み、26歳でアーティストの振付を手掛ける。

 独創的なダンスが話題を呼び、これまでに300曲以上の振付に携わる。主なアーティストは、田村ゆかり、AKB48グループ、46グループなど、数多くのアーティストを担当している。

演技:亀山俊樹さん

 広島生まれ神奈川育ち。広告代理店を経てコピーライターとなり、後に番組販売会社から音響制作会社に勤務。

 2010年に独立し、音響制作会社株式会社グルーヴを設立。舞台演出を手掛けていた経験から役者の狙う演技の意図を敏感に察してディレクションを行うことで定評がある。

 1996年から音響監督として携わったテレビアニメーション作品としては、『魔法少女リリカルなのは』シリーズ『さよなら絶望先生』シリーズ『ひだまりスケッチ』シリーズ『バカとテストと召喚獣』『3月のライオン』『SSSS.GRIDMAN』『MIX』『BEM』『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』など多数。

 樹山かすみとして児童書翻訳家・著述家の一面もある。

『東京ミュウミュウ』あらすじ

 ごく普通の女の子・桃宮いちごはある日、密かに憧れていた学園のアイドル・青山雅也とデートをできることに!

 待ちに待ったデートの日、突然まぶしい光に包まれ、猫が体の中にはいってくる夢を見て以来、猫の耳やしっぽが出てきたり、行動もなぜか猫っぽくなったりして……!?

 なんとそれは“エイリアン”が寄生した生物“キメラアニマ”から地球を救うためにイリオモテヤマネコのパワーを使える“ミュウイチゴ”に選ばれたため!

 ほかの4人の仲間を探し出し、地球の環境を汚染しようとするエイリアンを止め、青山くんを、みんなを守らなきゃ! 合言葉は……
「地球の未来にご奉仕するにゃん♡」

(C)講談社/「東京ミュウミュウにゅ~」製作委員会
(C)征海美亜・吉田玲子/講談社