【創の軌跡キャラ考察】先代《C》のクロウ、新たな《C》と遭遇す。近藤社長コメント付き

アツゴロウ
公開日時

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 かつてテロリストのリーダー《C》としてエレボニア帝国で暗躍していたクロウ。新たな《C》の出現に際して、彼が抱く想いとは……?

クロウ・アームブラスト (声優:櫻井孝宏)

「さすがに俺のことは知ってるか。――“先代”としては嬉しいぜ」

 トールズ士官学院で《VII組》やトワ、アンゼリカ、ジョルジュと共に学生時代を過ごした、ギャンブル好きでお調子者だが頼れる先輩。

 故郷ジュライ市国を併合したオズボーン宰相に復讐を誓い、テロ組織《帝国解放戦線》のリーダー《C》として暗躍していたが内戦終盤、リィン達との共闘の末に命を落としてしまう。

 その後、帝国を襲った災厄では《黒の工房》の技術によって不死者となるも、最終的には《至宝》の奇蹟によって再び人間としての生を与えられた。

 災厄後、一時的に故郷ジュライへ里帰りしていたが、《C》を騙る謎の人物が《新生帝国解放戦線》を立ち上げたことを知り、独自に行動を起こし始める。

  • ▲《C》を名乗る謎の男と激突。新旧《C》対決の結末やいかに?

 クロウは『閃の軌跡』シリーズの主人公・リィンのライバルにして親友。『閃の軌跡I』で出会った当初や『閃の軌跡IV』以降はれっきとした仲間ですが、それ以外の期間はリィンの敵、それも大きな壁として立ちはだかりました。

 そのなかでも印象深いのが、『閃の軌跡I』でテロリスト組織《帝国解放戦線》を率いていた《C》としての姿。リィンのクラスメイトとして行動しながら、裏では《C》として活動し、当時はまだ未熟だったリィンを圧倒したのは、シリーズファンにとっても印象深いかと思われます。

  • ▲《C》の仮面と黒衣に身を包み、正体を隠していたクロウ。イラストは『閃の軌跡I』のものです。

 《C》として行っていたテロ行為は、間違いなくクロウの人生の暗部。その象徴とも言うべき《C》を名乗る謎の人物が現れたとあっては、彼も黙ってはいられないでしょう。

  • ▲本作の3人の主人公のうちの1人である新たな《C》。素性や目的など一切が不明だ。

 新たな《C》と先代《C》であるクロウ。両者の出会いは、いったい何を生むのでしょうか? 

 また、新たな《C》が立ち上げたという《新生帝国解放戦線》にも注目。その目的はもちろん、《C》が行動をともにするローゼンベルク人形のラピス、元暗殺者コンビのスウィン、ナーディアは組織にどうかかわっているのか? 非常に気になるところです。

  • ▲謎の場所に集められたクロウたち。何やら不測の事態が起きているようだが……?

 《C》を追って行動するクロウですが、写真を見るにほかの仲間とも合流する模様。ですが《VII組》のラウラとサラに魔女の使い魔セリーヌ、さらには高名な導力工学者のG・シュミット博士と、メンバーに統一感はありません。

 彼らは一緒に行動しているというより、何かの拍子に集められたのかも。それならこの場所は、本作に登場する謎の異空間《真・夢幻回廊》という可能性が高いです。

 セリフで出ている《響きの貝殻》とは、オリヴァルト皇子が所有している古代遺物で、《VII組》内の通信システム《VIIの輪》に使われていたもの。クロウのセリフが《真・夢幻回廊》が《響きの貝殻》と似たような性質を持っている、という解釈なら、ますます《真・夢幻回廊》の謎が深まってきました。

 なんにせよ、リィンに並ぶカリスマ性と戦闘能力を持つクロウなら、《真・夢幻回廊》でも活躍してくれるはず。リィンとの息の合ったコンビネーションにも期待です!

クロウ OnePoint PlayBack

 クロウのこれまでの人生は、上で語られているように、まさに波乱万丈。旧ジュライ市国で生まれ、市長を務めていた祖父が《鉄血宰相》ギリアス・オズボーンの謀略により失脚し、非業の死をとげたときから、彼の人生は激動の渦に巻き込まれていきました。

 ジュライが帝国に併合され、故郷を離れたクロウは、オズボーンと敵対する帝国貴族・カイエン公の後押しを受けて《帝国解放戦線》を結成。のちに起こる帝国の内戦では、カイエン公が率いる《貴族連合》所属の《蒼の騎士》として戦います。

 この《蒼の騎士》という呼び名は、彼が《蒼の騎神》オルディーネの起動者であることに起因します。クロウはゼムリア大陸で暗躍する秘密結社《身喰らう蛇(ウロボロス)》の大幹部にして、帝国の歴史の影に生きる《魔女の眷族》でもあるクロチルダの導きで、起動者になったのでした。

  • ▲オルディーネを駆り、リィンのヴァリマールと幾度となく激突したクロウ。写真は『閃の軌跡II』のものです。

 内戦で命を失ったクロウは、今度は《魔女》と対をなす一族《地精》の手でかりそめの命を持つ“不死者”として復活。記憶を失い、リィンたちと敵対することになります。《魔女》と《地精》の両方とかかわりを持ち、自分の生死すら選べないとは……。チェスやカードゲームといった勝負事に強いクロウですが、人生の運には恵まれなかったようです。

  • ▲クロウのもう1つの姿である《蒼》のジークフリード。仮面で顔を隠しても、雰囲気や二丁拳銃で戦う戦闘スタイルはクロウのままだった。イラストは『閃の軌跡III』のものです。

 そんなクロウも、災厄《巨イナル黄昏》を食い止めたあと、《空の女神》の《至宝》の力で人としての生を取り戻します。こうして《魔女》や《地精》とのしがらみからも解き放たれたクロウ。彼の新たな人生はまさにここから始まるのです!

  • ▲《地精》が受け継ぐ《大地の至宝》と《魔女》が受け継ぐ《炎の至宝》の力により、肉体と魂が復活。写真は『閃の軌跡IV』のものです。

 と思った矢先に《C》と《新生帝国解放戦線》という、過去の罪を想起させるものが出てくるとは……。クロウの悲運はまだまだ続きそうです。彼が真の意味で解放されるか見極めるためにも、クロウファンの方は『創の軌跡』をぜひプレイしましょう!

日本ファルコム近藤社長コメント

 『閃の軌跡Ⅳ』以降、不死者でも起動者でもなくなったクロウが、何をしていたのか、同級生や旧《Ⅶ組》との関係がどうなっているのかが、クロスストーリーやエピソードの中で触れられていきます。

 今回は《新生帝国解放戦線・C》を騙る何者かがリィンやロイドたちの物語と平行して動ていくことになるので、クロウが《C》に対してどのような行動をとるのかが大きな注目ポイントになりますね。

 また、その中で《C》が立ち上げた《新生帝国解放戦線》という組織についても、明かされていくことになります。

 ちなみに、シュミット博士やサラと一緒に行動している画面写真も公開していますが、こちらは《夢幻回廊》ではなく、まったく別の場所になります。何らかの理由でクロウがサラ教官や旧《Ⅶ組》と合流し、この場所を訪れることになるようですね。

 このシーンでクロウが語っている“響きの貝殻”はオリビエが所持していた古代遺物(アーティファクト)の1つですが、この古代遺物が持つ能力が、本作で描かれる“ある事件”とも繋がっていくことになります。


電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]衣装DLC“フェアリードール まじかる☆ラピス”&オリジナルダイナミックテーマ

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2013 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2017 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税