【おすすめDLゲーム】『白き鋼鉄のX THE OUT OF GUNVOLT』は2Dアクションゲームの概念が変わる至高の作品

sexy隊長
公開日時

 ダウンロード用ゲームから佳作・良作を紹介する“おすすめDLゲーム”連載。今回はNintendo Switch、PlayStation4、Xbox One、PC(Steam・DMM)にて配信されている『白き鋼鉄のX(イクス) THE OUT OF GUNVOLT』をお届けします。

 本作は、従来の2D横スクロールアクションを大きく上回るスピード感と、スタイリッシュなアクション性が味わえる作品として、世界11カ国から高い人気を得ています。

 インティ・クリエイツが贈る“究極の本格派2Dアクション”の魅力を紹介していきます。

『白き鋼鉄のX THE OUT OF GUNVOLT』の世界観

 本作は、2014年に発売した『蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト』、 2016年に発売した『蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト爪』からスピンアウトした番外編的作品になっています。『蒼き雷霆 ガンヴォルト爪』でプレイアブルキャラクターであったアキュラが本作の主人公です。

 人類の大半が、異能の力“セプティマ”を持つ新人類“セプティマホルダー”へと進化を遂げた未来が物語の時代。

 セプティマを持たない旧人類“マイナーズ”は、人類進化推進機構“スメラギ”によって、見つかり次第、殺処分される日々が続いていました。

 本作では、希望の歌姫RoRoを伴い、マイナーズのために戦う白き鋼鉄鎧の戦士“白き鋼鉄のX(イクス)”こと“アキュラ”の活躍が描かれます。

爽快なスピード感を楽しめるアクションゲーム!

 本作は、横スクロールアクションゲーム。フィールド上にいる敵やギミックを攻略しながら先へ進み、ステージのボスを撃破するとクリアとなる、一般的な2Dアクションゲームの流れとなっています。

 主人公のアキュラは、直線に進むレーザー攻撃“フォトンレーザー”と横に高速移動が可能な“ダッシュ”が基本の攻撃と移動になります。

 “フォトンレーザー”は連射することも可能ですが、いかんせん直線にしか撃てないので上下にいる敵には当てるのが至難です。

 そして“ダッシュ”という移動方法が本作の醍醐味かつ斬新なシステムになっています。本作のダッシュは、移動手段だけではなく敵にダッシュで体当りすると対象物をロックオンできます! ロックオンしている状態だと“フォトンレーザー”が誘導弾に変わり、曲線を描いて必ず敵に当たるようになり、敵の攻撃を避けながら四方八方から攻撃が可能です。

  • ▲ロックオンをすると攻撃を当てやすいというよりも、ロックオンしないと攻撃が当てにくいシステムです。

 高速移動ができるアクションゲームは、移動は楽しいけど敵に当たってしまいダメージを受けて死んでしまうというストレスがありますが、本作は敵に当たりロックオン状態にして、そのまま空中で敵を蹴散らしながら進むことができるので、ノンストレスどころか爽快感が味わえます。

 移動と攻撃が一体となっており、両方に爽快感が味わえる作品です!

さらに進化するアクション性!

 本作には、“ブリッツ”という特殊なゲージを使用して空中を高速移動する“ブリッツダッシュ”というアクションがあります。

 この“ブリッツダッシュ”は、上左右斜めと縦横無尽に空中を移動できて、壁がある場所では壁キックをしてさらに違う方向に高速移動できます。

 ブリッツダッシュで敵に体当たりすればロックオンができるので、空中を縦横無尽に移動&戦闘が可能。この攻撃方法は、フィールド上の敵だけではなくボス戦でも有効な戦い方なので、本作における基本動作ながらテクニックが問われる部分にも繋がるので、初心者は爽快感が楽しめて、玄人は連続コンボ攻撃を繋げて倒す喜びを感じられます!

 遊べば遊ぶほどクセになるアクション性です。

 他にも、ブリッツダッシュ後に空中をゆっくりと移動する“ホバリング”や『ガンヴォルト』シリーズの特徴とも言える、ほとんどの攻撃を自動で回避できるシステム“カゲロウ”などがあります。

 “ブリッツ”は、使用量が決まっていますが、アイテムを取って回復というシステムではなく、一定時間経過で回復するか、デフォルト設定だと下キーを2回入力すると一瞬で全回復するシステムになっているので、ブリッツを温存する必要がなくガンガン使っていけるのが特徴です。

 スピード感があるアクションゲームなので初心者には難しそうと思われますが、すぐに回復できるブリッツシステムや、ほとんどの攻撃を回避できるカゲロウ、勢い任せに突っ込んでもどうにかなるブリッツダッシュなど、アクションゲームが苦手でも楽しめるようになっているのが本作の特徴です。

 他にも初心者救済措置システムがあるのですが……下記にて説明します。

個性豊かなボスから技がスキャン可能!? カスタマイズ性が高いシステム

 ボス戦には、多数の魅力が詰め込まれています!

 ボスのビジュアル、会話、繰り出す技と演出・カットイン演出などなど、どれも派手にカッコよく演出されており、シンプルに魅力的なボス戦に仕上がっています。

 しかも、特定のボスだけが派手な演出になっているのではなく、全ボスそのような演出がされています。いろいろなゲームをプレイしてきましたが、ここまで全ボスが個性的に表現されているのは珍しいタイトルだと思います。“ただの敵”で片づけるのではなく、1人1人のバックボーンやストーリーが気になるようになっているボス戦です。

▲ボスの演出はどれも派手。派手な演出なのですが、シンプルなカッコよさもあるのです!

 ステージの最後にいるボスを撃破すると、ボスが使用していた技に類似したスキル攻撃“EX(エクス)ウェポン”を入手できます。入手したEXウェポンは敵やボスによって有利不利の相性があるため、強いEXウェポンばかり使用するということはなくさまざまなEXウェポンを使い分ける必要があります。

 ここらへんは、よくある某●ックマンのシステムをイメージすると分かりやすいと思います。

 EXウェポンはキーアサインできるので、慣れてくると空中でAの敵を撃破したあとにEXウェポンを即時に切り替えてBの敵を撃破するというプレイも可能になります。3Dアクションゲームのような空中コンボが楽しめるのです!

 ステージ攻略中、倒した敵やアイテムボックスからクレジットというポイントを入手できます。このクレジットを消費し、アビリティというアキュラの強化や補助的な能力を付与することができます。

 付与したアビリティはオン・オフできるのでステージに合わせたカスタマイズ性が高く、ステージ攻略に詰んでしまっても、EXウェポンとアビリティの使い方で盤面をひっくり返せるので、カスタマイズ性の楽しさがあります。

  • ▲このあとに紹介する“RoRo”の能力を付与するアビリティもあります。

主人公の戦闘支援・RoRoは希望の歌姫? バトルポット?

 アキュラが開発した戦闘支援用メカ“バトルポット”である“RoRo”。敵のセプティマ(超能力)を解析するセプティマスキャニングシステムを搭載し、あらゆるセプティマを擬似再現できるアキュラの頼れる相棒です。

▲RoRoはどの姿でもカワイイです。

 無機質な球状メカのRoRoですが、かつて解析した“電子の謡精(サイバーディーヴァ)”のセプティマを再現し、人のような姿をしたヴァーチャルアイドル“モード・ディーヴァ”に変身! そして、ステージのBGMが『ガンヴォルト』シリーズでおなじみのボーカル曲に変わり、歌の力でアキュラが強化されるというアツい演出になっています!

 一番紹介したいのが、“モード・アウェイクニング”に変身する形態、“ソングオブディーヴァ”というシステム。これは初心者には大変ありがたいシステムになっています!

 “ソングオブディーヴァ”は、アキュラがHP0になった際に低確率でゲームオーバーにならずに“モード・アウェイクニング”に変身し、アキュラを蘇生してくれます。しかも、蘇生だけではなくHPが一定間隔で持続的に回復し、攻撃や防御も強化され、ブリッツダッシュが使い放題になるという、上記で述べた初心者救済措置システムがこの“ソングオブディーヴァ”になります。

▲プレイがうまくなってくると死ぬことが減り、お目にかかる機会が減ってしまうモード。まさに初心者救済措置システムです。

 “ソングオブディーヴァ”発動中は、専用のボーカル曲『大祓(イグナイター)』が流れるのですが、この曲が本当にカッコいいです! 筆者は、この曲が聞きたいがためにわざと死んで“ソングオブディーヴァ”を発動させるというプレイをして楽しんでいました。

▲カットイン演出がアニメチックでカッコいいんです!

 他にも、“モード・ダークネス”という“ダークネストリガー”で変身する形態があります。こちらは、専用のボーカル曲『記憶開放MIAOU』が流れて、エネルギーを消費せずにEXウェポンが撃ちまくれるようになるのですが……。

 敵をロックオンしていない状態だとアキュラのHPがどんどん減っていくというかなり上級者向けになっています。

▲使いこなすのは難しいですが、ロックオンしやすいボス戦などで実力を発揮できるかもしれません。

 紹介した3つのモードですが、変身時に入るカットインのイラストと変身後のアキュラとRoRoのビジュアルがめちゃくちゃカッコいい! それぞれの雰囲気にあったボーカル曲も相まってプレイ時のテンションがめちゃくちゃ上がるので、ぜひ体感してほしい部分です。

シリーズおなじみの重厚な物語が感じられる作品!

 『ガンヴォルト』シリーズは“ライトノベル2Dアクション”と銘打っている作品。本作のストーリーはおもしろいのですが、番外編的位置づけの作品なので、「ストーリーの濃厚さや重厚さはシリーズの中でも少なめかな?」と思っていました。が、そんなことはありませんでした!

 物語については『ガンヴォルト』シリーズをプレイしていたほうが、間違いなくのめり込める内容だと思うので、気になる方は『蒼き雷霆 ガンヴォルト』と『蒼き雷霆 ガンヴォルト爪』のプレイをオススメします!

▲ストーリーは会話ベースの演出と、このようなスチル画で進んでいきます。

 初心者から上級者まで楽しめる2Dアクション、シリーズおなじみのストーリー性、最高のBGMにテンションがあがるイラストと演出。どれをとっても最高の作品になっています。特に2Dアクションの部分は、プレイすればするほどおもしろくかつ楽しくなってくるという、2Dアクションゲームの概念を変えてしまうほどの爽快感が味わえると思うので、ぜひ体感してみてください!

(C)INTI CREATES CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

白き鋼鉄のX THE OUT OF GUNVOLT

  • メーカー: インティ・クリエイツ
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 2019年9月26日
  • 希望小売価格: 3,818円+税

白き鋼鉄のX THE OUT OF GUNVOLT

  • メーカー: インティ・クリエイツ
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 2019年9月26日
  • 希望小売価格: 3,818円+税

白き鋼鉄のX THE OUT OF GUNVOLT(ダウンロード版)

  • メーカー: インティ・クリエイツ
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: アクション
  • 配信日: 2019年9月26日
  • 価格: 1,815円+税

白き鋼鉄のX THE OUT OF GUNVOLT(ダウンロード版)

  • 開発: インティ・クリエイツ
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: アクション
  • 配信日: 2019年9月26日
  • 価格: 1,815円+税

『白き鋼鉄のX THE OUT OF GUNVOLT』(ダウンロード版)

  • メーカー:インティ・クリエイツ
  • 対応端末:PC(Steam)
  • ジャンル:アクション
  • 配信日:2019年9月26日
  • 価格:1,815円+税

『白き鋼鉄のX THE OUT OF GUNVOLT』(ダウンロード版)

  • メーカー:インティ・クリエイツ
  • 対応端末:Xbox One
  • ジャンル:アクション
  • 配信日:2019年12月19日
  • 価格:1,815円+税

『白き鋼鉄のX THE OUT OF GUNVOLT』(ダウンロード版)

  • メーカー:インティ・クリエイツ
  • 対応端末:DMM
  • ジャンル:アクション
  • 配信日:2020年2月21日
  • 価格:1,815円+税