アニメ『リゼロ』2期の見どころを高橋李依さんに聞く。エミリアのよくない部分が描かれる?

岡本大介
公開日時
最終更新

 7月8日よりTVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season』が放送されます。第1期の放送終了から約4年、ファンとしては待ちに待った瞬間ですが、声優陣はどのような心境でアフレコに臨んでいるのか気になりませんか?

 そこで今回はヒロイン・エミリアを演じる高橋李依さんにインタビュー! 第2期の魅力について、たっぷりと伺いました。

 なお、電撃オンラインでは主人公・スバルを演じる小林裕介さんへのインタビューを掲載しています。そして『リゼロ』特集ページではさまざまな記事を公開中。この記事とあわせてこちらもご覧くださいね。

「エミリアのよくない部分」が描かれる?

――第2期の放送直前というタイミングですが、現在の心境はいかがですか?

 新型コロナウイルス感染症の影響で、放送時期が4月から7月に後ろ倒しにはなってしまいましたが、それでもこうしてちゃんと完成に向かっていること自体が嬉しいですね。

 『リゼロ』を待ち続けてくださっているファンの方って、必ずやいいモノを届けてくれることを信じて、本当に辛抱強く待ってくださるんです。だからこそ私も「絶対に最高のモノを届けなきゃ!」とモチベーションを高く保つことができたので、みなさんには改めて感謝しかありません。

――OVAなどの展開もあり、高橋さん的にはずっとエミリアを演じ続けてきましたが、TVシリーズというのはまた特別な気持ちがありますか?

 TVシリーズという媒体そのものというより、「本編の続き」という意味で特別感がありますね。OVAなどで描かれたのは幕間劇だったり過去のエピソードだったりで、「未来」ではありません。その点で「エミリアの未来」が描かれるのはTVアニメしかないですから、それは特別ですよね。

――第1期の最後で止まっていた時間が再び動き出した感覚なんですね。

 まさにその通りです。でもそれを感じたのは第2期ではなくて、新編集版の第25話Cパートにあたる収録をしたときですね。

 だから少しだけ前の話になりますけど、あの時はエミリアの時間は4年間そのままで止まっていたんだということを実感しました。それと同時に、現時点でのエミリアの置かれている状況や心情をもう一度整理することができて、おかげで第2期にもすんなり入れたなと思います。

――リゼロは「死に戻り」の現象がありますから、キャラクターの記憶や状況を把握するのがとくに難しい作品なんですよね。

 そうなんですよ。第1期ラストのエミリアって、じつは白鯨討伐や大罪司教のことも詳しくは知らないんですよ。ロズワール邸にいたところにヴィルヘルムさんたちがやってきて、ここは危ないから逃げてほしいと連れ出されているだけで、エミリアの持っている情報量はかなり少ないんです。

――あれだけインパクトを残したペテルギウスのこともまったく知らないんですよね。

 そう! 私もイチ視聴者としてついつい馴染み深く感じてしまっているんですが、エミリア的には知らないんです。だからそういう細かい情報を整理しつつ「ここは新鮮さを忘れないように」と意識してアフレコに臨むようにしています。

――第2期のストーリーについてはどんな印象をお持ちになりましたか?

 もうシンプルにおもしろい! 第1期のときも台本が届くのを毎週心待ちにしていて、「この続きを知るにはまた一週間待たないといけないの?」っていう気持ちの連続だったんですけど、第2期でもそのおもしろさは健在ですね。

――では今も毎週届く台本を楽しみに待っている状態ですか?

 じつは今回は、台本が届くより前に原作を読んでだいぶ先までチェックしているんですよ。台本をベースに新鮮な気持ちで収録に臨むのはゆっけ氏(小林裕介さん)にお任せしています。

――先回りして原作をチェックしたのはなぜですか?

 第2期からはまた新しいキャストさんがたくさん参加されるので、ちょっとした疑問や確認にお答えできるように準備しておいたんです。

 もちろん現場には長月先生もいらっしゃるんですけど、ブースに入ればキャスト陣しかいませんし、そのなかでほんのちょっとした疑問というのは出てくるものなんですよね。わざわざ先生を捕まえてお尋ねするのも申し訳ないというときに、私で分かる範囲であれば、できるだけお答えしようと思って。

――そうだったんですね。高橋さん演じるエミリアについては、第1期と比べると変化は感じますか?

 これまでもちょこちょこは描かれていたんですが、第2期ではエミリアの「ちょっとよくない部分」がちゃんと描かれているなと思います。

――エミリアの「ちょっとよくない部分」ですか?

 そうなんです。エミリアって、自分に自信がなくて妙に卑屈だったりとか、自己肯定感の低いところがあるんですよね。それは第1期のときからなんとなく気づいていたんですけど、そうは言ってもメインヒロインですから、「綺麗で可愛くてちょっと天然」っていうヒロイン然とした面を出すことも多かったんです。

 でもそんななかで、ところどころでマイナスな一面を覗かせることもあり、当時は「ここまで人間臭くしちゃったらキャラクターに申し訳ないかな?」とか、ちょっとした葛藤もあったんです。でもOVA『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』で過去のエミリアを演じたことで、あの時にエミリアのダメさをある程度ハッキリと表現したのは間違いじゃなかったんだなと、答え合わせができた感じがしたんです。

 だから今では「エミリアのよくないところはココです!」と、胸を張って言えるようになりました(笑)。

ボクっ娘のエキドナに大興奮!

――第2期から登場する新キャラクターも多いですが、高橋さんが個人的に気になるキャラクターは誰ですか?

 エキドナさんですね。私、あのビジュアルも声も大好物なんですよね。じつを言うとキャストさんが決まる前から「願わくば坂本真綾さんだったらいいな」って思っていたくらいなんです。だから本当に真綾さんが演じられると知ってすごく嬉しかったですし、早くエミリアとエキドナが絡むシーンが来ないかなと、掛け合いできる日を待ちわびています。

  • ▲キービジュアルやPVでも非常に目立つエキドナ。第2期ではどう動くのか……?

――アフレコはまだ途中とのことですが、現場の雰囲気はいかがですか?

 いい意味で緊張感のある現場だと思います。話数によって深掘りされるキャラクターがどんどんと変わっていくので、それぞれが自分のキャラクターの当番をまっとうしつつ、次のキャラクターに丁寧にパスを渡していく感じで、すごく集中して臨めているなと思います。

 不思議なのが、真綾さんをはじめ第2期から参加されているキャストさんたちが、まるで第1期のころからリゼロに登場していたんじゃないかと思うくらいに違和感がないんです。「え? これがリゼロ初登場ですか?」っていつも驚いていますし、みなさん本当に安心感がありますね。

――序盤でとくに印象に残っているシーンやセリフはありますか?

 PVにも出てくるのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、エキドナさんの一人称が「ボク」なんです! 女性キャスト陣がそれに反応しまくっていて、みんなで萌えまくっています(笑)。

――アニメーションとしてのクオリティも高い作品ですが、第2期で個人的に期待しているポイントはどこですか? ちなみに、スバル役の小林裕介さんは「EDテーマの入り方」だとおっしゃっていました。

 ああっ! 私もまさにそこなんですよ。セリフの途中からEDテーマがかかり始める特殊エンドの話数があるんですけど、それが最高のタイミングなんです。nonocちゃんが歌うEDテーマ『Memento』が、すっごく気合いが入る楽曲なんですよね。

 第2期の序盤、とある回の最後に、決意を新たにしたエミリアのセリフがあるんですが、そこも楽曲に力を貸してもらい、鳥肌が経つようないいシーンになっています。とにかく第2期も間違いなく素晴らしい演出が堪能できると思います。

――最後に改めてリゼロファンに向けてメッセージをお願いします。

 そうですね。この4年間、SNSやラジオ、イベントなどを通じて、みなさんの熱量はずっと私たちキャストに届いていましたし、それはスタッフさんたちも同じだと思います。まずはそのことに感謝したいですし、ようやく第2期という形でお返しすることができて本当に嬉しいです。きっと4年間待ち続けただけのクオリティになっていると思いますので、ぜひ楽しんでいただければと思います。

『Re:ゼロから始める異世界生活』新編集版 Blu-ray BOX

■メーカー:KADOKAWA アニメーション
■価格:32,000円(税別)
■発売日:2020年5月27日(水)
■内容:Blu-ray 4枚組
■収録内容:全25話
■特典:スペシャルアウターケース、キャラクターデザイン・坂井久太描き下ろしデジパック、ブックレット(再編集版)
※ブックレットは「Re:ゼロから始める異世界生活」Blu-ray&DVD全9巻(ZMXZ-10651~10659/ZMBZ-10661~10669)に収録されていたブックレットの再編集版です。

『Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season』

放送・配信情報
AT-X……2020年7月8日より毎週水曜22:30 ※リピート放送あり
TOKYO MX……2020年7月8日より毎週水曜23:30
テレビ北海道……2020年7月9日より毎週木曜26:00
KHB東日本放送……2020年7月9日より毎週木曜25:31
テレビ愛知……2020年7月9日より毎週木曜26:05
KBS京都……2020年7月10日より毎週金曜25:00
サンテレビ……2020年7月9日より毎週木曜25:00
TVQ九州放送……2020年7月10日より毎週金曜26:58
BS11……2020年7月8日より毎週水曜25:00

ABEMA……2020年7月8日から毎週水曜23:00
dアニメストア……2020年7月8日から毎週水曜23:00
※その他サイトも2020年7月13日23:00以降、順次配信予定。

スタッフ(敬称略)
原作:長月達平(MF文庫J『Re:ゼロから始める異世界生活』/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:大塚真一郎
監督:渡邊政治
シリーズ構成:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太
モンスターデザイン:小柳達也
アクション監修:大田和寛
プロップデザイン:岩畑剛一、鈴木典孝
デザインワークス:加藤千恵、コレサワシゲユキ、灯夢、坂井ユウスケ
美術設定:青木薫(美峰)
美術監督:高峯義人(美峰)
色彩設計:坂本いづみ
撮影監督:峰岸健太郎(T2studio)
3Dディレクター:軽部優(T2studio)
編集:須藤瞳(REAL-T)
音響監督:明田川仁
音響効果:古谷友二(スワラ・プロ)
音楽:末廣健一郎
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作:WHITE FOX
製作:Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

キャスト(敬称略)
ナツキ・スバル:小林裕介
エミリア:高橋李依
パック:内山夕実
レム:水瀬いのり
ラム:村川梨衣
ベアトリス:新井里美
ロズワール・L・メイザース:子安武人
ガーフィール・ティンゼル:岡本信彦
オットー・スーウェン:天﨑滉平
フレデリカ・バウマン:名塚佳織
ペトラ・レイテ:高野麻里佳
リューズ・ビルマ:田中あいみ
エルザ・グランヒルテ:能登麻美子
エキドナ:坂本真綾

(c)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会
(c)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会
(c)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会