中国オリジナルVTuberチーム“千鳥”発足

電撃オンライン
公開日時

 KADOKAWAは、中国子会社である角川青羽と、中国大手デジタルメディア製作会社原力、中国大手配信プラットフォーム企業テンセントの3社共同で中国オリジナルVTuberチーム“千鳥”を開発しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

 近年中国ではコンピューターゲーム等をスポーツ競技として捉える“eスポーツ”の人気が高く、世界最大級のeスポーツ大国となっています。

 またバーチャルアイドルや、バーチャルYouTuber(VTuber)も、デジタル技術の向上とIP(コンテンツ)産業の拡大により発展し、高い人気を得ています。

 角川青羽は、モーションキャプチャーなどのデジタル技術において中国一の実力を持つ原力、テンセントの運営する中国最大の映像配信プラットフォーム・テンセントビデオという最強の布陣と共に、VTuberチーム“千鳥”のキャラクター開発を行いました。

 開発ディレクションは、KADOKAWAファミ通文庫編集部が担当、キャラクターデザインは日本人イラストレーターの坂野太河氏が担当しています。

 チーム“千鳥”の目標は、最強のeスポーツチームになることです。

 またゲームの腕を磨く以外にも、色々な形でユーザーとの交流を深めていきます。

 バラエティー番組でのゲーム実況や、ライブ中継、コミック化、商品化などの二次展開など、“千鳥”の展開は多岐にわたる予定です。

 7月18日には、中国上海市で行われた中国最大級のアニメコミックゲームイベント“CCG Expo 2020”でも発表を行い、中国のユーザーたちより熱い期待を寄せられています。

 日中企業の提携による新しいVTuberキャラクター、チーム“千鳥”の今後の活躍に期待が高まります。

※“千鳥”の展開は、中国国内向けとしています。

角川青羽について

 2018年に中国・上海に設立されたKADOKAWAグループの100%子会社。

 KADOKAWAがもつ豊富なIP開発ノウハウ、クリエイターとのネットワークを活かし、コンテンツに不可欠な原案(作品コンセプト、シナリオ、キャラクターデザイン等)の制作を通じて、中国エンタメ関連企業とともに、中国及びグローバル市場でヒットする中国国産のIP(漫画、アニメ、ゲーム等)を開発することを目的としている。

原力について

 1999年創立、デジタルメディア製作会社。

 中国南京に本社、中国国内各地とニューヨークにオリジナル映画制作スタジオ、上海、成都、武漢、サンフランシスコ、タイに独立子会社を設ける。

 1500人を超えるアニメーション制作人材を抱えており、映像技術開発や、IP企画、創出にも携わる総合メディア企業。

テンセントビデオについて

 中国最大の映像プラットフォーム。

 中国国産IPの創出についても積極的に取り組み、時代に合ったユーザーの共感を呼べる作品作りを常に目指している。

 国産IP創出の道はまだ始まったばかりで、テンセントビデオはユーザーやパートナー企業と共に、国産IPの創出に努めていく。