初音ミクは着物姿もよく似合う。“冬木小袖”ミクの新グッズに注目!

電撃オンライン
公開日時

 国立文化財機構、東京国立博物館(トーハク)文化財活用センター(ぶんかつ)は、1月から開始したファンドレイジング事業“冬木小袖”修理プロジェクトの一環として、『初音ミク』を展開するクリプトン・フューチャー・メディアと共同して『“冬木小袖”ミク』を新たに制作、コラボレーショングッズを発売します。

  • ▲『“冬木小袖”ミク』 キービジュアル

 トーハクとぶんかつは、重要文化財『小袖 白綾地秋草模様(こそで しろあやじあきくさもよう)、通称“冬木小袖(ふゆきこそで)”』(東京国立博物館所蔵)の本格修理費用を個人や企業から募る『“冬木小袖”修理プロジェクト』を本年1月17日から始動、『“冬木小袖”ミク』はこのプロジェクトの一環として制作されるものです。

 コラボレーショングッズの売り上げの一部は同プロジェクトへの寄附に充てられ、購買を通じて貴重な文化財を未来につなげる活動に参加することができます。

 『“冬木小袖”ミク』のデザインは、国内外で活躍するイラストレーター・キャラクターデザイナーの森倉円(もりくらえん)氏が担当、“冬木小袖”の美しさを生かしつつ、『初音ミク』の年齢に合わせて、本来より袖の長い振袖姿をデザインいただきました。

 背景にはトーハク本館の大階段を採用、『“冬木小袖”ミク』がトーハクに降り立った華やかな様子が描かれています。

『“冬木小袖”ミク』コラボレーショングッズ

 今回発表するグッズは9種類。大日本印刷株式会社の高精細印刷技術を用いて制作した複製原画やアクリルパネルをはじめとした、キービジュアルを使った様々なグッズを展開します。

 グッズはトーハクのミュージアムショップ、同館で開催する特別展“きもの KIMONO”特設ショップ、“冬木小袖”ミクオフィシャルECサイトにて、6月30日より販売されます。商品ラインナップは今後も追加予定です。

グッズ一覧(税込価格)

(1)アクリルパネル(A3)*1:53,000円

 厚みのあるアクリルにクリアな印刷を施した、高精彩なアクリルパネルです。アクリルの光を透かす特性を生かし、置く場所や光の当て方によってさまざまな表情を楽しめます。

 使用しているインキの特性として、粒子が細かく滑らかでクリアな表現が可能なほか、耐光性・耐水性・耐摩耗性にも優れています。

(2)複製原画(A3)*1:50,000円

(3)ビッグアクリルスタンド*1:10,000円

(4)ポスター(A2)*2:3,000円

(5)ミニ色紙:1,200円

(6)クリアファイル(A4):550円

(7)ポストカード:220円

(8)Milky(ミルキー):1,650円

 ソフトキャンディでお馴染みの不二家のMilky缶に“冬木小袖”ミクが登場。缶の中には、コラボ記念限定のアクリル・キーホルダーも入っています。

(9)ねんどろいど*3:価格未定

 『“冬木小袖”ミク』をデフォルメアクションフィギュアシリーズ『ねんどろいど』で立体化。

 “冬木小袖”モチーフの振袖姿のミクを、手のひらサイズで可愛らしく立体化しました。着物のイメージに合わせた交換用のオプションパーツも付属予定です。

※「ねんどろいど」は、7月末からの受注販売を予定しています。

*1:トーハク館内では若干数のみ販売(完売次第終了)、ECサイトでは完全受注生産にて販売
*2:ECサイト限定販売
*3:7月末より受注販売予定

※1~5は大日本印刷株式会社、6~7は東洋レコーディング株式会社、8は株式会社不二家、9は株式会社グッドスマイルカンパニーが製造

“冬木小袖”修理プロジェクト概要

『重要文化財 小袖 白綾地秋草模様、通称“冬木小袖”』の修理にかかるファンドレイジング事業

寄附金募集期間:2020年1月~2022年6月(“冬木小袖”修理は2022年秋に完了予定)
寄附金目標額: 1,500万円
寄附申込方法:ウェブサイト、トーハク内募金箱からの寄附等

*寄附金は、修理費用ならびに、本プロジェクトの事業運営費として使用します。
*寄附金が目標を上回った場合、お寄せいただいた寄附金はすべて東京国立博物館所蔵の文化財の修理費として大切に活用いたします。

 “冬木小袖”とは、尾形光琳が約300年前に、みずから筆をとって秋草の模様を描いたきものです。京都から江戸に出た光琳が滞在していた深川の材木問屋、冬木家の夫人のために描いたといわれ、“冬木小袖”と呼ばれています。

 白綾の絹地に菊、萩、桔梗(ききょう)、芒(すすき)といった秋草が、墨の濃淡と、藍(あい)、黄、淡紅色でのびのびと描かれています。輪郭を描かずに形をとらえる画風は、他作品とも共通する光琳ならではの表現です。

  • ▲重要文化財 小袖 白綾地秋草模様(通称“冬木小袖”) 尾形光琳筆 江戸時代・ 18世紀前半 東京国立博物館蔵

 日本やアジアの文化財は、木や紙、絹など脆弱な材質のものが多く、光や熱、温湿度の変化など、さまざまな要因により劣化してしまいます。大切な文化財を未来へと受け継ぐためには、定期的な修理を行ない、文化財を良好な状態に保つことが重要です。

 トーハクではこれまでも、予算の一部を修理費用に充てることで、継続して文化財の修理を進めてきましたが、その予算は限られており、多くの文化財が修理の順番を待っている状況です。

 “冬木小袖”も経年による劣化が進み、汚れや糸の断裂が見られます。また、傷んだ布地を補強するために先の修理で施した並縫いの跡が目立ち、これが原因となって新たな傷みも生じています。

 このため、“冬木小袖”は2020年度から約2年かけて本格修理をすることとなりました。トーハクとぶんかつは、“冬木小袖”修理プロジェクトとして多くの方からの寄附を募り、修理費用に充てます。

“冬木小袖”の公開予定

修理前

東京国立博物館 特別展“きもの KIMONO”(変更後会期:2020年6月30日~8月23日)

※“冬木小袖”は会期中全期間展示されます。
※展覧会会期は変更する場合があります。最新の情報は展覧会公式サイトをご確認ください。

修理後

東京国立博物館 総合文化展 2023年春頃を予定

Art by 森倉円 / (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net