ならばせめてもの情けだ。速やかに意識を刈り取ってあげよう(エルドリエ)【SAO アリブレ名台詞集】

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 バンダイナムコエンターテインメントのiOS/Android用RPG『SAO アリシゼーション ブレイディング(SAO アリブレ)』の名言集をお届けします。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

ならばせめてもの情けだ。速やかに意識を刈り取ってあげよう(エルドリエ)

●第7章“セントラル・カゼドラル”

 “セントラル・カゼドラル”の地下牢から脱出したキリトとユージオ。彼らの前に、整合騎士のエルドリエ・シンセシス・サーティワンが立ちふさがります。

 エルドリエはサーティーワンの称号を持つ31番目の整合騎士。自らを新米騎士で若輩者と謙遜しますが、実力は整合騎士を名乗るに相応しい腕前です。

 彼が扱う武器は、剣ではなく鞭。“霜鱗鞭”と名付けられたその鞭は、かつて“アンダーワールド”の中に存在した大蛇を物質変換して作られています。

 “アンダーワールド”において、物質変換によって生成された武器は、その武器が持つ記憶を解放する“武装完全支配術”という攻撃ができるのです。

 エルドリエの使う“武装完全支配術”は、武器の元になった大蛇を鞭として扱う術。本来であれば届かない場所に対しても、鞭が意思を持ったかのように追いかけて攻撃を仕掛けられます。


 最初はキリトとユージオをただの脱走者をして侮っていましたが、2人の技量の高さに一度は足をすくわれてしまいます。

 すると「ならばせめてもの情けだ。速やかに意識を刈り取ってあげよう」と、武器の記憶を解放させ““武装完全支配術”を発動するエルドリエ。

 先ほどまでとはまるで違う生き物のように動く鞭に翻弄され、キリトとユージオは万事休すの状態に陥ります。


 そのとき、ユージオは“エルドリエ”という名前を聞いた際に感じたモヤモヤの正体に気が付きます。

 エルドリエは自らを“最高司祭様に召喚された整合騎士”と名乗っていましたが、その正体は剣術大会で優勝して名を馳せた一介の剣士だったのです。

 ユージオの口からその事実が告げられると、エルドリエは動揺を見せたのちに朦朧とした状態に。

 そして、思い出深い母の名前を聞いたことで記憶の支配から脱出しかけますが、デュソルバート・シンセシス・セブンの介入により、キリトとユージオは撤退を余儀なくされます。



 エルドリエ、キリト、ユージオの戦いは全力同士の対決とはいきませんでしたが、物語上で初めてエルドリエが見せた“武装完全支配術”は衝撃的な術でした。

 その後、キリトとユージオも“武装完全支配術”を習得し、さらなる整合騎士たちとの戦いに挑んでいきます。

 『ソードアート・オンライン アリシゼーション』の戦いでは、数々の“武装完全支配術”が登場します。攻撃方法も武器によって大きく異なるので、そのド派手な攻撃の見た目を楽しむのも面白いですね。

 また、『SAO アリブレ』内のアニメでは描かれなかったシーンとして、整合騎士になる前のエルドリエとソルティリーナが剣術大会で競い合う場面が見られます。


 こちらは恒常イベントとしてプレイできるので、気になった方はぜひゲームをプレイしてみてはいかがでしょうか?

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

ソードアート・オンライン アンリーシュ・ブレイディング

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応機種: iOS
  • ジャンル: RPG
  • サービス開始日: 2019年11月20日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ソードアート・オンライン アンリーシュ・ブレイディング

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応機種: Android
  • ジャンル: RPG
  • サービス開始日: 2019年11月20日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら