【ぱすメモシナリオ集】第1部・1章“私たちのうさぎ小屋”~スチームパンク世界の冒険

そみん
公開日時

 2019年8月6日にサービス終了を迎えるコアエッジのオタクガールズRPG『ぱすてるメモリーズ(ぱすメモ)』のシナリオ集をお届けします。

 この記事では、第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”のシナリオ集を掲載します。

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第01話

●ねじれウサギ
このままではアキハバラが…
いや…世界が大ピンチなんだぴょん!

●泉水
ほらほら見て!店長!
かわいいでしょ!これ!

●ねじれウサギ
ちょちょちょ!?
ボクが真面目な話をしているのに
なんで勝手に変身してるぴょん!

●泉水
いや~ メモリアルチェンジって
叫べば変身できるってわかったから
こっちでも変身できるかな~って思って…

●ねじれウサギ
確かにメモリアルチェンジはこの店の中でも
作品世界の中でもできるぴょん…いやいや
それよりもボクの話を聞いて欲しいぴょん…

●泉水
とりあえず… 作品の中には世界があって
そこにウイルスっていう悪いのがいて
みんなの思い出を消しているんでしょ?

だからあたし達が倒す!
ってことだよね!

●ねじれウサギ
そうだぴょん!
そしてそのためには君達の力…
そして店長の力が必要なんだぴょん!

●店長
おい、泉水
勝手に戦うなんて決めるんじゃない…

そもそも、俺はなにもしてないし
俺の役目の説明が欲しい

●ねじれウサギ
なにもしていないわけじゃないぴょん
立派に転移ゲートを開いたぴょん

●イリーナ
転移ゲートと言うのはさっき
私達が吸い込まれていった穴のことか
あの中を通って作品の中に行くわけか…

●店長
ええ? ちょ、ちょっと待ってくれ
俺の役割って……それだけ?

●ねじれウサギ
そうだぴょん!
でもそれは店長にしかできないことぴょん!
店長には不思議な力が宿っているぴょん!

●店長
不思議な力…?

●ねじれウサギ
転移ゲートを開けるのもそうだけど
店長はウイルスに免疫があるぴょん!

●店長
ウイルスに免疫…?
だから俺だけは作品のことを
覚えていたのか…

●ねじれウサギ
作品の思い出があるからこそ
その世界に行くための転移ゲートを
開くことができるぴょん!

●イリーナ
店長がいるから作品世界の中に行ける…
なるほど…

●亜矢香
ところで…私達はなんで
変身できたのでしょう…
メモリアルチェンジ…でしたっけ?

●ねじれウサギ
メモリアルチェンジは
思い浮かべた作品の中から
自分に近い存在になりきる能力ぴょん!

●泉水
自分に近い存在になりきる能力…
コスプレみたいなもの…?

●ねじれウサギ
まぁ近いぴょん!
みんなは「スチームコレクター・ミンク」の
登場人物になりきったんだぴょん!

●イリーナ
そんなことができるのか…
なぜ私達が…?

●ねじれウサギ
みんなは「思い出の力」を操る才能が
非常に高いんだぴょん!

●泉水
思い出の力…?

●ねじれウサギ
みんなは知らないと思うけど
心の中で生まれる「思い出」というものには
とてつもないエネルギーがあるぴょん!

思い出の力…
それは「メモリア」と呼ばれる力だぴょん!

●イリーナ
メモリア…

●ねじれウサギ
みんなが変身できるのも
ボクが動いてこうやって喋れるのも
「メモリア」の力なんだぴょん!

●泉水
なんだかよくわかんないけど
思い出の力って万能で
とにかくすごいんだね!

●ねじれウサギ
まぁ、そういう認識で大丈夫だぴょん…
不思議な力が起こるのは思い出の力…
メモリアによるものなんだぴょん!

この店はメモリアの量がすごいから
転移ゲートを開くことができるぴょん!

●亜矢香
アキハバラに残った
数少ないオタクショップですもんね…

●イリーナ
みんなの思い出の力…メモリアが
この店に集まってきているのか…

●ねじれウサギ
そして君達はメモリアを沢山生み出せる
力を持っているから、変身できるんだぴょん

君達のような人を…
「思い人」と呼ぶんだぴょん!

●亜矢香
思い人…!
なんだか優しい名前ですね!

●ねじれウサギ
思春期の女の子達は沢山の思い出を
作ったり、育てたりすることができるぴょん
つまりはオタクの才能があるってことぴょん

●泉水
オタクの才能って言われても
あまりうれしくないんだけど…

●店長
俺は…その…
メモリアルチェンジできないのか?

●ねじれウサギ
メモリアルチェンジできるのは
思い人にしかできないぴょん
店長、魔法少女になりたかったぴょん?

●店長
ち、違う…そうじゃなくて

●ねじれウサギ
店長の仕事はこれだぴょん
はい、このディスクを手に持つぴょん

●店長
ん…?これは
アニメ「スチームコレクター・ミンク」の
ディスク…?

●泉水
うわわっ!?
またゲートが開いたよ!?

●亜矢香
あーれー!

●店長
お、おい!みんなー!

●店長
…みんな行ってしまった

転移ゲートを覗けば
中の様子が見れるんだったな…

●泉水の声
きゃー!
またウイルスが襲ってきたー!

●ねじれウサギの声
はやくイリーナも変身するぴょん!

●イリーナの声
うおおおお!
メモリアルチェンジ!!

●店長
だ…大丈夫かな…みんな…

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第02話

●泉水
ハァハァ…
なんとか倒したけど…コレは一体なんなの?
あたし達を襲ってくるんだけど…

●ねじれウサギ
ウイルスと呼ばれる
人の思い出を奪い去る一種の魔物ぴょん

ウイルスは作品世界の中に住み着き
作品の中に集まった
人々の思い出を黒く塗りつぶすぴょん

●亜矢香
黒く塗りつぶすって表現…
なんだかカッコイイですね!

●ねじれウサギ
そんなカッコイイものじゃないぴょん…
最終的にみんなの思い出が真っ黒になると
作品のことを思い出せなくなるぴょん

●イリーナ
私達が
「スチームコレクター・ミンク」を
思い出せなかったのはその影響か…

●ねじれウサギ
今やほとんどの作品世界には
ウイルスが住み着いて
みんなの思い出を塗りつぶしているぴょん

かつてこの国には様々な
サブカルチャーがあり
アキハバラはその思いで満ちていたぴょん

●イリーナ
今は見る影もなく…
店長が細々とその灯火を守っているな

●ねじれウサギ
その通りだぴょん
どうしてそうなったのかと言うと
ウイルスが、この街…いやこの国かぴょん?

この国の人々からそうした趣味にかける
様々な思いを奪っていったのだぴょん

●亜矢香
だから…この国のほとんどの人達は
無趣味な人に変わってしまったのですか?

●ねじれウサギ
その通りアニメや漫画、プラモデル
その他様々な趣味にかける熱い想いを
すべて奪い取ったぴょん!

●泉水
そんなの許せない!
思い出って大切なものじゃない!

●ねじれウサギ
その通りだぴょん
そしてイズミンの思い出も
実はかなり奪われているんだぴょん!

●泉水
え? えええっ!?
うそ…だってあたしは…

●ねじれウサギ
順調にオタクの子となるはずだったのに
イズミンはいつの間にか
普通の人になりかけてたぴょん

●イリーナ
そうか店長との接点がなければ
泉水はオタクから足を洗った
普通の女子高生になっていたのか

●ねじれウサギ
まぁ、オタク化は日本人の通過儀礼であり
成長に従い、忘れていく者もいるぴょん

●泉水
通過儀礼って…そうだったの?
あたし、そんな儀式受けた憶えはないけど

●ねじれウサギ
小さな頃必ずアニメや特撮を見るぴょん
日本人は必ずソコでオタクの思い出を得て
成長させるか決めるぴょん

選択で成長させない者もいたぴょん
それが普通だった時代もあったけど、
今のこの状況は普通ではないぴょん

●亜矢香
今の状況だと
無理矢理ウイルスにオタ心を奪われ
無趣味になっていくんですね…

●ねじれウサギ
その通りだぴょん
イズミンのそばに店長がいたから
完全には思い出を奪われなかったぴょん

●イリーナ
店長、さりげに凄いな
しかし、勝手に思い出を奪うなど
非常に許しがたい行為だな

●亜矢香
そうですね本人の意志ではなく、
勝手に奪い取るなんて言語道断です!

●泉水
取り戻そう! みんなの思い出を!

●イリーナ
ああ、誰の仕業かわからないが…
許せないからな!

●亜矢香
それが…私達にしかできない
ことであれば…やるべきですよね!

●泉水
みんな、頑張ろう!

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第03話

●ねじれウサギ
というわけで、まずはみんなで
「スチームコレクター・ミンク」の思い出を
取り戻して欲しいんだぴょん!

少しずつ色んな作品の思い出を
取り戻して、アキハバラを
元のオタクの聖地に戻すんだぴょん!

●店長
話は全部聞いたが…
賛同はできないな

●ねじれウサギ
ぴょん!?
断るのかぴょん!?

●泉水
ええ!?店長なんで!?
みんなの思い出が消されているんだよ!?

●イリーナ
私も…あのウイルス達を許せない…
思い出を消すなんてことは絶対に…!

●亜矢香
そうですよ!
私達だって色んな作品の思い出を
奪われたままなんですよ!?

●店長
みんなの気持ちは分かったけど
女の子に危ないマネを
させるわけにはいかない

あっちの世界でケガをしたらどうなる?
とんでもない事件に巻き込まれる
可能性だってあるだろ!?

●ねじれウサギ
女の子達はウイルスの攻撃を受けても
メモリアを消耗するだけで
体が傷ついたりすることはないぴょん

●店長
その言葉を簡単に信用することはできない…
それに…そのメモリアという力は
心の傷まで守ることはできないだろ?

戦いの中で…
女の子達の心が傷つくことだって
あるかもしれないだろ…?

●泉水
店長…

●ねじれウサギ
でもこのままだと
アキハバラが更に衰退して
店が潰れちゃうぴょんよ?

●店長
アキバが寂れてこの店が潰れたとしても
それは仕方ないことだと思う

泉水や亜矢香、イリーナはまだ高校生だ
彼女達が危険に合うリスクと
引き換えにすることは…できない

それに…3人はこのお店の
大切なお客さんなんだ!
客の命を賭けさせる店がドコにある?

●泉水
お店が潰れるなんてイヤだよ!
このお店には…
あたしの思い出だってあるんだよ?

●亜矢香
残り数少ないオタクショップ…
ここがなくなったら
私は行くところがありません!

●イリーナ
私も…日本のミリタリーグッズを
もっと見てみたいんだ
アキハバラは守らなければ…!

●ねじれウサギ
み、みんな落ち着くぴょん!
店長の言い分ももっともだぴょん

今日は解散して頭を冷やすといいぴょん
みんなヒートアップしすぎぴょん
落ち着いてから話せばいいぴょん?

●泉水
う、うん… そうだね…
もうお外も暗くなってきた時間だし…

●店長
………

●モノローグ
結局、この日はその場で解散となった
そして……

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第04話

●店長
ふぅ… 閉店作業完了
今日は色んなことがあったな…本当に…

…ところでねじウサ
お前は…帰らないのか?

●ねじれウサギ
ボクが帰る?どこにぴょん?
ボクの家はこの店だぴょん
だってこの店のマスコットだぴょん!

●店長
お前はこの店に
ずっといることになるのか…

●ねじれウサギ
…というかこの店の中と
作品世界以外でボクが活動することは
できないんだぴょん

ボクはこの店の先代店長…
つまりは店長のおじいさんによって
デザインされたマスコットだぴょん!

この店が大繁盛していた頃のボクは
ぬいぐるみになったり、色んな人に
愛されるキャラクターになったぴょん!

店長のおじいさんはこの店が…
ボクのことが大好きだったぴょん!
だからボクは命がけでこの店を守るぴょん!

●店長
もし、店の外に出たら…
どうなってしまうんだ?

じゃあ、この店がなくなったら…
お前はどうなっちゃうんだ!?

●ねじれウサギ
ご想像におまかせするぴょん
でも…きっと…

…まぁそんな話は置いといて
そろそろ店を閉めたほうが
良さそうだぴょん

●店長
あ、ああ…
店のシャッターを閉めてくる

--店の外

●店長
(…おじいちゃん…か…
生きていたら今頃…
なんて声を掛けてくれたんだろうな…)

●泉水
………

●店長
泉水…?
帰ったんじゃなかったのか?

●泉水
うん… ちょっと…ね!

●店長
……?

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第05話

●モノローグ
夜も遅かったので
泉水を家まで送っていくことにした

泉水の家は俺の実家から近く、
小さな頃からの近所付き合いだ

●泉水
店長、さっきは…ゴメン…ね

●店長
え…? なにが?

●泉水
店長、自分の店のことよりも
あたし達のことを心配してくれているのに
ギャーギャー騒いじゃって…

●店長
ふふっ、そんなのいつものことだろ?

●泉水
そうだけど! そうだけど…
真面目に言ってるんだから
茶化さないでよ…

●店長
あ、ああ…

●泉水
今日、作品世界に入って
みんなと力を合わせて戦ったけど…
今でもまるで夢のような気分なんだ

もちろん、怖い思いもしたんだけど…
なんだかね、すっごく楽しかったんだ

●店長
怖い思いをしたのに?

●泉水
うん!スチームパンクの世界って
ちょっとモクモクしてるけど
なんだかワクワクするんだよね!

でね、あとで気づいたんだ…
これって…あたしがあの作品を
店長と初めて観た時と同じ気持ちだって

店長は覚えてる?
初めて「スチームコレクター・ミンク」を
一緒に観た時のこと!

●店長
ああ… おじいちゃんからBDを借りて
初めてあの店で観たんだよな…
本当にいい作品で…何度もお前と観直して…

●泉水
うん
でもその思い出のこと…
あたし、今日までずっと忘れちゃってた

これがウイルスの影響で
あたし達にしか退治できないなら
あたし、やるべきだと思うの!

それにあのお店も…
まだまだいっぱい思い出が残ってる
お店…潰したくないな…

●店長
泉水…

●泉水
それに…あの子…ねじウサ
お店がなくなったら…
どうなっちゃうのかな…

●店長
(会話を聞いていたのか…泉水)

●泉水
お店潰れたら、あの子はどうなっちゃうの?
せっかくあたし達と会話できるように
なったのに…

店長とも…会えなくなっちゃうかもよ?

●店長
…そろそろ着くぞ
それじゃあ…な…

●泉水
店長!
本当にお店なくなっちゃってもいいの?

●店長
………

●泉水
…ごめんね、おやすみなさい

タッタッタ…

●店長
(泉水達はやる気になっている…
お店を残したい気持ちもあるし
アキハバラを守りたい気持ちもある…)

(だが…彼女達はただの女子高生…
俺に彼女達をまとめる資格なんて
…あるわけないじゃないか)

●モノローグ
俺は様々なことを考えながら
トボトボと夜道を歩いて帰っていった

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第06話

●店長
ふぅ…昨日はあまり眠れなかった…
おかげでちょっと遅刻してしまった…

カチッ

…ん!?
なんで店がもう開いているんだ!?
まさか、ドロボー!?

●イリーナ
こら、店長!
店長ともあろうものが遅刻とは何事だ!

●泉水
いらっしゃいませ~♪
うさぎ小屋本舗へようこそ~♪

●店長
なっ…!?

●亜矢香
BLからガレージキットまで
オタク商品を幅広く取り扱っております

●イリーナ
もちろんエアガンのガンスミスも
ここで承ろう

●店長
おまえら…なんで制服着てんだ!?
って言うか、どうやって店に入った?

●泉水
開いてたよ~

●亜矢香
私が来た時も開いてました~

●イリーナ
同じく、開いていた

●店長
んな…俺は昨日確かに鍵を…

●ねじれウサギ
ん? ボクが空気を入れ替えるために
代わりに店を開けておいたぴょん

●店長
おまえかー!!
…お前のサイズでもシャッターの開け閉め
くらいはできるんだな…

●イリーナ
店長、実は昨晩
みんなと話し合って決めたことがある

●亜矢香
店長さんが、わたし達がお客さんだから
危険な目に合わせるわけにはいかない…
と言うので~

●泉水
あたし達
今日からここの店員になりま~す!

●店長
そう言われてもな…
バイト3人も雇ったら
赤字経営真っ逆さまだぞ!

●泉水
でも、早朝からお店開けてたら
お客さん来てたよ

●店長
こ、こら!
勝手に店を開けるな!

●イリーナ
そこに飾ってあったNゲージの汽車を見て
大喜びで買っていったご老人がいた

●店長
Nゲージって…
あれは十数万もするんだぞ!?

●泉水
あたし達が店員だったから
売上げが増えたんだよね~!
アヤちゃんってカワイイからさ!

●亜矢香
わ、私はそんなに…
カワイイなんてことは…

●店長
(確かに… 女の子が接客していたほうが
客足が増えるのは当然のこと…だが…)

●イリーナ
みんなで落ち着いてから
この店のこと…アキハバラのこと…
いろんなことを話したんだ

私は自分の思い出も取り戻したいし
この世界の人すべての思い出も同じだ

●亜矢香
私も一緒です
もっとお友だちを増やしたいです!

コスプレだってしたいし
このお店をなくしたくありません

●泉水
ということで、みんなの意見が一致したの

●イリーナ
店長…私達を雇ってくれ
そしてみんなの思い出を救うこと…
これを私達の仕事にしてくれ!

●店長
いや、それは…

●泉水
ううん!みんなの思い出を取り戻せば
この店ももっと繁盛するはずだよ!きっと!

●イリーナ
そうだな!
やるからにはこの店の売上を
伸ばしたいところだな!

●亜矢香
どうですか?店長さん
私達、結構お役にたてると思います!

●ねじれウサギ
ボクのほうからもお願いするぴょん!
みんなが集まってくれて…
ボク、すごくうれしいぴょん!

●店長
おまえら、まだ学生だろう…

●泉水
だから、バイトでOK!
給料も安くて済むでしょ?

●イリーナ
最低賃金で構わない

●亜矢香
もちろん、売上げを伸ばして
お給料に困らないよう
お店も成長させたいと思っています!

●泉水
うん!そうだね!
このお店をもっと大きくしたいよね!

●店長
お前達………

…わかった、何があろうと
絶対に無理はしないこと
そして…店長の言うことはちゃんと聞く事

それが約束できるなら…お前達を雇おう
作品世界への冒険も許す

●泉水
やったー!
ありがとう!店長!

●亜矢香
作品世界での冒険よりむしろ…
接客がいささか不安ではありますが
私も頑張ります!

●イリーナ
大切なものを取り戻そう!みんなで!

●ねじれウサギ
みんな…ありがとうだぴょん!
必ずみんなの思い出を取り戻すぴょん!

●店長
ああ、やるからには取り戻そう!
…だが、無理は絶対にするなよ

●泉水
ははっ!店長、そればっかり!

●イリーナ
私よりも慎重なんだな…店長は
ふふふっ!

●モノローグ
こうしてこの「うさぎ小屋本舗」に
新たな従業員が3名
アルバイトとして働くこととなったのだ…

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第07話

●泉水
いらっしゃいませ~♪
うさぎ小屋本舗にようこそ!

●亜矢香
いいいい…いらっしゃいませ…

●イリーナ
亜矢香、声が小さいぞ!
もっと腹の奥底から声を出すんだ!

●亜矢香
いいいいい いらっひゃいまひぇーー!!

●泉水
あはは!
アヤちゃん、へんな声~!

●亜矢香
ううう… 恥ずかしいです…

●ねじれウサギ
店員さんが増えて
閉鎖していたカフェコーナーもオープンして
お店の再スタートって感じだぴょん!

●店長
カフェコーナーがオープンすることで
売上も倍増するだろう
しばらくは閉店する心配はなくなった

●泉水
ええっ!?
倍増しちゃうの!?

●店長
オタク文化が廃れると共に
売上の殆どをカフェコーナーが
占めるようになったからな…

●泉水
オタクショップだったのに
本末転倒…だね

●イリーナ
それにしても…
もう少し人手が欲しいな

●亜矢香
そうですね
風邪などでお休みしてしまうと
人手が足りなくなりますからね…

●泉水
あたし達と同じような子がいると
いいんだけどなぁ…

●ねじれウサギ
思い人のことぴょんね
アキハバラのどこかにいるはずだから
見つけないといけないぴょん…

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第08話

●モノローグ
泉水達はスチームパンクの世界で
ウイルス退治を行っていた

●泉水
あ~つかれた~!

●亜矢香
さすがに、三人で連日戦っていると
疲労回復がままならないですね

●イリーナ
この程度で弱音を吐くなんて
日々の鍛錬が足りないぞ、泉水

●泉水
鋼鉄のイリーナさんと一緒にしないでよ~

●イリーナ
失礼な
私も無敵ではない

●ねじれウサギ
確かにこの人数で
接客と冒険の両方を頑張るなんて
無理があるぴょん

かといって代わりとなる人材が
そうそういるとは思えないぴょん…

●亜矢香
私達のように、特定の趣味を持つ
オタク女子はいませんかね…?

●泉水
そりゃどこかにはいるだろうけど…
どこにいるのか見当もつかないよ

●ねじれウサギ
うさぎ小屋本舗もオタクショップだぴょん!
店に才能ある女の子が
来店するかもしれないぴょん!

●亜矢香
あはは…
お客さんを勧誘することになるんですね…

●泉水
友だちがいっぱいになるといいよね
お店も賑わうし
良い人が来てくれるといいよね!

●イリーナ
最初は仲間を見つけること…か
目標が決まったな!

●亜矢香
頑張って見つけましょう!
私達の仲間を!

●泉水
うん!
絶対あたし達の手でアキハバラを
救うんだから!

●モノローグ
こうして…
泉水達の冒険は本格的に
始まりを告げるのであった…

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第09話

●モノローグ
…………

泉水達が働き始めてから
早1ヶ月が経過していた

●亜矢香
ハァハァ…す、すみません
も、もう少し…休ませて…ください…

●イリーナ
泉水、亜矢香が息切れしている
亜矢香をカバーするんだ

●泉水
そうしたいのは山々なんだけど
ウイルスの量、なんだか多くない!?

●イリーナ
確かに…敵の数が多すぎる!
これは骨が折れそうだ…

●泉水
アヤちゃん! 小休止できる場所まで
がんばって!!

●亜矢香
わ、わかりました! が、がんばりま…
ああっ! 敵が後ろにも!!

●イリーナ
後ろにも回り込まれた!
これは…少しまずいな…

●泉水
ねじウサ! なんとかならないの!?

●ねじれウサギ
もうちょっと待つぴょん!
必ず… 必ず「あの人達」が
助けに来るぴょん!

…ああっ!来たぴょん!

ズバアッ!

●???(薫子)
ふぅ… とんでもないウイルスの数ですわね

●泉水
薫子さん!待ってたよ!

●薫子
お待たせいたしましたわ
もちろん、結衣奈と美智も一緒ですわよ

●結衣奈
ふにゃー!

ズバアッ!

●美智
よいしょ

ズバアッ!

●薫子
まぁ… こんなところですわね

●ねじれウサギ
待っていたぴょん!
さすがボク達の「仲間」だぴょん!

●モノローグ
泉水達が働き始めてから1ヶ月…
お店に勤務する女の子達は
12人にまで増えていた

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第10話

●泉水
ありがとう!3人とも~!
もう駄目かと思ったよ!

●薫子
ふぅ…泉水さん
これだけの数の敵…もっと早く
助けを呼んだほうがよかったんじゃなくて?

●泉水
あはは…ごめん
途中から予想以上に増えちゃって…

●薫子
…まぁいいですわ
何事もなかったようですので…

この程度の敵
この二条院薫子の敵ではありませんわ

●泉水
(この高笑いしているのは
二条院薫子(にじょういん かおるこ)さん
優良木ノ坂高校に通う、財閥のお嬢様)

●泉水
(なんでもできちゃう天才で
アニメが大好きなんだって!)

●結衣奈
イズミンボーッとしてどうしたにゃ?
過労かにゃ? 良いお薬があるにゃ

●泉水
あ、なんでもないよ
大丈夫!

●結衣奈
むぅ…
せっかくのビジネスチャンスが残念にゃ

●亜矢香
免許もないのに
お薬を他人に売るのは駄目ですよ…?
結衣奈さん…

●泉水
(この猫っぽい子は
町屋結衣奈(まちや ゆいな)ちゃん
こう見えて高校3年生の先輩!)

(お金が大好きな猫耳メイドさん
趣味は小銭を数えること…なんだって)

●美智
むぅ…
ウイルスがどこから湧き出ているのか
不思議で仕方がないの…

●泉水
(この小さな子は
江戸川橋美智(えどがわばし みち)ちゃん
優良木ノ坂高校の1年生!)

(とっても大人しい子で
ちょっとミステリアスな所があるんだ!
ドールが趣味なんだって!)

●イリーナ
どうした泉水?
さっきからぼーっとして…

●泉水
いやいや、あたし達にも
いろんな仲間が増えたな~と思って…

●薫子
ふふふ…
最初は衝撃的な出会いでしたわね!

●結衣奈
でも今ではすっかり
仲良しパーティなのにゃ!

●美智
そだね
一緒に頑張ろうね、イズミン

●泉水
うん!よろしくね!みんな!

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第11話

●ねじれウサギ
これより報告することがあるから
みんな聞いてほしいぴょん
傾聴だぴょん

●泉水
けいちょーって…なぁに?

●ねじれウサギ
とにかく聞くのだぴょん
耳を傾けてねっていう意味だぴょん

この1ヶ月ほどの間、
みんなはあのウイルスと戦ってきたぴょん

●美智
戦ってきたの

●ねじれウサギ
でも、ウイルスが減る様子は
一向にないぴょん
なぜだぴょん!?

この世界のどこかにウイルスを産む存在
マザーウイルスが潜んでいるぴょん!

●泉水
マザー? 女王アリみたいなもの?

●イリーナ
私は、ヌメッとした粘液に包まれた
巨大なエイリアンを想像したな

●ねじれウサギ
どっちでもいいけど、
それに近いモノだぴょん!

マザーウイルスはウイルス達の司令塔…
司令塔を倒せばウイルス達は
思い出を黒く塗りつぶせなくなるぴょん

さらに!みんなの心のなかに
この作品の思い出が蘇るぴょん!

●薫子
なるほど…
そのマザーウイルスというものを
倒せば全て解決するわけですね

●ねじれウサギ
そうだぴょん!
みんな強くなったからきっと
マザーウイルスに勝てるぴょん!

●結衣奈
よーし!みんなでその
マザーウイルスを探して
みんなの思い出を取り戻すにゃ!

●亜矢香
いよいよボス…なんですね!
頑張って探しましょう!

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第12話

●泉水
あ、南海さんだ!

●南海
ああ、泉水さん
マザーウイルスの手がかりは
見つかったん?

●泉水
ううん、全然ダメ

●南海
ウチの方もさっぱりですわ
困ったなぁ…

●泉水
(この京都弁のおっとりお姉さんは
千住南海(せんじゅ みなみ)さん
鶯里高校 3年生!)

(料理や家事がとっても上手で
育成ゲームが大好き!
お店の経理担当の頼れるお姉さん!)

●渚央
ううーん… ボス戦って燃えるんだけど
なかなか見つからないのは面倒だよね…

●泉水
(こっちのボーイッシュな女の子は
目白 渚央(めじろ なお)さん
南海さんと同じ高校の1年生)

(スポーツ超万能!私達の中でも
特に運動能力が高くて本物の男の子みたい!
少年漫画が好きなんだって!)

●ちまり
何かヒントでもあればいいんですけどね…

●泉水
(こちらの小さな子は
舞子ちまり(まいこ ちまり)ちゃん
高校1年生!)

(ちょっと臆病なところもあるけど
とっても真面目で礼儀正しいの!
歴史漫画が好きなんだって!)

●渚央
とにかく手分けして探すしかないか…

●亜矢香
南海さん達も気をつけてくださいね
先程、ウイルスの大群に
襲われたので…

●ちまり
ウイルスの大群ですか!?
ちょ、ちょっと怖いですね…

●南海
安心してなちまちゃん
ウチが絶対に守ってあげるから!

●ちまり
はい!ありがとうございます!
ミナちゃん!

●渚央
あ…あれ…?
ボクも守って欲しいんだけど…

●泉水
とにかく手分けして探そう!
南海さん達もがんばってね!

●南海
ええ、そっちも気をつけてな

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第13話

●泉水
あ、レイちゃん、コマちゃん、ハカセ
ヤッホー!

●怜
泉水…なにか用?

●小町
その様子だと
イズミンもマザーを見つけてないかあはは~

●泉水
じゃあ、コマちゃん達も同じなんだ

●怜
そうそう見つかるものではないかと…

●泉水
(このクールな女の子は
来島怜(くるしま れい)ちゃん
綾巴学園高校2年!)

(普段はツンツンしてるけど、優しい所も
いっぱいある、いわゆるツンデレ?
プラモデルが大好きなんだって!)

(で、こっちの元気そうな子が
里中小町(さとなか こまち)ちゃん
レイちゃんと同い年!)

(明るくてとっても元気な子!
いつでもカメラを持ち歩いてるんだ!
趣味もカメラで写真を撮ることなんだって)

●小町
ん? イズミン、なにか変な物でも食べた?
拾い食いはいけないよあはは~

●怜
あんたじゃないんだから
拾い食いなんかしないってば

●小町
あはは~
あたしも拾い食いしないし~

●沙織
コマちゃんは健康だし拾い食いしても
だいじょーぶだいじょーぶ!

●泉水
(で、このほわほわした子は
六郷沙織(ろくごう さおり)ちゃん
高校1年 ハカセって呼ばれてるんだ!)

(発明家でなんでも作っちゃう超天才!
すごくポジティブシンキングな女の子!
趣味はライトノベルを読むこと)

●沙織
この「沙織特製何か見つける機」を使えば
なにかを見つけられるはずだよ!

●怜
何か…って 何なのよ

●沙織
何かだよ!

●怜
だからその「何か」を聞いているの!

●小町
あはは~レイ、怒らない怒らない!

●亜矢香
なんだかんだで仲が良いですよね
あの3人…

●沙織
むむっ!反応あり!
この先に巨大な「何か」があるよ!

●怜
だからなんなのよ!それ!

●泉水
行ってみよう!
巨大な何かって…もしかすると…!

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第14話

●沙織
さて、みんな!
あたしの話を傾聴するのだ!

●ねじれウサギ
それはボクのマネかぴょん?

●美智
で、なにを見つけたの?

●沙織
「沙織特製何か見つける機」で
マザーウイルスを発見したぽよ!

●ウイルス)
………

●小町
というか真正面にいるね!
あははは!

●渚央
笑ってる場合じゃないし!

●南海
とにかくあのウイルスを倒せば
ええわけやね

●結衣奈
タイムイズマネーにゃ!
さっさと倒すにゃ!

●ねじれウサギ
あのマザーウイルスを倒せば
この世界のみんなの思い出が蘇るぴょん!

●イリーナ
みんなの思い出… 取り戻さないとな

●怜
でもあんな大きなウイルス…
本当に倒せるのかしら…

●ちまり
しょ、正直なところ…
とっても怖いです~!

●亜矢香
私も…ちょっと怖いです…!
今までのウイルスとは格が違います!

●薫子
ふふふ、ご安心下さい
この二条院薫子の手に掛かれば
楽勝ですわ!

●泉水
いくよ!みんな!
みんなの大切な思い出を取り戻すよ!

第1部・第1章“私たちのうさぎ小屋”第15話

●ウイルス
グオオオオオオ!

●泉水
やった!倒した!

●亜矢香
泉水さん! やりましたね!

●イリーナ
これで、みんなの思い出が
元に戻った…のか?
やったな!泉水!

●泉水
うん…うんうん!
これもみんなの力だよ!

●ねじれウサギ
その通りだぴょん
これでみんな、この作品のことを
思い出しているはずだぴょん!

●渚央
どうなっているか楽しみだね!
それじゃあ戻ろうか!

●ちまり
はい!戻りましょう!
私達のお店へ!

●モノローグ
…………

泉水達が
「スチームコレクター・ミンク」の世界を
救ってから数日が経過した

その日から急に
「スチームコレクター・ミンク」の
問い合わせが急増した

みんな思い出したかのように
作品に関するグッズを
買うようになったのだ…

●泉水
店長! スチームパンク系のアクセサリー
ここで取り扱ってくれないかって
電話がきてるよ

●店長
え? ああ、じゃあ代わるよ
もしもしお電話代わりました

●ねじれウサギ
どうやら
店も軌道に乗ってきたみたいぴょん

●泉水
そうだね
みんなでマザーウイルスを
倒した甲斐があったね!

●イリーナ
この調子で様々な作品世界を
救っていけばいい…ということか

●ねじれウサギ
まだまだウイルスに取り憑かれた
作品世界はいっぱいあるぴょん!
頑張って取り戻すぴょん!

●小町
それはそうとして!
さっそく祝勝パーティだー!

●薫子
夜まで飲み明かすといたしましょう!

●店長
ちょ、ちょっと待て
祝勝パーティなんて聞いてないぞ!?
今営業中だし!

●南海
え…?
もうお店の経費で特大ケーキを
発注済みやで?

●イリーナ
ちょっと伝票を見せてほしい
…ん?
唐揚げ…3kgフライドポテト…5kg!?

●亜矢香
みなさん…調子に乗って…頼みすぎましたね

●泉水
ででででもでもでも!
ちょっとくらいお店でお祝いしてもいいって
店長、言ってたよね

●亜矢香
い、言いました!

●イリーナ
う、うむ、言った…
しかとこの耳で聞いた

●店長
確かに言ったが
限度という物があるだろう!

ううう… 売上は伸びてきたのに
12人分のアルバイト代…
そして祝勝会の費用…高くつくな…

●ねじれウサギ
ヤレヤレ…一難去ってまた一難だぴょん
店長も気苦労が絶えないぴょん
ペロペロ…

●店長
おい、そこなにを食べている?

●ねじれウサギ
高級アイスクリームだぴょん
今日はチョコチップインチョコだぴょん

●店長
があああっ!なんだこのアイスの請求書は!
おまえ、マスコットのクセにアイス食うな!

●ねじれウサギ
アイスは心の栄養だぴょん?
マスコットでも心の栄養は大切なのだぴょん

●店長
ぐぬぬぬ~!

●泉水
まぁまぁ、店長!
頼んじゃったものは仕方ないんだし
一緒にパーティを楽しもう!

●結衣奈
そうにゃ!
今日くらいお金のことなんて
気にしないほうがいいにゃ!

●美智
その台詞… ユイナが言うんだ…

●沙織
まぁまぁ!だいじょーぶだいじょーぶ!
なんとかなるって!

●泉水
うん!
これからも頑張ろうね!みんな!

●ねじれウサギ
おー!だぴょん!

●店長
そうだな
みんな、必ずアキハバラを…取り戻すぞ!

●モノローグ
こうしてこの小さな店から
大きな冒険が始まった

この先にどんな楽しいこと、苦しいことが
待ち受けているのか…
この時は誰もしらなかった

次回予告

●ねじれウサギ
次回予告!

さぁ、ついに物語の幕が切って落とされた
「ぱすてるメモリーズ」
次のお話は~!?

●???(摩耶)
次の冒険の舞台は
アイドルの世界のようね

●ねじれウサギ
アイドルの世界に来たイズミン達!
渚央の様子が少しおかしいみたいだぴょん!

●???(摩耶)
そんな中現れる謎の美女!
そう!謎の美女!

この人気投票をすれば1位間違い無し
若さナンバーワンのこの謎の美女!
ああ!謎の美女!

●ねじれウサギ
謎の美女 ああ謎の美女って
しつこいぴょん…

●???(摩耶)
この謎の美女の正体とは!?
そして泉水達の運命やいかに!
謎の美女から目が離せないわね!

●ねじれウサギ
もうちょっと他に
見どころがあると思うぴょん…

次回!ぱすてるメモリーズ第2章!
「アイドルの条件」 お楽しみにぴょん!

●???(摩耶)
謎の美女の正体はいかに!

●ねじれウサギ
しつこいぴょん…

※次回、第1部・第2章“アイドルの条件”は近日公開予定です。

スナップギャラリー(スチームパンクドレス)












© Coreedge Inc / FURYU Corporation. All Rights Reserved.

ぱすてるメモリーズ

  • メーカー: コアエッジ
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年10月23日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ぱすてるメモリーズ

  • メーカー: コアエッジ
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2017年10月23日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金