【創の軌跡キャラ考察】マキアス、法とともに貫く正義。近藤社長コメント付き

ジュンキ
公開日時

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 司法の力を信じ、自分なりのやり方で正義を貫こうとするマキアス。新たな秩序が求められる大戦後の世界でこそ、彼が果たす役割は大きい。

マキアス・レーグニッツ(声優:佐藤拓也)

「ただ“恩返し”したかったからじゃない。貴方たちの正義の在り方が尊敬できたからです」

 帝国政府暫定首班、カール・レーグニッツの実子にして、秀才肌の生真面目な司法監察官。

 トールズ士官学院や帝国内戦での経験をきっかけに政治学院での勉学に励み、“司法監察院”へ就職する道を選択。

 《巨イナル黄昏》では国家総動員法による監察院の有形無実化、父との対立といった窮地に立たされながらも、最後まで“法”の番人として自分自身の正義を貫き通した。

 災厄後は再独立を控えたクロスベルで監察業務を担当。日々の激務をこなしながら、現地で暮らす人々とも交流を深めているらしい。

  • ▲バラッド侯の過去の行いへも、鋭くメスを入れるマキアス。

 旧《VII組》のなかでも、“司法監察院”という独自の道を選んだマキアスですが、彼の鋭い目はバラッド侯の所業も見逃しません。

 『閃の軌跡IV』では、なかなかお茶目な振る舞いも見せ、ユーザー的にはなんとなく許した感もあったバラッド侯ですが、マキアスの正義からしてみれば、そうは問屋が卸さないといったところなのでしょう(笑)。

 法の下で正義を執行するという、シリーズでもなかなか見られなかった彼の活躍の場が、いよいよ本作では期待できるのかも?

  • ▲《特務支援課》のランディに対し、熱い言葉を投げかける。

 マキアスは、監察官としてクロスベルを訪れることも多かっただけに、かの地の“ヒーロー”である《特務支援課》に対する尊敬の念が芽生えていてもおかしくないはず。

 この写真は、それを表すような一場面といったところでしょうか。キャラクターイラストの“恩返し”という台詞も、《特務支援課》やダドリーらを指している気がしますね。

 しかし、リィンにも負けず劣らずのなんとも熱い台詞。やはり、とりわけランディには“マッキー”という愛称を付けてもらった多大な恩もあって、ひとかたならぬリスペクトをしているのではと!

マキアス OnePoint PlayBack

 帝国における有力者、帝都知事レーグニッツの一人息子でありながらも、平民という立場ゆえに、貴族を強く敵視していたマキアス。その根底には、貴族と関わったために命を落とした、大切な従姉の存在もありました。

 それもあって、トールズ士官学院に入学してからも、とりわけ大貴族の出であるユーシスとは険悪な状態に。

 しかし、友人として信頼できるリィン、ラウラの存在や、庶子という悩みを抱えつつも誠実に生きるユーシスの事情を受け、彼の中でもまた、貴族はたんなる憎しみの対象ではなくなっていきました。

 トールズを卒業したマキアスは、司法という立場から国内の組織を是正していく“監察官”の道へ。《鉄血宰相》という絶対的な存在の圧力にさらされながらも、帝国の在り方を内側から変えていくべく、力を尽くします。

 その業務の中で何度も訪れることとなった、特殊な政情に揺れるクロスベルという場所。そこで得られた経験は、彼にとっても大きな財産となっていました。

 そして今、新たに語られる、かの地での運命的な出会いとは……。

  • ▲入学当時は非常に険悪だった2人。クラスメイトも頭を悩ませていた。(※写真は『閃の軌跡I:改』のものです)
  • ▲トールズ卒業後は、司法監察官として各地の視察にも赴く。(※写真は『閃の軌跡III』のものです)

 平民と貴族などという過去のしがらみはすべて振り切って、法の番人として完全に独り立ちしたマキアス。

 本編での活躍はもちろん、日本ファルコム近藤社長のイチオシである、ダドリーとの正義エピソードも実に楽しみです。

  • ▲《エピソード:2人のジャスティス》

 クロスベルで運命の出会いを果たした、彼の活躍を期待して待ちましょう!

日本ファルコム近藤社長コメント

 司法監察官となったマキアスは『閃の軌跡III』以降、クロスベルで業務を担当する機会が多く、再独立が決定してからも、監察業務のためにクロスベルに残ることになったため、仕事を通してクロスベルの人々と知り合っていったようです。

 帝国では第II分校の教官だったランディとも知り合いましたし、旧《VII組》メンバーのなかでは一番クロスベルとの付き合いが深い人物かもしれませんね。

 そのため、本作のマキアスはクロスベルから物語がスタートし、“クロスストーリー”を通して帝国側の新旧《VII組》メンバーとも関わっていく形になります。

 多彩なクラフトと遠距離攻撃を持ち、戦闘メンバーとしても頼りになるマキアスですが、彼らしい生真面目さで仕事をこなす姿も描いていきますので、司法監察官としてのマキアスの活躍にもご期待いただければと思います。


電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]衣装DLC“フェアリードール まじかる☆ラピス”&オリジナルダイナミックテーマ

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2010-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2011-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2013-2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税