ポケットにも入る? 4K対応ミニPC“LarkBox”クラウドファンディング開始

電撃オンライン
公開日時

 パソコン・タブレットメーカーのCHUWI(ツーウェイ)は、6月23日23:00よりIndiegogoにて、新ミニPC“LarkBox”のクラウドファンディングを開始しました。

・リターン①
(300名様限定)LarkBox×1 22%OFF
早割価格155ドル
・リターン②
(500名様限定)LarkBox×1 15%OFF
Indiegogo特別価格169ドル

発送日:2020年8月発送予定

製品の特徴

 LarkBoxのサイズは61×61×43mm。手のひらで包み込める小さなボディで、どこに置いてもジャマになりません。VESAマウントに対応しておりますので、ディスプレイの背面に取り付けてオールインワンPCとしてもお使いいただけます。

 そのほか、ご自宅で4Kテレビに接続して映画鑑賞、会社でプレゼン資料の投影、またデジタルサイネージや監視カメラ用のPCにもぴったりです。

 インテルCeleron J4115プロセッサとUHDグラフィックス600を搭載。4K画質の映像もストレスなく楽しめます。

 内蔵した6GB LPDDR4メモリ+128GB eMMCストレージのおかげで、LarkBoxは複数のタスクを迅速に切り替えて作業効率をアップできます。また、アクティブ放熱ファンと豊富なポートを装備しており、さまざまなデバイスを接続可能です。

製品詳細

・製品名:LarkBox
・OS:Windows10/Linux
・サイズ:61×61×43(H)mm
・重量:127g
・CPU:Intel Celeron J4115
・GPU:UHD Graphics 600
・メモリ:LPDDR4 6GB
・ストレージ:128GB eMMC
・WiFi:802.11a/ac/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
・Bluetooth:5.1
・インターフェース:USB-A 3.0×2、HDMI、Type-C(充電口)、128GB MicroSD、3.5mmイヤホンジャック
・増設(付属なし):M.2 2242サイズSATA SSD(最大2TB)