【創の軌跡キャラ考察】星杯騎士ヴァルド、そのメガネは一体!? 近藤社長コメント付き

ジュンキ
公開日時
最終更新

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 かつて“チカラ”を欲するあまり、自分の道を見失ってしまったヴァルド。新たな絆と力を手に入れた彼は、本当の“強さ”を見つけることができるのか。


 ヴァルドについて新たに公開されたこれらの写真を中心に、気になるところに迫っていきます!

ヴァルド・ヴァレス(声優:龍谷修武)

「誰に笑われようが関係ねぇ。“誇り”は掲げてこその男ってモンだろ」

 七耀教会の守護騎士・ワジを補佐している偉丈夫の従騎士。

 かつては不良グループ《サーベルバイパー》のヘッドとして暴れまわっていたが、薬物グノーシスによる《魔人化》の影響で心身に異常を来たし、アルテリア法国で治療を受けることになった。

 その後、様々なハンデを抱えながらも薬物治療と七耀教会での勉学に励み、晴れてワジ付きの従騎士として認められることになった。

 以前よりも落ち着いた印象を受けるが、不良だった頃のハングリー精神は忘れていないらしく、現在もワジをライバル視しているという。

  • ▲ヴァルドとともにいるのはワジとスカーレット。これは新生ワジチーム?

 メガネ男子化!? っと、まず突っ込んでおくべきところがそこなのは間違いないよね?

 どうやら、グノーシスの後遺症とかそういう深刻なものではないようですが、あのヴァルドがメガネ1つでここまでイメチェンとは……。やはり『軌跡』のメガネには底知れぬポテンシャル。

 それでも手にしているのが相変わらず木刀っぽいのは、なんともヴァルドらしい。

 思えば《魔人化》の力を手に入れたあとも木刀は手放さなかったものですが、今回は七耀教会の紋章が刻まれているあたり、特別に用意されたものなのかも?

  • ▲ヴァルドいわく、木刀は自分の魂が宿った象徴。魔人になった際は一緒に巨大化していた。(※写真は『碧の軌跡:改』のものです)

 ワジ一行は“再独立調印式”参加のためにクロスベルを再訪するようですが、写真を見る限り、そこでもどうやら戦いが待っているようです。

 はたして、ヴァルドをパーティキャラとして使える可能性は!?

 そしてもう1つ気になるのは、元祖《帝国解放戦線》に所属していた《S》ことスカーレットの姿。

  • ▲スカーレット(※イラストは『閃の軌跡』のものです)

 元々、テロリストになる前は教会関係者だった彼女。『閃の軌跡IV』の絆イベントや、本作の事前情報などでもチラホラその存在は匂わされていましたが、やはりワジを中心とした新チームが発足している様子。

  • ▲クロウの絆イベントで、《ARCUSII》越しにスカーレットの近況が語られていた。(※写真は『閃の軌跡IV』のものです)

 また、スカーレットといえば、刀身が蛇腹になっている法剣(テンプルソード)のイメージですが、写真で構えているのはケビンやロジーヌらと同様のボウガン。

 どちらも星杯騎士団の標準装備のようなので、状況に応じて使い分けているのかも。

 ヴァルドとスカーレットが同時期にワジの元に加わったことは、やはり『閃の軌跡IV』で語られていましたが、立場的には彼女も従騎士なのでしょうか。

 ただ、かつてのキャリアがあるぶん、彼女は正騎士扱いということもありえそう。

 そして正騎士といえばですよ? 常にワジを補佐していたアッバスさんは……き、きっと見切れてるだけだよね。リストラされたわけじゃないと信じたい(汗)。

  • ▲アッバス(※イラストは『碧の軌跡』のものです)
  • ▲龍老飯店で、ロイドとノエルに見守られる2人。

 それぞれクロスベルの旧市街を縄張りとする不良集団を率いて、何かにつけてぶつかり合っていたヴァルドとワジ。

 当時から互いのことを認め合っているような、“良き喧嘩仲間であり親友”(アッバス談)でもあった2人ですが、その絆はさらにいい形に進んでいるようです。

 ヴァルドの眼差しがどこか穏やかに見えるのも、きっとメガネの力だけではないはず。

  • ▲ことあるごとに対立していたヴァルドとワジ。今思えば、いい青春の日々だった……。(※写真は『零の軌跡:改』のものです)

 ……ちなみに、お店で眺めているノエルと、ロイド&ダドリーを眺めるフラン。並べてみると姉妹揃って似たような構図だったり。ヴァルド関係ないけど(笑)。

  • ▲改めて、温かく見守るノエルの笑顔がこちら。
  • ▲そしてこちらは妹のフランさん。こんなところのシーカー姉妹の絆にもほっこり。

ヴァルド OnePoint PlayBack

 不良グループ《サーベルバイパー》のヘッドとして、クロスベルの旧市街を牛耳っていたヴァルド。

 そんな彼は、あるとき街にふらりと現れた少年・ワジに完膚なきまでに叩きのめされてしまい、それから2人は互いに不良たちを率いて対立するように。

 以来、顔を合わせては角突き合う彼らでしたが、そんな関係をどこかお互い楽しんでいるようでもありました。

 いけ好かないライバルにして悪友……そんな関係に変化が訪れたのは、民間の協力者としてワジの《特務支援課》入りが決まったとき。

 好き勝手な不良時代というモラトリアムからの脱却。それを認められないヴァルドは、すさんだ日々を送るようになり……気づけば彼は、薬物グノーシスに手を出していました。

 そしてグノーシスの力で《魔人化》したヴァルドは、クロスベル独立宣言の裏でうごめいていた計画に手を貸す形で、ワジや《特務支援課》と対峙。

 ……激闘の末、初めて出会ったあの日と同じ、渾身のワジの拳に顎を打ち抜かれ、元の姿へと戻っていくヴァルド。

 この瞬間、初めて彼は自身の敗北と、眩しくも未熟な“少年時代”の終わりを受け入れたのでした。

  • ▲2人で初めて戦った日を思わせる攻撃で、ワジはヴァルドを《魔人化》から解放した。(※写真は『碧の軌跡:改』のものです)

 本作では、帝国の占領下で再開発されてしまった旧市街を見て、“大人”になった彼が何を思うのかも気になるところです。

 弱い自分を断ち切るために《魔人化》して襲撃したこともありましたが、ヴァルドにとって何より大切な場所であったことは間違いないはず。

  • ▲力に執着する彼は、狙いすましたかのようにかのアパートを粉砕! ……やっぱりイヤな思い出があったからだろうか。(※写真は『碧の軌跡:改』のものです)

 星杯騎士としてクロスベルに舞い戻ったヴァルドが、はたしてどのような役割を果たすのか。

 インテリメガネ感ただようイメチェンもけっこう人気が出そうだし、今回のヴァルドは一味違う!

日本ファルコム近藤社長コメント

 ミレイユと同じく、『軌跡』シリーズ本編には『碧の軌跡』以来の登場となるヴァルドですが、今回は本編だけではなく、クロスベルを舞台としたエピソードでも彼の活躍が描かれます。

 アルテリア法国では薬物治療を受けている間、毎日必死に勉強をしていたらしく、その影響で視力が急激に落ちてしまったようですね。暴力という形で発散していた不良時代の有り余るエネルギーが上手く勉強の方に向いたのだと思いますが、それはやはり、“ワジに勝ちたい”という強い想いがあったからこそでしょうね。

 ちなみに、『零』『碧』をプレイされている皆さんが一番気になっているかもしれない、元“サーベルバイパー”のメンバーたちとの再会についても、本作ではしっかりと掘り下げます。

 かつて不良だったメンバーたちと、顔をあわせないまま旧市街を去っていたヴァルド、彼らがどのように再会し、言葉を交わすのかにご注目いただければと思います。


電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]衣装DLC“フェアリードール まじかる☆ラピス”&オリジナルダイナミックテーマ

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2010-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2011-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2013-2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税