【創の軌跡キャラ考察】《氷の乙女》クレア、己の過去と向き合う。近藤社長コメント付き

アツゴロウ
公開日時
最終更新

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 世界大戦が終結したあと、エレボニア帝国の軍人として再始動したクレア。かつての罪を償うためにも、彼女は帝国再建に力を尽くす──。

クレア・リーヴェルト (声優:小清水亜美)

「いつかきっと――また自分を好きになれる日が来るはずですから」

 鉄道憲兵隊(TMP)に所属する特務少佐にして、かつての《鉄血の子供達(アイアンブリード)》の一員。

 オズボーン宰相に深い恩を感じており、帝国を襲った《災厄》では宰相の駒として非情に徹し、リィンたち新旧《VII組》と敵対。

 勝敗が決した際は自決まで覚悟していたがその後考えを改め、災厄後は帝国を立て直すために政府直属の立場を失ったTMPに籍を置くこととなった。

 現在は自由が制限されたTMPの中で、自分自身を責め続けるように仕事漬けの日々を送っている。

  • ▲再びリィンたちの仲間となって、《真・夢幻回廊》攻略に協力するクレア。

 『閃の軌跡』シリーズの主人公・リィンに協力的な帝国軍人として登場し、ときにはパーティメンバーとしても活躍してくれたクレア。『閃の軌跡IV』では恩人であるオズボーンを裏切れず、リィンたちの敵に回ってしまった彼女ですが、写真を見るに『創の軌跡』では再び仲間に戻ってくれるようです。

 彼女と同じく《鉄血の子供達》出身のミリアムと親密な仲になっているユーシスや、ミリアムと姉妹同然のアルティナに対しては、以前にも増して友好的に。ミリアムを交えた彼女たちの会話もぜひ聞いてみたいです。

  • ▲温泉でリィンに礼を述べる。場所はユミルの鳳翼館?

 クレアはリィンの故郷である温泉郷ユミルにも訪れる様子。リィンと一緒に温泉に入っていますが、彼女のリィンへの想いはどうなっているのでしょうか?

 クレアには幼くしてこの世を去ったエミルという弟がおり、弟と同世代であるリィンにエミルを重ねて見てしまうこともありました。

  • ▲リィンへの想いの一端を吐露するクレア。写真は『閃の軌跡III』のものです。

 またリィンは、大恩あるオズボーンの息子でもあります。弟のように想う親愛の情と、恩人の息子へ向ける敬意。そこに異性としての好意まで入り混じっており、クレアのリィンへの想いはかなり複雑になっています。

 このあたりが『創の軌跡』でどう変化していくのか? はたして彼女はリィンのヒロイン候補に戻れるのか? クレアファンの1人として、そこのところははっきり描いてもらいたい(笑)。

  • ▲狙撃態勢のクレア。周囲の雪景色を見るに、この場所もユミル周辺?

 今回のクレアは、優秀な狙撃手としての面も見せてくれるようです。彼女が狙撃を行うということは、ユミルで何か争乱が起こるのでしょうか?

 ユミルにはリィンやその教え子のクルト、さらにはクルトの父である《雷神》マテウス・ヴァンダールも訪れるようなので、大抵の事件はすぐ解決してくれそうですが……。

  • ▲帝国でも有数の剣士であるマテウスもユミルを来訪。

 ちなみにTMPに復帰したクレアですが、衣装は軍服ではなく私服姿。TMPを離れて特殊な任務に就いているのでしょうか? また、オズボーンの影響力を失った、TMPの現状も気になるところです。

クレア OnePoint PlayBack

 クレアはTMPの将校として『閃の軌跡I』から登場。導力演算機並みのずば抜けた処理能力と優れた部隊指揮能力を持つ《氷の乙女(アイスメイデン)》の異名は、帝国正規軍はもちろん、貴族が率いる領邦軍にも広く知られていました。

 リィンには最初から好意的に接しており、帝国の内戦が勃発してからは、《貴族連合》に対抗するべくリィンたち旧《VII組》と共闘。

 内戦終結後は、オズボーンがリィンの父であることが判明し、リィンとやや気まずくなることもありましたが、基本的には友好関係が築かれていました。

  • ▲《煌魔城》での最終決戦の際は、オズボーンの配下として登場。写真は『閃の軌跡II:改』のものです。

 クレアはクロスベルの軍警学校で臨時教官を務めたことも。そのときの教え子だったユウナが、軍警察ともめて単位の半分を取り消されたとき、トールズ士官学院・第II分校に転校しての単位修得を薦めたのは彼女でした。

  • ▲第II分校でリィンの生徒になるユウナに慕われている。写真は『閃の軌跡III』のものです。

 第II分校にはクレアの従兄のミハイルが教官として就任。ミハイルとのやりとりがきっかけで、彼女の家族関係にまつわる過去や、オズボーン子飼いの《鉄血の子供達》になった経緯も語られました。

 このあたりの事情は、『創の軌跡』の新規エピソードでさらに掘り下げられそうな感じです。詳細については以前の考察記事を要チェック!

  • ▲金髪の女性は、クレアと因縁がある様子。

 災厄《巨イナル黄昏》が訪れた際、オズボーンの配下として行動しつつも、世界を破滅させかねないオズボーンの計画に協力することや、戦いの最中ミリアムを見殺しにしてしまったことに罪の意識を抱いていたクレア。最終決戦でリィンたちに敗れたなら、自決する覚悟を固めていました。

 ですが、ミリアムが意識だけの存在とはいえ復活したこと(のちに完全復活)、何より彼女の、死ぬことで責任を取ろうとする“後ろ向きな意志”を看過し、正面から立ち向かってくるリィンたちの姿を見て、少しだけ前向きになっていきます。

  • ▲リィンたちに諭され、後ろ向きな考えを振り切って決戦に挑む。写真は『閃の軌跡IV』のものです。

 こういったやりとりを経て敗北したからこそ、クレアは『創の軌跡』でTMPに戻り、帝国を立て直すべく活動しているのでしょう。もちろん、オズボーンに協力したという事実は消えず、その罪を周囲から糾弾される可能性は十分ありえます。

 それでも今のクレアなら、その逆境を乗り越え、前を向いて歩いていけるはず。そんな“強さ”を持ったクレアの活躍に期待します!

日本ファルコム近藤社長コメント

 オズボーン亡きあと、残された《鉄血の子供たち》のメンバーとしてTMP(鉄道憲兵隊)に留まり、帝国を支えていくクレアが描かれます。

 任務の1つとしてリィンの故郷であるユミルの里を訪れることになりますが、今回はあまり表立って動くことができない何らかの事情があるらしく、そのためTMPの制服ではなく私服で行動しているようです。

 オズボーン宰相の影響がなくなり、以前ほど自由な活動ができなくなったTMPで彼女がどのような事をしているのか、『閃の軌跡IV』以降、レクターやミリアムとはどのような関係になっているのか、といった点も彼女に関するイベント等を通して明らかになっていくかと思います。

 また、主にエピソードでの話になりますが、クレアの過去、そして、これからの彼女が進んでいく道についても語られる予定ですので、クレアファンの方はぜひこちらのエピソードを本作でお確かめください。


電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]衣装DLC“フェアリードール まじかる☆ラピス”&オリジナルダイナミックテーマ

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2014-2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2017 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税