【創の軌跡キャラ考察】エリゼの剣、守りたいもの。近藤社長コメント付き

ジュンキ
公開日時
最終更新

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 可憐に、そして鋭く研ぎ澄まされた力は、大切に想う人のため。守られるだけではなく、ともに守り合える存在として、エリゼは再び剣を取る。

エリゼ・シュバルツァー(声優:後藤沙緒里)

「私はもう、兄様に守られるばかりのかよわい存在ではありません」

 シュバルツァー男爵家の長女にして、《聖アストライア女学院》の学生会長を務めるリィンの義妹。

 女学院で知り合ったアルフィン皇女とは中等部の頃からよき理解者であり、親友としての関係を築いている。

 義兄のリィンを実の兄以上に慕い、信頼しているらしく、帝国での内戦や《巨イナル黄昏》など、これまでに何度も窮地に陥ったリィンを支え、勇気づけてきた。

 災厄後、学生会長として女学院での学生生活を送る一方、《灰色の騎士》の妹として恥じぬ存在でありたいとヴァンダール練武場に通い、オリエ夫人に剣術の指南も受けているという。

  • ▲レイピアを手に、華麗な剣捌きを見せるエリゼ。

 ここ最近はブレイブオーダーでしか使えなかったエリゼが、『閃の軌跡II』以来となる参戦決定!

 かつてと同様、愛用のレイピアによる、シュバルツァー男爵家伝来の細剣術を駆使して戦うようです。

 まだ幼さが残っていた『閃II』時点でも、戦力としては普通に頼りになっていただけに、成長したエリゼはどれほどの力を見せてくれるのか? 今から非常に楽しみです!

  • ▲ひたむきにリィンのことを案じる姿は、どんなときでも変わることはない。

 今回、エリゼが戦いの場に立つ理由には当然、義理の、義理の兄リィンへの想いが根底にあることは間違いないはず。義理重要。

 前作における大きな戦いを乗り越えてもなお、リィンは“英雄”として、なんというか相変わらず悩み続けている様子ですし。義理の、妹としてもなんとか力になってあげたいはず。

 リィンを慕い、支えるエリゼの健気な姿は、もはやある意味『閃』シリーズのお約束ともいえますしね。しかも親公認。

 やっぱりパトリックに付け入る隙はなさそうだなあ……。

  • ▲剣を取る理由には、親友であるアルフィン皇女への想いも。

 エリゼといえば、アルフィン皇女の親友としての立ち位置も重要なファクター。

 リィンのことはもちろんのこと、ヴァンダール流師範代のオリエに薫陶を受けてまで自分を高めているのは、そんな立場に相応しい自分であるため、という理由もあるのでしょう。

 アルフィンはアルフィンで、皇族としていろいろと大変な状況にあるようですし、しっかりと支えてあげてほしいですね。そして、あわよくば2人の絶妙なコンビプレイで、難攻不落のターゲット(灰の人)を攻め落としてもらえればと(笑)。

エリゼ OnePoint PlayBack

 帝国北東部、アイゼンガルド連峰のふもとにある温泉郷ユミルを所領とするシュバルツァー男爵家。

 その長女として生まれたエリゼは、父・テオが引き取った義理の兄リィンのことを実の兄以上に心から慕っていましたが、当のリィンは自分の立場と将来に悩み、全寮制のトールズ士官学院に入学してしまいます。

 彼が家を離れてしまってからも、エリゼの兄への想いは薄れることなく、より一層増していくばかり。

 ろくに連絡もよこさない兄に痺れを切らしてトールズを訪問したことを皮切りに、エリゼは《VII組》の面々とも交流を深めながら、ときに優しく、ときに厳しく、リィンのことを支え続けていきました。

 その一方で彼女は、帝都にある《聖アストライア女学院》の中等部で、帝国皇女アルフィンと親交を深め、その親友としてさまざまな式典にも同行するほどの間柄に。

 それゆえに悪漢から狙われるような事態も幾度かありましたが、そんな苦難も2人で手を取り合いながら乗り越え、互いにかけがえのない存在として友情をはぐくんでいきました。

 そして帝国で起こった《巨イナル黄昏》の異変。彼女にとって何より大切な2つの存在――リィンは帝国の“呪い”に蝕まれ囚われの身に、アルフィンは父である皇帝が銃撃に遭い、兄であるオリヴァルト皇子も事故で行方不明に……。

 大きな戦いの末に、リィンもアルフィンも、そんな悲劇からは救われることとなりました。しかし、もしまた愛しい人たちが窮地に立たされたら……。

 そのときはもっと強い力となって、彼らを支えてあげたい。

 エリゼが今、手にする剣には、そんな決意が込められているのかもしれません。

  • ▲愛しい兄が何かに迷っているときはいつも、(義理の)妹として力強く励ましていた。(※写真は『閃の軌跡II:改』のものです)
  • ▲大切な親友であるアルフィン。エリゼの想いに気づいている彼女は、恋の“戦友”でもある。(※写真は『閃の軌跡III』のものです)

 そして、シュバルツァー兄妹といえば、やはり忘れてはいけないのが、リィンの兄バカ全開な姿でしょう!

  • ▲パトリックを筆頭に、妹に言い寄る人間には断固とした態度を取る兄。次の犠牲者は誰だ!?(※写真は『閃の軌跡I:改』のものです)

 エリゼの出番が増えるとなれば、きっと新たな兄バカエピソードの数々も語られるはず。

 真剣な名場面もいいですが、こういった迷場面もまた、『軌跡』のお楽しみの1つですよね。

日本ファルコム近藤社長コメント

 皇族のなかでも重要なポジションを担うようになったアルフィンの親友として、主にリィンルートで新旧《VII》組に協力する形でパーティに加わります。

 プレイアブルキャラとしては『閃の軌跡II』以来となりますが、本編“クロスストーリー”と《真・夢幻回廊》のどちらでも戦闘に参加させることが可能ですので、久々に参戦するエリゼの活躍にご期待ください。

 親友としてアルフィン皇女を気遣ったり、学生会長として女学生たちをまとめたり、ヴァンダール練武場で剣術を磨いたりと、シュバルツァー男爵家の長女としてまた一歩成長したエリゼの姿をお見せできるかと思います。

 一方で、リィンの方はというと……やはり兄バカなところはあまり変わっていないらしく、その辺りは《VII組》の生徒たちにも見透かされているようです。


電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]衣装DLC“フェアリードール まじかる☆ラピス”&オリジナルダイナミックテーマ

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2013-2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2014-2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2017 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税