世界名作劇場『フランダースの犬』から45年。『ロミオの青い空』が大人向けに新展開!?

電撃オンライン
公開日時

 日本アニメーションは、“世界名作劇場シリーズ”の新プロジェクトとして“世界名作ノスタルジア”の実施を決定しました。

 1975年放送の『フランダースの犬』の放送から45周年を迎えた“世界名作劇場シリーズ”。

 同プロジェクトでは “大人向け”をコンセプトに、放送開始から作品を応援しているファンに向けた展開を予定しています。

新プロジェクト“世界名作ノスタルジア”が始動

 “世界名作ノスタルジア”の第一弾となる作品は、今年25周年を迎えた『ロミオの青い空』です。

 “Romeo lo spazzacamino(ロミオ ロ スパッツァカミーノ)”と銘打ち、インテリア雑貨・キッチングッズなどの展開が予定されています。

 新展開に合わせて、『ロミオの青い空』の作画監督・キャラクターデザインを担当した佐藤好春さんが新たな原画アートを描き起こしました。

“Romeo lo spazzacamino”について

 イタリア語で“煙突掃除夫のロミオ”を意味する“Romeo lo spazzacamino(ロミオ ロ スパッツァカミーノ)”。

 『ロミオの青い空』の作中ではロミオが煙突掃除の呼び込みをする際、“スパッツァカミーノ!”と叫んでいるシーンが印象的です。

 “世界名作ノスタルジア”の第一弾として展開する“Romeo lo spazzacamino”では、『ロミオの青い空』の舞台でもあるイタリア・ミラノという世界観を重視し、デザイン上ではイタリア語が使用されています。

 公開されたアートは、自然をテーマとしたアート“naturale(ナトゥラーレ)”です。

 今後、新アート “naturale”を使用した商品展開や同原画アートをベースとした新アートの開発も予定されています。

 最新情報などは、 “Romeo lo spazzacamino”公式サイトにてご確認ください。


(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.