【創の軌跡キャラ考察】RF家令嬢アリサ、家族のために奔走する。近藤社長コメント付き

アツゴロウ
公開日時

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 旧《VII組》メンバーとして、そして世界大戦に深く関わったラインフォルト(RF)グループの令嬢として、戦後処理に励むアリサ。彼女が再独立に向かうクロスベルで見るものとは……?

アリサ・ラインフォルト(声優:堀江由衣)

「後始末は必ずつけてみせます。RF関係者として、何よりもフランツ・ラインフォルトの娘として」

 帝国最大の重工業メーカー、RFグループ令嬢にして旧《VII組》メンバーの1人。

 《巨イナル黄昏》では地精(グノーム)の出現により母や使用人のシャロンと敵対することになったが、その後、自らの意志で2人を取り戻し、亡き父・フランツとも奇跡的な邂逅を果たした。

 現在はRF社の第四開発部室長として業務に励む傍ら、タングラム要塞の解体手続きなど、クロスベル再独立に向けた事後処理にも協力。

 帝国やクロスベルでの事件を通して知り合った《特務支援課》のエリィとも個人的な親交を深めているという。

  • ▲信頼するメイドのシャロンとともに、敵と相対するアリサ。

 『閃の軌跡IV』では、自分の父母や家族同然の万能メイド・シャロンと戦うことになったアリサ。本作では、そういった家庭関係の問題はすべて解決したあとですが、世界大戦に深く関与したラインフォルト家の者として、シャロンとともに忙しく事後処理に当たっているようです。

 父のフランツは、永年に渡ってエレボニア帝国に“呪い”を蔓延させてきた元凶《黒のイシュメルガ》に操られ、地精の長として行動していた人物。

 アリサがセリフで「フランツ・ラインフォルトの娘として」と言っているのは、自分の意志ではなかったとはいえ、世界を混沌に陥れたフランツの罪を背負い、それを償うべく努力していこうという決意の現れでしょう。

 そんななか、旧《VII組》メンバーとして戦うこともある様子。相手はフランツのことを“工房長”と呼んでいるので、フランツを地精=《黒の工房》の長と認識している結社《身喰らう蛇(ウロボロス)》の関係者という可能性が高いです。

 そうなると、《黒の工房》を含む《十三工房》を統括していた結社の大幹部、使徒第六柱のF・ノバルティス博士が最有力。彼がシャロンと関係の深い使徒第四柱《破戒》と、執行者No.III《黄金蝶》の名を出している写真もありますし、アリサとシャロンに絡んでくるのは間違いないでしょう。

  • ▲シャロンと《破戒》、《黄金蝶》の3人は、結社との争いに敗れた暗殺者集団《月光木馬團》出身という共通点を持つ。

 フランツの娘ということで、地精としての素養を持っているはずのアリサにノバルティスが興味を示す、なんて展開はありえるかもしれません。研究対象への執着が強い彼に目をつけられたとしたら、アリサはかなり苦労させられそうです……。

  • ▲導力バイクの前で語り合うアリサたち。バイク好きのノエルは興奮気味?

 アリサの行動範囲は主にクロスベルで、エリィやノエルといった人々ともかかわっていくようです。写真では《真・夢幻回廊》らしき場所で、RF社製らしき導力バイクについて語り合う姿も。乗り物好きのノエルとは、良好な関係が築けそう。

 導力バイクといえば、リィンたちの先輩のアンゼリカやジョルジュが、トールズ士官学院時代にテストを重ねていたことが思い出されます。『閃の軌跡II』以降は、リィンたちの移動手段としても活躍。『創の軌跡』でもそういう用途で使えるならうれしいところです。もしかしたら広大な《真・夢幻回廊》の探索に使えるかも?

  • ▲導力バイクは、大陸中を旅するアンゼリカの移動手段でもあった。写真は『閃の軌跡III』のものです。

アリサ OnePoint PlayBack

 アリサは仕事一筋で家庭を省みない母イリーナへの反発心から、トールズ士官学院へ入学しました。旧《VII組》所属になってからは、仲間たちとともに帝国の現状を学びつつ、イリーナと正面から向き合う決意を固めていきます。

 リィンとの間にはさまざまなハプニングが起こり、多少気まずくなることはあったものの、基本的には良好な関係を構築。帝国で内戦が勃発した際は、行方不明になっていたリィンと再会の抱擁を交わすなど、彼に対して恋愛感情を募らせていきます。

  • ▲入学初日のオリエンテーリングにてリィンを下敷きに。リィンのラキスケ伝説の幕開け。写真は『閃の軌跡I:改』のものです。
  • ▲ノルド高原の満天の星空の下、自分たちの想いを語り合うアリサとリィン。写真は『閃の軌跡I:改』のものです。
  • ▲人目もはばからず、リィンに抱きつくアリサ。これがメインヒロインの風格!? 写真は『閃の軌跡II:改』のものです。

 内戦終結後は、実家に戻ってRFグループに入社。コネなどではなく、実力で第四開発部室長の座に就き、戦術オーブメント《ARCUSII》や魔導杖部門の責任者として活躍します。

  • ▲リィンとの再会は、またもや熱い抱擁。あまりのラブラブっぷりに周囲の目も引き気味に。写真は『閃の軌跡III』のものです。

 アリサはエプスタイン財団やツァイス中央工房など、他国の導力研究機関との折衝役も担当し、その成果として二足歩行型強化外装《オーバルギアEXA》を開発。メイドを辞して結社に戻ったシャロンを取り戻すべく、戦いに投入しました。

  • ▲最新兵器でシャロンに立ち向かう。写真は『閃の軌跡III』のものです。

 帝国に災厄《巨イナル黄昏》が訪れた際は、新旧《VII組》で協力して地精に捕らわれたリィン救出に尽力します。リィン救出に成功したあとは、仲間とともに災厄に立ち向かい、その過程でイリーナやシャロンと和解。最終的には《黒のイシュメルガ》の呪縛から、フランツを救うことも叶いました。

  • ▲リィンと2人きりになったタイミングを逃さず、後ろから抱擁。写真は『閃の軌跡IV』のものです。
  • ▲10年前に行方不明になったフランツと、本当の意味でのお別れを交わす。写真は『閃の軌跡IV』のものです。

 こうして振り返ってみると、アリサは『閃の軌跡』シリーズを通して、ほかのヒロインよりも恋愛イベントに恵まれていた印象。『創の軌跡』ではどんなイベントが描かれるのか、期待したいところです。個人的には、“魔法少女まじかる☆アリサ”のシューティングゲームが遊べることですし、魔法少女衣装をまた着られるのかも早く知りたい!

日本ファルコム近藤社長コメント

 アリサは帝国での災厄解決後、再び室長としてクロスベルでの業務にあたっているため、ロイドルートを中心に本編“クロスストーリー”で活躍していくことになります。

 クロスベル方面で発生する、RFグループのある事件にも関わっていくのですが、その過程でエリカ博士やティオといった技術者とも連携しながらRFグループ室長・アリサとしての一面も描かれていきます。

 結社のノバルティス博士も含めて、本作は導力学者が多数登場するので、彼らの会話を通して出てくるワード、ゼムリア大陸における技術的背景といった要素にも注目してみてください。

 また、アリサ関連の登場人物として使用人のシャロンや導力バイクの開発者でもあるジョルジュが画面写真に映っていますが、もちろん、この2人もプレイアブルキャラとして戦闘に参加させることが可能です。

 その他、アリサといえばミニゲーム“魔法少女まじかる☆アリサRS”ですが、こちらで着用しているあの魔法少女衣装もコスチュームとして本編、真・夢幻回廊内で着せ替えることが可能になっています。

電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]衣装DLC“フェアリードール まじかる☆ラピス”&オリジナルダイナミックテーマ

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2013-2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2014-2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2017 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2016 Chara-Ani Corporation. All rights Reserved.
(C)Nihon Falcom Corporation.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税