煙とおさらば。肉の日におすすめのスモークレス焼肉グリルは?

そみん
公開日時

 本日6月29日は29=肉の日です! お外で焼肉もよいですが、世情的におうち焼肉を検討している人も多いのでは?

 我が家もおうち焼肉を楽しみたいのですが、屋内の焼肉でやっかいなのは、煙とにおいの問題です……。

 最近は暑いので窓を開ければ多少は煙の被害を軽減できる部分もありますが、それでも煙によって部屋ににおいがついちゃうのはイヤですよねー。

 そんなときに周りから勧められたのが、イワタニの“スモークレス焼肉グリル やきまる”です!

 やきまる……思わず、“やきまるくん”と親しみを込めて呼びたくなったのは、私だけでしょうか?


ここがすごいよ、やきまるくん! 逆に気になるところ・注意点は?

 さておき、使っている人に聞いたところ、なかかなの絶賛っぷり。

【ここがGOOD!】
・小型&カセットボンベタイプなので、電源コードやガスコードが不要で、室内でも自由に設置できるのがラク!
・ゼロではないものの、体感的には肉を焼く煙を大幅にカット!
・肉の油が水皿に落ちる構造で、おいしく肉が焼ける!

 おおう、マジか。ネットで調べた感じでは6,000円前後で買えるというお手軽さもいいですね。


 ちなみに、ちょっと気になるところも聞きました。

【ここがBAD!】
・なんだかんだ油は跳ねるので、テーブルに直置きせずに、新聞紙などを引いたほうがよい
・小型なので基本的には1~2人用。大人数での利用には不向き

 ふむふむ。ちなみに煙やにおいがゼロになるわけではないそうなので、その点にはご注意を。


どうして煙が少ないの?

 なぜ煙が少ないのか? そして、お肉が美味しく焼けるのか?

  • ▲紹介動画より。え? こんなにスモークレスなの!?

 その理由は動画にもまとめられていますが、ざっくりまとめるとこんな感じ(公式サイトより)。

●動画:どうして煙が少ないの?「やきまる」

プレートの温度を高温化させないことで脂の煙化を抑える

 バーナーと焼き面の間に適度に熱がこもる構造にして焼き面を約210~250℃にコントロール。

 直火なので焼き面温度の立ち上がりが早く、お肉がこんがり美味しく焼けます。

脂を炎を落とさないことで煙を出さない

 “鉄板の表面の溝をスリットとつなげ、脂の通り道を作る仕組み”、“裏面4か所の突起により隙間をつくり脂を効率的に落とす仕組み”、“裏面の約7mmの壁で脂をバーナーに掛けない仕組み”という3つの仕組みにより、脂を炎にではなく水皿に落とすことで、煙の発生を抑えています。

家族会議にかける価値アリ!

 夏に向けて、ちょっと焼肉は暑苦しい部分があるかもしれませんが、コンロ型ということで屋外でのバーベキュー的な使いかもできますし、肉好きにとっては神アイテムともなりそうです。

 ちなみに、直火だから焼き面温度の立ち上がりが早く、お肉がこんがりおいしく焼けるとのこと。煙が少ないこともポイントですが、お肉をおいしく焼けるのも重要なポイントですよね。

 まだ自分は購入できていませんが、“煙&においが少ない!”、“お肉がおいしく焼ける”、“意外と安い!”という3つの要素でプレゼンを行い、家族会議で購入許可を取る予定です! 早くおいしいおうち焼肉を楽しみたいっす!