【創の軌跡キャラ考察】《妖精》フィーのスニーキングミッション開始! 近藤社長コメント付き

ジュンキ
公開日時
最終更新

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 遊撃士協会の新たな世代の1人として、目覚ましい活躍を見せるフィー。支える篭手となった《妖精(シルフィード)》は、かつての“家族”の想いも胸に舞い踊る。

フィー・クラウゼル(声優:金元寿子)

「遊撃士としては気が進まないけど、“猟兵流”で試してみる?」

 並外れた身体能力を持つ、猟兵団《西風の旅団》出身の若手女性遊撃士。

 かつては猟兵として戦場に身を置いていたが、遊撃士サラとの出会いやトールズ士官学院《Ⅶ組》の生活がきっかけで正遊撃士資格を取得し、サラとコンビを組むようになった。

 災厄《巨イナル黄昏》では猟兵時代の育ての親ルトガー団長の死を“娘”として見送り、これからも遊撃士としての人生を歩んでいくことを決意。

 現在は猟兵時代の異名《妖精》を冠する若手遊撃士としてメキメキと頭角を現しており、協会からも有望株として将来を期待されている。

  • ▲戦闘力高めなメンバーとともに任務に臨む。

 クロウ、クルト、フィー、ラウラという新旧《VII組》の4人によるミッション開始。意外とこのメンバーで戦うのは珍しいかも?

 フィーとラウラのコンビの相性は文句なしだけに、クロウとクルトがどのような連携を見せてくれるのかに注目です。

 周囲に青いプレロマ草が生い茂っていることからすると、原生地であるミシュラムの湿地帯のような……。ということは、ミシュラムが封鎖されていて潜入する必要あり、な状況とか。

 衛士隊の暴走という話もありますし、やはりクロスベルの独立にはかなりの困難が待っていそうな気配ですね。ただ、そこに《VII組》も絡んでくるとなれば、どうなるのか非常に楽しみ!

  • ▲ともに“迅(はや)さ”を武器とする者同士、通じるものが?

 真・夢幻回廊らしき場所で、デュバリィに興味津々のフィー。もしエピソードなどで《妖精》と《神速》の速さ比べとか描かれたら、すごくおもしろそう! もしかすると戦闘後の掛け合いとかも追加されていたり!?

 前作の戦いを経て大きく成長したデュバリィなら、口ではいろいろ言いつつも、きっと親身になって指南してくれることでしょう。フィーにちょっとした不意打ちでしてやられるデュバリんの姿も、容易に目に浮かびますが。

 そのスピードを生かした回避特化で、鬼のような強さを見せてくれるのもこの2人の大きな魅力。とくにフィーは武器の射程もあるし、“とりあえずフィーで突っ込め”でどうにかなっちゃうもんなあ(笑)。

 “ヴァリアント・レイジ”など新しいシステムが追加された本作の戦闘でも、またその強さを発揮してくれるのか……期待大です!

 また、イラストの台詞では“猟兵流”なんて単語も出ていますが、これも戦い方についての言葉なのでしょうか。それとも、そんな手段が必要な場面が?

 もしくは、猟兵時代の“家族”である《西風の旅団》との関わりで出てくる台詞の可能性も。今回の目玉(※個人の感想です)であるガルシアをはじめ、そのあたりのご対面シーンは非常に気になるところですし!

  • ▲ガルシア・ロッシ
  • ▲ゼノ(※イラストは『閃の軌跡IV』のものです)
  • ▲レオニダス(※イラストは『閃の軌跡IV』のものです)

フィー OnePoint PlayBack

 大陸有数の猟兵団《西風の旅団》に拾われ、猟兵として育てられたフィー。彼女はその後に入学したトールズ士官学院でも、持ち前の戦闘技術をいかんなく発揮し、《VII組》の切り込み隊長として活躍。

 生まれも育ちも正反対のラウラとは、当初こそ対立することもありましたが、一度心を許しあったあとは、誰よりも頼れるパートナーとして多くの戦場をともにしました。

 学院を卒業後は、恩人であるサラと同様の遊撃士の道へ。

 そして《巨イナル黄昏》の異変時、彼女は死んだはずの《西風》の団長ルトガーと再会。その裏には《地精》の暗躍があったものの、1人の人間として立派に成長したその姿を見せることで、フィーはかつてかなわなかった“父娘”の別れを果たすことができたのでした。

  • ▲それまでの生き方も考え方もまったく異なりながら、心の底では認め合っていた2人。(※写真は『閃の軌跡I:改』のものです)
  • ▲学院生活を経て、徐々に年頃の少女らしいところも見せるように。内戦時にリィンと再会したときは、感情を表に出して喜んでいた。(※写真は『閃の軌跡II:改』のものです)
  • ▲大切に育ててくれたことへの感謝とともに、フィーは“父親”を笑顔で見送った。(※写真は『閃の軌跡IV』のものです)

 そういえばフィーには《赤い星座》のシャーリィとの因縁もあったりしますし、そういった多方面での人間関係の描写もすごく楽しみになってきますね。

 何より遊撃士つながりとしてはあの、一部ではA級最強クラスという噂もあるようなないような、そう《不動》のジンさん! だってほら、『閃の軌跡IV』でのその後の話では、2人背中合わせに戦ってるし!!

  • ▲《不動》と《妖精》、相性もバッチリ?(※写真は『閃の軌跡IV』のものです)

 この2人の戦いの様子が、ついに本作『創の軌跡』で! ……語られるといいなあ。

日本ファルコム近藤社長コメント

 本作のフィーは若手遊撃士の1人としてサラたちと活動している中で帝国やクロスベルで起こる出来事に関わり、リィンたち新旧《VII組》に力を貸していくことになります。

 プレロマ草が生えている画面写真はクロスベルになりますが、ここではラウラ、クロウ、クルトといった戦闘力の高いメンバーを揃えて、ある目的のために行動を起こすようですね。

 《真・夢幻回廊》ではデュバリィからスピード特化型の戦闘スタイルを学んでいる姿など、遊撃士として成長しようとするフィーの様子をうかがうこともできます。

 それ以外にも、《西風》メンバーとの出会いを経た彼女が何を考えているのか、他の遊撃士とどのようなやりとりをしているのか、といったことも知ることができるので、フィーと周囲のキャラクターとの会話にも注目してみてください。

 とくに、遊撃士関係では今後の物語につながっていくような意外な情報を聞くことができるかもしれませんよ。


電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]衣装DLC“フェアリードール まじかる☆ラピス”&オリジナルダイナミックテーマ

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

創の軌跡マガジン、8月27日発売!

 日本ファルコムが贈る大人気RPG、『軌跡』シリーズ。その最新作である『英雄伝説 創の軌跡』の発売に合わせて、ファン必携の特別増刊が電撃から発売です!

 前作までの増刊“閃の軌跡マガジン”に引き続き、登場キャラクターや舞台となるゼムリア大陸についての詳細な設定情報を掲載するほか、取り逃しなくゲームを進めるために役立つ物語中盤までの濃密な攻略チャートを収録。

 さらに、近藤季洋社長へのインタビュー、新久保だいすけ氏・啄木鳥しんき先生氏・さがら梨々氏によるトリビュートイラスト企画など盛りだくさんの内容でお届け。

 ティオのオリジナル衣装を入手できる特典プロダクトコードも付いてきます!

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2013-2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2014-2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税