【おすすめDLゲーム】『ONE STEP FROM EDEN』はランダム性の高いデッキ構築がリプレイの楽しさを生む

ophion
公開日時
最終更新

 ダウンロード用ゲームから佳作・良作を紹介する“おすすめDLゲーム”連載。今回はPS4とNintendo Switch、PCで配信されている『One Step From Eden』をお届けします。

 本作はローグライク的な要素を取り入れたアクションゲーム。マス目に区切られたフィールド上で“武器”と“スペル”を駆使してステージを攻略していきます。

 “デッキ構築&弾幕アクション”と公式でうたっているのでアクションゲームと書きましたが、敵も味方も攻撃手段のほとんどが弾丸やレーザーなどいわゆる飛び道具なので、プレイフィールとしてはアクションと横スクロールシューティングの中間くらいです。

  • ▲ステージはプレイヤー側16マス、敵側16マスで構成。基本的に敵を全滅させればステージクリアとなります。

 ゲームシステムの大きな特徴となっているのが“スペル”。スペルはいわばカードのような扱いになっており、手に入れたスペルは“デッキ”にストックされます。バトル中はデッキのスペルのうち2つが使用可能。使ったスペルは一度破棄され、デッキから新しいスペルが補充されます。

  • ▲画面左が使えるスペルとデッキ。次にどのスペルが補充されるかは確認できます。

 使って補充され、使って補充され、と繰り返してデッキからスペルがなくなるとすべてのスペルが自動的にデッキに補充。再度ランダムな順番でストックされたスペルを使えるようになります。また、任意のタイミングでスペルをすべて破棄してデッキを丸ごと補充することも可能。

 カードゲームで言えば“手札は2枚で使うとドローできる。デッキを使い切る、もしくはデッキと手札すべてのカードを捨てると捨てたカードすべてがデッキに戻る”といったところです。

 このスペルはプレイヤーキャラクターが初期から持っているものに加えて、ステージをクリアするとランダムで提示された3つのスペルのなかから1つを入手可能。ステージが進むほど多彩なスペルで戦えるようになっていきます。

 また、ステージクリア時には常時効果を発揮する装備品“アーティファクト”が手に入ることもアリ。スペルとアーティファクトを充実させながら先のステージへ進んでいくことになります。

 プレイヤーキャラクターは全部で9人いて、それぞれ初期スペルと武器、それに常時効果を発揮する装備品“アーティファクト”が異なります。この初期スペルなどがカードゲームでいうところの初期デッキというわけですね。

▲ゲームを進めると、同じキャラクターでも武器などが異なる別バージョンが使用可能に。
  • ▲ステージの節目には、選ばなかったプレイヤーキャラクターがボスとして登場。

 ただし、一度力尽きてしまうと手に入れたスペルやアーティファクトはすべてリセットされ、次のプレイでは上で挙げた初期デッキの状態から再スタート。ローグライク的な要素が盛り込まれているのも、本作の特徴です。

  • ▲ゲームを進めるとスペルなどがアンロックされますが、実際に使用するには次以降のプレイで(運よく)手に入れる必要あり。
  • ▲ローグライクらしく店主と戦うこともできますが、やはりかなりの強敵です。

ランダムで得た自分の手札からベストを見つけるのが楽しい

 初期に所持しているスペルやアーティファクトこそ選べるものの、道中で手に入るスペルやアーティファクトはランダム。さらに、スペルを強化することもできますがこれもまた“ダメージが増える”、“使用時に最大HPが増える代わりにそのステージでは一度しか使えない”などランダムに提示された3種類から1つを選ぶ形。

  • ▲スペルの強化は主にショップで“スペル強化”を購入することで行えます。

 そのため、まったく同じデッキ(=同じ性能のプレイヤーキャラクター)でゲームを進めることは序盤以外はまずあり得ません。アクションにしろ、シューティングにしろ、プレイヤーキャラクターの攻撃手段が変われば攻略の糸口は当然変わってきますよね。

 プレイスタイルの変化がなかば強制的に毎回行われるため、何回プレイしても次のプレイでは新鮮な体験が待っています。 

 また、ここまでランダムランダムと書いてきましたがスペルの入手については完全なランダムではなく“炎、氷、雷のいずれかを放つスペル”や“剣やクナイなどの刃物を扱うスペル”など、特定のジャンルのスペルが報酬に出やすいシステムが用意されているのがポイント。ランダム性はありつつも、自分の作りたいデッキを目指すことはできます。

  • ▲報酬のスペルの傾向は絞れるものの、あくまで出やすくなる程度。

 例えばヘーゼルというキャラクターはタレットなどの設置物を攻撃すると性能を強化できる武器の持ち主。設置物を召喚するスペルが手に入りやすいようにしておけば、キャラクターのコンセプトに沿ったデッキ強化が可能です。

  • ▲タレットなどを複数召喚して、それを強化して戦うのがヘーゼルの手堅いスタイル。

 ですが、ここでネックになるのが報酬で手に入るアーティファクトは完全なランダムという点。「今回は刃物を主体に……」と思っている時に、敵を凍結させることにメリットがあるアーティファクトが手に入るということもザラです。

 そんな時、刃物主体を貫くか、氷を放つスペル主体に切り替えるか、はたまた両方のハイブリッドを目指すか……。プレイヤーごとのスタンスで選択は変わるでしょうし、同じプレイヤーであっても「今回だけはハイブリッドに……」といったような浮気もあるはず。

 ただ、これだけランダム尽くしの中で変わらないものがあります。それは敵の行動パターン。ステージごとに強化はされていきますが“一定時間置きにプレイヤーのいる位置に弾を撃つ”や“斜めに反射する弾を撃つ”など、ある程度プレイを重ねれば大体の敵の行動パターンは把握できます。

 自身の攻撃手段はプレイごとに変わりつつ、敵の行動パターンは変わらない。そのため、ランダム要素が豊富ななかでもプレイの蓄積は必ずバトルに役立っていく。変わるものと変わらないものの両方を考えてベストな立ち回りを見つけていくのが本作の醍醐味でしょう。

One Step From Eden (C) 2020. Humble Bundle, the Humble Bundle logo, and the Humble Publishing logo are among the trademarks and/or registered trademarks of Humble Bundle, Inc. throughout the world. All rights reserved.

『One Step From Eden』

  • メーカー:HUMBLE BUNDLE
  • 対応端末:PS4
  • ジャンル:アクション
  • 配信日:2020年6月26日
  • 価格:2,090円

『One Step From Eden』

  • メーカー:Humble Games, Maple Whispering Limited
  • 対応端末:Switch
  • ジャンル:アクション
  • 配信日:2020年3月26日
  • 価格:2,050円
  • ※開発:Thomas Moon Kang

『One Step From Eden』

  • メーカー:Humble Games
  • 対応端末:PC(Steam)
  • ジャンル:アクション
  • 配信日:2020年3月26日
  • 価格:2,050円